Vol.4 3歳の男の子は被布で七五三

男の子は、3歳でも七五三を祝うのがイマドキ!

“男の子の七五三は5歳でしょ!”そんな風に思っているママも多いかもしれません。でも、男の子の七五三は地域によって違いがあり、3歳と5歳に行うところもあるのです。最近では、あまりこだわらず3歳と5歳に行うご家庭が増えています。可愛いわが子の成長を家族で祝い、その姿をより多く写真で残したいという想いからかもしれませんね。

男の子は、3歳でも七五三を祝うのがイマドキ!

実は古来の儀式でも、男の子は3歳と5歳にお祝い

そもそも七五三は、古来に行っていた子どもの成長を祝う儀式が由来になっています。昔は子どもの死亡率が高かったので、無事に成長したことに感謝するとともに健康を願って節目にお祝いをしていたのです。

3歳 男の子・女の子

それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置き(かみおき)のお祝い」。

5歳 男の子

初めて袴をはく「袴着(はかまぎ)のお祝い」。

7歳 女の子

初めて帯を結ぶ「帯解(おびとき)のお祝い」。

3歳だから着せたい!愛らしさ引き立つ被布

被布(ひふ)って、なあに?

被布は、着物の上に羽織る防寒着の一種で、江戸時代には茶人や俳人が好んで着ていたといわれています。袖なし綿入れや裏地のある袷(あわせ)に仕立てられ、今では3歳の七五三のお祝い着として用いられています。

被布(ひふ)って、なあに?

被布が着られるのは、
3歳の時だけ!

5歳の七五三では羽織袴を着ることになるので、被布は3歳の時にしか着られません。凛々しい羽織袴姿に対して、被布には3歳の愛らしい姿を引き立てるよさがあります。また、3歳は自我が芽ばえるやんちゃな時期。被布は、そんな時期に適した和装スタイルなのでオススメです!

\ボクにも、ママにも、うれしいメリット♪/

帯の締め付けがないから、キュウクツじゃない!

動き回っても着くずれしにくい!

被布が着られるのは、3歳の時だけ!

\ボクにも、ママにも、うれしいメリット♪/

帯の締め付けがないから、キュウクツじゃない!

動き回っても着くずれしにくい!

スタジオアリスの被布コレクション

2018年はスタジオアリスならではのブランド着物に、新たに被布が登場。お参り用にレンタルもできます。

新作 凛凛趣
新作 凛凛趣

縁起のよい亀甲柄の水色の着物に、厄を払い、幸運を射止めるといわれる破魔矢をあしらった被布。古典柄と柔らかな配色を活かした和装スタイルです。

スタジオアリスオリジナルレンタル可
新作 しきぶろまん
新作 しきぶろまん

モノトーンのような小紋柄の着物と被布は、和本来の持ち味をベースにしながらイマドキ風にアレンジ。シンプルシックな和装スタイルが、お子さまの個性を際立たせます。

レンタル可

ペールトーンのやさしい配色を活かした被布スタイル。紫の被布衿と金色の被布飾りがポイント。

レンタルのみ可

風車柄の着物に、クリームとグリーンの配色の被布を合わせて。元気な成長を象徴する鮮やかな一着。

レンタルのみ可

※一部店舗では品揃えが異なります。