楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > はじめに 節句とは

節句とは

節句とは、中国から伝わった暦の上での風習を、稲作を中心とする日本人のくらしに合わせて取り入れたものです。
昔はたくさんの節句がありましたが、江戸時代に幕府が公的な行事として定めたものが、現代に伝わる以下の五節句といわれるものです。

  • 人日 ( じんじつ ) 1月7日
  • 上巳 ( じょうし/じょうみ )  3月3日
  • 端午 ( たんご )  5月5日
  • 七夕 ( たなばた )  7月7日
  • 重陽 ( ちょうよう )  9月9日

奇数が重なる日が選ばれているのは、奇数=陽数が重なって陰になることを避けるという中国の思想からきており、この日に邪気を祓うための行事を行ったことがはじまりとされています。
ただし1月1日だけは別格とし、7日の人日が五節句の中に取り入れられました。
節句にはそれぞれ意味がありますが、どれも共通しているのは、その季節に合ったものを神様に供え、それを家族や地域の人々で分かちあうということです。

神様への供え物は「節供(せっく)」といわれ、いつしか一区切りという意味で節と重ねて「節句」の字があてられるようになり、節目の日という意味に変化したのでした。

  • 前へ
はじめに
晴れの日とは…
お祭り、お祝い
旧暦の暮らし
節句とは…