楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 帯祝い

帯祝い

帯祝いとは、妊娠を祝い、赤ちゃんが無事に誕生してくることを祈る行事です。犬が多産でお産が軽いことにあやかって、安定期に入る妊娠5カ月目の戌の日を選んで行われます。

帯祝い妊婦はこの日、岩田帯という腹帯を巻きます。岩田帯は妻の実家から贈るならわしがあり、儀式用に紅白二筋の絹の帯と、普段用に白木綿の帯一筋を揃えます。
腹帯は、妊婦のおなかを保護し、胎児の位置を安定させるために昔の日本人が考えたもので、母親になるということを自覚させる役割もあったようです。
岩田帯を巻く儀式をすませた後は、家族や親しい人を招いて帯祝いの膳をふるまいます。
これは、周りの人に新しい命を授かったということを知らせ、大切な家の宝としてこどもを育てていくという宣言をするための儀式です。

お祝いのスタイルは多少変わっても、子を思う親の気持ちは今も昔も変わらないものです。
生まれてくる赤ちゃんへの贈り物として、誕生を心待ちにしているご両親のしあわせいっぱいの姿を、写真に残しておきましょう。

  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日