楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 お七夜

お七夜

お七夜は、長い妊娠期間を終えて無事出産し、生後7日目に赤ちゃんのすこやかな成長を祝って行われる行事です。
昔は七夜を迎えるまでに赤ちゃんが亡くなる場合が多かったことから、お七夜は無事に成長していることを確かめる大切な行事でもありました。
七夜を迎えると父親は仕事に出るため、その折り目にあたって名付けの儀式が行われました。

お七夜今では両親が思い思いに願いをこめて、名前を付けることが多くなりました。
名前が決まったら奉書紙に書き、床の間や神棚に1ヶ月ほど飾ります。
飾りおえた命名書は、記念としてへその緒などといっしょに保管しておくとよいでしょう。

成長の軌跡を形として残すことは、こどもが改めて親の愛情の深さを知る、いいきっかけとなることでしょう。

  • 前へ
  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日