楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 お宮参り

お宮参り

お宮参りとは、生後初めて氏神様のところへお参りする行事で、初宮参りともいいます。氏神様とは本来、血のつながりのある一族を守ってくれる神様のことをいいますが、時代とともにその土地その土地を守る「鎮守の神様」と同一視されるようになりました。

お宮参り日取りは地域によって異なりますが、一般的には生後30日目から33日目が選ばれ、男児は31日目、女児は33日目に行うことが多いようです。
日取りにはあまりこだわらずに、赤ちゃんの体調や天候を優先してお参りしてもよいでしょう。

お宮参りでは、母方の実家から贈られた祝い着を赤ちゃんにかけ、父方の祖母が抱いて参拝します。その後ろに母親が続くのですが、産後で体力が落ちていることに配慮してこうした形式になったようです。

お宮参りの目的は、氏神様に赤ちゃんのすこやかな成長と加護を祈り、地域社会の一員として認めてもらうことでした。そのため、存在を強く印象づけようと、鼻をつねってわざと赤ちゃんを泣かせるなどの行いが各地でみられました。

生まれて初めて神社にお参りする貴重な日、その晴れ姿を記念写真にしっかりと残してあげましょう。
そしてご家族の喜びの表情も赤ちゃんと一緒に撮っておきたいですね。

  • 前へ
  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日