楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 百日祝い(お食い初め)

百日祝い(お食い初め)

百日祝い(お食い初め)は、赤ちゃんが一生食べ物に困ることがないようにとの願いを込めて、生後100日目、または120日目に行われる行事です。
「百日(ももか)」「箸揃え」「箸初め」などとも呼ばれ、赤ちゃんに初めて大人と同じ本膳(一汁三菜)を用意し、ごはんを食べさせるまねをします。

百日祝い(お食い初め)儀式用の食器をお食い初め揃えといい、母方の実家から贈るならわしがあります。
男児には朱塗りの椀、女児には外側が黒塗りで内側が朱塗りの椀を用意します。
お膳には、赤飯や尾頭付きの焼き魚、紅白の餅を添え、さらに、歯が石のように丈夫で硬くなるようにとの願いを込めて、小石を添えます。

百日祝い(お食い初め)の席には、祖父母などの親類や近隣の人たちを招き、赤ちゃんを囲んで食事をします。これは食事を通じて、集まった人たちの力を赤ちゃんに与えるという意味があります。

この時期になると、赤ちゃんの表情はいっそう豊かになり、愛らしい笑顔を見せてくれます。
今しかない輝く一瞬の笑顔を、美しく写真に残してあげましょう。家族のしあわせをぎゅっと閉じ込めた1枚は、かけがえのない未来の宝ものになることでしょう。

  • 前へ
  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日