楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 お誕生日

お誕生日

日本では昔、数え年で年齢を数えていたため、お正月を迎えるたびに全員がひとつ年を加えていました。
そのため、個人のお誕生日を祝う習慣はありませんでしたが、初誕生を祝う行事は行われていました。

お誕生日初誕生のお祝いには、一升餅が用意されました。これは、人間の一生と餅の一升をかけ、一生食べものに困らないように、一生健康に育つようにといった願いが込められています。

一升餅は風呂敷に包んでこどもに背負わせたり、その上に立たせたりしました。また、誕生日前に歩きだすこどもは早くに家を出るとの迷信から、こどもにぶつけてわざと転ばせる地域もあったそうです。
お誕生日を迎えるごとにひとつ年を加える満年齢の数え方が広まってからは、徐々にお誕生日のお祝いが行われるようになりました。
現在ではごちそうやバースデーケーキを用意して、家族や友人とにぎやかにお祝いします。

また、生後6カ月たった赤ちゃんをお祝いするハーフバースデーという習慣も広がりつつあります。

毎年撮るお誕生日の写真は、年ごとにどれだけ成長したかを知る大切な記録となることでしょう。

  • 前へ
  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日