楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 七五三

七五三

こどものすこやかな成長を願って行われる七五三。
11月15日に行うことが定着したのは江戸時代の中期で、もともとは誕生日に 行われていた「歳祝い」が始まりとされています。
神社でお祝いをしてもらう場合は、あらかじめ社務所に申し込んでおきましょう。神社には水引をかけた祝儀袋に「御初穂料」と表書きをしてお金を納めます。

七五三で着る晴着は、以下のように年齢に応じて基本とされている和装があります。

3歳男児
羽二重のしめ模様の紋付二枚襲(かさね)にへこ帯、袖なしの羽織。
3歳女児
着物(帯は結ばない)の上に、袖なし襟つきの朱色の被布(羽織に似た外衣)。
5歳男児
紋付の羽織袴。羽二重五つ紋付のしめ模様の長着、おそろいの羽織。
7歳女児
友禅模様の振袖に丸帯。帯締は綿織りなどの丸ぐけ、または紅白の組みひも。手には、こどもが楽しみにしている千歳飴をもたせてあげましょう。

千歳飴は松竹梅や鶴亀などのめでたい色絵をあしらった化粧袋に入っている紅白の細長い飴で、健康長寿の縁起物とされています。七五三に千歳飴がつきものとなったのは、1615年に水飴を発明した大阪の商人が、江戸に出て浅草寺で売り出したのがはじまりといわれるなど、諸説あります。七五三は、幼児からこどもへ、こどもから大人へと成長していく節目に行われる大切な行事です。

成長のお祝いとして、七五三を迎えるごとに愛らしい晴着姿を写真に残してあげましょう。

  • 前へ
  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日