楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 十三参り

十三参り

江戸時代後期、1773(安永)年にはじまったとされる十三参り。数え年で13歳になると行われる行事で、知恵と健康を授けてもらうために、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りをします。
京都嵯峨の法輪寺は嵯峨虚空蔵と呼ばれて親しまれており、毎年4月13日に行われ、多くの参拝客でにぎわいます。

十三参りこの風習は関西を中心に行われてきましたが、最近は関東でも行われるようになってきました。特に沖縄では、毎年の誕生日は特別なことはせず、干支が一巡する数え年13歳のときに「十三祝い」として盛大にお祝いする習慣があります。

女の子にとって13歳は初めての厄年でもあるため、知恵を授かるだけでなく厄払いの意味もこめ、親子でお参りをします。
お参りの帰り道では後ろを振り返らないようにします。
後ろを振り返ると授かった知恵が戻ってしまうという言い伝えがあるからです。これには決められた約束は必ず守るという、大人としての責任を自覚させる意味があるようです。

年中行事には、季節の節目だけでなく、人生の節目を知らせる役割もあるのですね。

撮影メニュー

  • 十三祝い
  • 前へ
  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日