楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 人生の晴れの日 長寿を祝う

長寿を祝う

長寿を祝う風習は日本特有の文化で、奈良時代から行われてきたようです。
長寿の記念日には以下のようなものあります。

長寿を祝う
61歳の還暦(かんれき)
生まれた年の干支に戻ることから「本卦(ほんけ)返り」ともいいます。
70歳の古稀(こき)
中国の杜甫(とほ)の詩「曲江(きょくこう)」の一節人生七十古来稀」に由来します。
77歳の喜寿(きじゅ)
喜の字の草書体が七十七と書かれることから喜の字の 祝いともいいます。
80歳の傘寿(さんじゅ)
傘の略字を分解すると、八と十になることに由来します。
88歳の米寿(べいじゅ)
八十八の字画を詰めると米に通じるため、米(よね)の祝いともいいます。
90歳の卒寿(そつじゅ)
卒の略字を分解すると九と十になることに由来します。
99歳の白寿(はくじゅ)
百の文字から一を引くと白になり、あと一歳で百歳になることに由来します。
100歳の百賀(ひゃくが)
別名「上寿」ともいいます。100歳以降は「賀」を使い毎年お祝いをします。

元気に長生きできることは、とてもおめでたいことです。長寿のお祝いを家族や地域の人たちが集うきっかけととらえ、食事会を開くなどして絆を絶やさずにおきたいものですね。

  • 前へ
  • 次へ
人生の晴れの日
帯祝い
お七夜
お宮参り
百日祝い(お食い初め)
お誕生日
七五三
入園入学・卒園卒業
十三参り
成人式
長寿を祝う
家族の記念日