楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 春 お正月

お正月

1年の初めの月だけを、数字を使わずに「正月」と呼ぶのは、「お正月様」という神様が元旦にやってくるためだといわれています。

お正月お正月様は年神様とも呼ばれ、1年に1度お正月にだけ、家々に実りとしあわせをもたらすため、高い山から降りてくると考えられています。
お正月に門松や注連縄を飾るのは、神様が家に来ることができるように目印を示し、その場所を清めて悪いものが入り込まないようにするなどの意味があります。
お節料理も神様へのお供え物であり、子孫繁栄を願う数の子や、豊作を願う田作りなど、料理のひとつひとつに意味が込められています。

日持ちの工夫が凝らされているのは、正月の三が日は晴れの日の儀礼として、主婦は水仕事を控えたからだそうです。
お正月の意味やならわしを親から子に伝え、家族みんなが元気に新年を迎えられたことに感謝しながらお節を食べれば、いっそう美味しく感じられそうですね。

  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し