楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 春 人日の節句・七草

人日の節句・七草

中国では昔、正月の1日を「鶏の日」、2日を「狗(いぬ)の日」、3日を「猪の日」、4日を「羊の日」、5日を「牛の日」、6日を「馬の日」として、その日はその動物を殺さない日と定めていました。
そして、7日目を人の日(人日)として、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていました。
また、この日には7種類の野菜(七草)を入れた、羹(あつもの=中国でとろみのある汁物のこと)を食べる習慣があり、これが日本に伝わって、七草粥として定着しました。

七草とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベ、ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)のことで、これらの若菜を粥に入れて食べると、万病を払い、長生きできるといわれています。

人日の節句・七草

青葉の野菜が乏しい冬に、新鮮な若菜をいちはやく食べて栄養を補おうと、昔の人の知恵が生んだ七草粥。寒さに負けないじょうぶな体づくりのためにも、この時期にぜひ食べたい料理です。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し