楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 春 節分

節分

「節分」とは、立春、立夏、立秋、立冬など、季節の変わり目の前日のことをいい、江戸時代以降は特に立春の前日(毎年2月3日頃)を指すようになりました。
旧暦では立春が新年の初めとされていたため、新年の前日という特別な日に、災いを家に入り込ませないようにするさまざまな儀式を行いました。

節分その代表的なものが豆まきで、豆は、「魔目」に通じ、鬼の目を打つという意味があります。節分の食べ物といえば鰯がありますが、鰯を食べるのは、その臭いで鬼を追い払うため、また、この時期に豊漁になり、安価で脂がのっていて美味しくなるためだそうです。

関西の節分では、「恵方巻き」という太巻き寿司を食べる習慣があります。
その年の恵方(年神様がいる方角)に向き、寿司に巻きこんだ福がこぼれたり切れたりしないよう、だまって丸ごと1本食べきると縁起が良いとされています。

青葉の野菜が乏しい冬に、新鮮な若菜をいちはやく食べて栄養を補おうと、昔の人の知恵が生んだ七草粥。寒さに負けないじょうぶな体づくりのためにも、この時期にぜひ食べたい料理です。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し