楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 春 ひな祭り

ひな祭り

ひな祭りは「桃の節句」とも呼ばれる五節句のひとつで、上巳(3月3日)に行われてきました。
この日は中国では忌み日とされ、川で身を清めるならわしがありました。これが日本の貴族社会に取り入れられ、紙でつくった人形に穢れ(けがれ)を託し、川や海に流すようになりました。

ひな祭りやがて、人形が精巧になり「ひな祭り」として発展し、江戸時代には庶民の間でも定着しました。現在では、女の子の成長を祝う行事として、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、菱餅などを食べ、ひな人形を飾ります。

そのひな人形の飾り方ですが、関西と関東では内裏びなの並べ方が左右反対なのをご存知でしたか?
これには、古来朝廷が「左上位」だったため、関西ではそれにならって男びなを左 (向かって右)、女びなを右(向かって左)に飾っていたのが、昭和天皇の即位の際、天皇陛下が右、皇后陛下が左に並ばれたため、それをまねて関東では男びなを右に、女びなを左に置く家庭が多くなったなど、諸説があります。

大切なことは、ひな人形を飾り、子どものすこやかな成長を願うことで、左右どちらが正しいということはないそうです。
女の子が主役の節句ですから、おひな様用の衣装でめいっぱい着飾り、愛らしい表情を写真に収めてあげましょう。

撮影メニュー

  • 節句
  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し