楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 夏 端午の節句

端午の節句

「端午」とは、月の初めの午(うま)の日、5日のことをいいます。
昔、中国で5月5日に行われていた病気や厄災を祓う重五(ちょうご)という節句と、田植えの時期に農家で厄除けとして蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)を飾る日本の行事とが結びつき、端午の節句がはじまったといわれています。

端午の節句端午の節句には、鯉のぼりを揚げ、柏餅を食べ、菖蒲湯に入るなどして男の子の成長を祝います。
鯉のぼりは、鯉が滝を昇って竜になるという中国の伝説にならい、子どもの出世を願って揚げられるようになりました。

柏餅には、柏は若い芽が生長するまで古い葉が落ちないことから、後継ぎが絶えないようにという意味があります。
菖蒲は厄除けとして軒先に飾り、お風呂に入れて菖蒲湯にします。
「勝負」「尚武」に通じ、勝負に強くたくましく成長してほしい、との願いが込められています。

他には、身を守る鎧や兜などを飾ります。それらを背景に、こどもたちのこの日の笑顔を成長の記録として写真で残してあげましょう。

撮影メニュー

  • 節句
  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し