楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 夏 八十八夜

八十八夜

八十八夜は立春から数えて88日にあたる日のことをいい、太陽暦の5月2日頃にあたります。
唱歌「茶摘み」で、~夏も近づく八十八夜~と歌われているように、この時期になると霜が降りなくなり、茶摘みをはじめる目安の日とされています。

八十八夜八十八夜には、やわらかく良質な茶葉がたくさん採れ、この時期のお茶を飲むと長生きできるといわれています。
日本にお茶が伝えられたのは奈良・平安時代。最澄、空海などの留学僧が、お茶の種子を持ち帰ったことがはじまりとされています。

その頃のお茶はとても貴重で、貴族や僧侶など限られた人しか口にできませんでした。
今ではお茶は自動販売機やコンビニでも買える、とても手軽なものになりました。

そこに至るまでの歴史に思いを馳せつつ、時には、その時期にしか採れない茶葉を煎じ、ゆっくりと味わいたいものですね。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し