楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 夏 七夕の節句

七夕の節句

七夕は中国から伝わった行事で、天の川の両岸にいる彦星と織姫とが、7月7日の夜、1年に1度だけ逢瀬を楽しむという伝説から生まれました。
織姫が機織りに長けていたことから、機織りや裁縫、手芸、琴などの上達を祈願してお供え物をする行事として広まっていったようです。

七夕の節句現在では、短冊に願い事を書いて笹竹につるし、素麺を食べるならわしがあります。日本で七夕に素麺が供えられるようになったのは室町時代といわれています。当時の七夕は小麦の収穫期だったため実りに感謝したこと、また白く細長い素麺が、織姫の織糸や天の川を連想させることからはじまったとされます。その代表的なものが豆まきで、豆は、「魔目」に通じ、鬼の目を打つという意味があります。節分の食べ物といえば鰯がありますが、鰯を食べるのは、その臭いで鬼を追い払うため、また、この時期に豊漁になり、安価で脂がのっていて美味しくなるためだそうです。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し