楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 夏 お盆

お盆

お盆は先祖の霊を供養する仏教行事です。
その期間は地方で異なりますが、一般的に8月13日から16日にかけて行われています。
13日に盆棚をつくり、盆花や初物の果物、野菜などを供えます。そして迎え火を焚き、浄土から帰ってくる先祖を迎えます。
14日、15日は先祖とともに過ごし、16日には無事に浄土に戻れるよう、帰り道を照らす送り火を焚きます。

お盆先祖を送る行事には「精霊流し」や、「大文字送り火」など、地域共同で行われるものもあります。
盆踊りも、先祖と現世の人々がいっしょに楽しく踊り、精霊を再び浄土に送り返すための行事です。

盆踊りといえば「縁日」ですが、これは神仏と縁を結ぶ「結縁日」の略で、結縁日に参拝すればいっそうご利益があるといわれ、大勢の人が訪れました。
そしてこれを目当てに、露店や屋台が集まって市となり、縁日が発達したといわれています。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し