楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 秋 重陽の節句

重陽の節句

9月9日は、陽数(奇数)の中でもっとも大きい9が重なることから「重陽(ちょうよう)」と呼ばれ、祝われてきた五節句のひとつです。

重陽の節句重陽は「菊の節句」ともいわれ、菊のお酒を飲んで栗ご飯を食べ、長寿と無病息災を願うという、古来中国のならわしが日本に伝えられたものです。
日本では平安時代に正式な宮廷行事となり、臣下に菊のお酒や干魚がふるまわれ、土産まで用意されるなど盛大に行われました。
菊のお酒を飲むというならわしは、当時、菊の花は仙人の住むところに咲き、長生きの効能があると信じられていたからだそうです。幕府は重陽を祝日とし、庶民も菊の花びらを浮かべたお酒を飲み、栗ご飯を食べて長寿を祈願しました。

今日では、こうしたならわしはほとんど見られなくなりましたが、菊の栽培が発達したことから、菊の品評会などの行事が各地で行われています。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し