楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 秋 七五三

七五三

七五三は、こどものすこやかな成長を願って主に11月15日に行われる行事です。
七五三の原型は室町時代の武家社会に見られ、以下のような儀式がなされていました。
3歳(男児・女児)―剃っていた髪を伸ばして結いはじめる「髪置きの儀」5歳(男児)―初めて袴をはき、小袖を着て碁盤の上に立つ「袴着の儀」7歳(女児)―衣服の付け紐を解いて初めて成人女性と同じ帯をしめる「帯解の儀」

七五三七、五、三という年齢で行うのは、奇数は縁起が良いとする中国陰陽道の思想がもとになっており、もともとは数え年で行われていました。数え年とは、明治以前に用いられた年齢の数え方で、生まれた時点を1歳とし、それ以降は年神様からひとつ年をもらうとして、1月1日を迎えるごとに1歳加える数え方です。今では、生まれた時点を零歳とし、以降は誕生日を迎えるごとに1歳加えていく「満年齢」の数え方でも行われていますが、どちらでもよいとされています。
地方によっては独自の祝儀を行うところもあり、福岡県では3歳になると、それまで母の膳のものを分けてもらっていた幼児が、初めて自分の膳で箸を使って正式な食事を食べる「お膳すわりの祝い」が行われます。

七五三は当初、七歳の祝儀が重視されていました。医学が発達していない昔は、7歳までに命を落とすこどもが多く、7歳までは神の子と考えられていたのです。
そのため、七五三を経てようやく、大人の仲間入りができたのでした。
こどもの健康を祝い、幸福を願う大切な晴れの日ですから、晴着を着せ、しっかりと成長の記録を写真で残してあげましょう。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し