楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 冬 七五三

事八日(ことようか)

「事」とは、お正月の神事のことで、12月8日と2月8日に行う行事を総称して「事八日」といいます。
地域によってお正月を中心として12月8日を事始め、2月8日を事納めとするところと、1年の農事を中心として2月8日を事始め、12月8日を事納めとするところがあります。

事八日(ことようか)事八日には、目籠(めかご:目を粗く編んだ、物を入れる竹籠のこと)を軒先につるすならわしがあります。目籠は神様が訪れるための目印となるように、また、一つ目小僧などの妖怪が、たくさん目をもつ籠に驚いて逃げ出すようにという魔除けの意味があります。

他にもこの日には、針仕事を休み、いつも使っている針に感謝して供養する「針供養」が行われます。
これは江戸時代にはじまった行事で、折れた針や曲がった針を豆腐、こんにゃく、大根などに刺して寺社におさめると、裁縫が上達するといわれています。

すべてのものに神霊が宿っていると信じていた日本人の、ものを大切にする心が生みだしたすてきな行事です。

  • 前へ
  • 次へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し