楽しい和!こどもと楽しむ日本の行事 > 四季の行事 冬 大晦日・年越し

大晦日・年越し

「晦日」とは毎月の最終日のことをさします。12月は1年の最終月であることから、大をつけて区別し、「大晦日」と呼びました。
現在は午前0時を迎えると新しい1年がはじまりますが、昔は日没によってはじまるとされていました。
そのため日が暮れるまでにお正月の準備をすませ、年神様を迎える祭りを行っていました。
眠らずに年神様を迎えないと、白髪になるとか早く老けてしまうといわれたそうです。

大晦日・年越し大晦日から元旦にかけて行われる行事を年越しといい、細く長い蕎麦に長寿の願いを込めて年越し蕎麦を食べます。この風習は江戸中期にはじまったもので、中国の貿易商が貧しい人たちにそば掻き餅をふるまったら運が向いたことがきっかけといわれています。

また、金箔職人が金粉を集めるためにそば粉の団子を用いたことから、金を集める縁起物ともされています。

家族みんなで食卓を囲み、お互いの1年の無事と来年のしあわせを願いながら、賑やかに年越しそばを食べましょう。

  • 前へ
四季の行事
春
お正月
人日の節句・七草
節分
ひな祭り
夏
端午の節句
八十八夜
七夕の節句
お盆
秋
重陽の節句
仲秋の名月
七五三
冬
事八日
冬至
大晦日・年越し