七五三のお参りをする神社での参拝マナー|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三のキホン

七五三のお参りをする神社での参拝マナー

七五三はこどもの健やかな成長を願って行われる日本の伝統行事です。
男の子は3歳と5歳(ただし、地域によっては5歳のみ)、女の子は3歳と7歳に神社にお参りをするのが一般的です。参拝時期はいずれも11月15日ごろとされており、七五三の時期が近づくと、その準備に追われる親御さんも多いことでしょう。
とはいえ、「七五三のお参りにはどんな物が必要?」「こどもや親はどんな服装で参拝すれば良いの?」など、七五三の参拝方法やそのマナーについてご存知でしょうか?
ここでは、七五三における正しい参拝方法や、お参りの際の作法について紹介します。

七五三で参拝する神社はどこを選べばいいの?

七五三のお参りをする神社での参拝マナー

七五三の思い出をより良いものにするためには、神社選びは大切ですね。それでは、数ある神社の中から、七五三の神社はどうやって見つければよいのでしょうか?

やっぱり近場が一番!近所の氏神様に参拝

七五三の参拝に出かけるなら、やはり自宅から近い神社がいいという人は多いことでしょう。七五三は基本的には、住んでいる地域の「氏神様」にお参りするのが、古くからの慣習となっています。

氏神様とは、その地域を守っている神様のことで、お宮参りの時と同様に、七五三でも氏神様に参拝されている方が多いようです。七五三はこどもの成長を祝う行事ですから、お宮参りの時から、こんなに大きくなったという感謝を神様に告げに行く意味でも、近所の氏神様にお参りされるのがいいかもしれません。
ただし、仕事の都合などで引っ越しをした人の場合は、地域の氏神のことが分からないかもしれません。そんな時は、各都道府県の神社庁ホームページ(https://www.jinjahoncho.or.jp/jinjahoncho/jinjacho/)で探してみると良いでしょう。

記念すべき日だから、有名な神社で参拝

日本には初詣などで多くの人が参拝する有名な神社がたくさんあります。七五三も生涯に1度か2度の大切な行事ですから、できれば盛大に祝ってあげたいというのが親心ですよね。

有名な神社はやはり厳かな雰囲気で祈祷してもらえたり、七五三のためのイベントも行われていることも多いようです。また、記念撮影で写真映えするスポットが多いのも有名な神社の特徴でもあります。
有名な神社では、ご祈祷とレンタル衣装、着付けなどをセットにした七五三プランを用意しているところもあります。ただし、有名な神社になればなるほど、七五三の時期には混雑することが予想されるので、プランを申し込む場合には、早めの予約が必要となります。

お子さまやご家族が歩きやすい神社を選ぶ

近所の氏神様か、有名な神社の目星がついたら、お子さまや、同席するおじいさん・おばあさんが比較的参拝しやすい場所なのかも考慮に入れましょう。
急な坂道や長い階段がないか、ベビーカーでもお参りしやすいか、エレベーターが設置されているかなどを事前に調べておくと安心です。

七五三で参拝する際のマナーを知っておこう

参拝する神社が決まったら、次はお参りする際の基本的なマナーを覚えておきましょう。
ここでは、参拝時の服装や参拝儀礼などについて紹介します。

七五三で参拝する際の服装は?

まず念頭に置いておきたいのは、神社にある鳥居の向こうは、日常生活からは一線を画した神聖な場所であるということ。そのため、神社に参拝する際は、こどもだけじゃなく、参拝者全員、服装には気をつけたいところです。

七五三のこどもたちの衣装は、レンタル衣装による着物が一般的なようです。神社やレンタル衣装店、七五三撮影を行う写真スタジオなどでも借りることができます。もちろん、和装に限らず、フォーマルな洋服でも構いません。

ちなみに、古くから言われる七五三での正装は以下のようになります。

(男の子の場合)
羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)の柄の紋付二枚重ね、羽織

(女の子の場合)
晴れ着。3歳のお祝いの際は帯は結ばずに、袖なし襟付きの「被布」を羽織る。また7歳のお祝いの際は、帯を結び友禅模様の着物を着ることも

お父さんやお母さん、その他の家族についても、基本フォーマルな服装であれば洋服でも大丈夫です。ただし、七五三の記念撮影を参拝当日に行う家族が多いため、せっかくだからと、和装を好む人も多くいます。
和装の場合は着付けなどで洋服よりも時間がかかるため、早めの準備が必要となることに注意しましょう。もちろん、和装で揃えないといけないわけではないので、個人の好みや記念撮影のことを念頭に置いて、家族で相談して決めましょう。

七神社を参拝する際のマナー

神社を参拝する際のマナー

七五三に限らず、神社を参拝する際の基本的なマナーは身につけておきたいものです。
神社の入口の手前まできたら、鳥居をくぐる前に一礼します。

境内を歩く時は、真ん中は神様の通り道ということで、端っこを歩くのがマナーとなっています。鳥居をくぐる際には、道の右側を歩く時には右足から、左側を歩く時は左足から踏み出します。
また、境内でのマナーとしては、大声ではしゃいだりするのはマナー違反なので、こどもたちもできるだけお行儀よくしてもらいましょう。

手水舎(てみずや)の作法

参道を進んでいくと「手水舎」という場所があります。まず、右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い、その次に左手で柄杓を持ち右手を洗います。次に手水を口に含み口中を洗います。その際に柄杓には口をつけないようにします。
最後に柄杓の柄を立てて柄を洗います。基本的にこれらは柄杓1杯の水で終えるようにするのがマナーとされています。

神前の作法

神前で軽く一礼し、鈴を鳴らしたらお賽銭を入れます。お賽銭は、投げ入れるというよりは、そっと入れるのがマナーです。そして、願掛けをしますが、神社では「二礼二拍手一礼」が基本となっています。

(二礼二拍手一礼の作法)

  • 二礼:神前に向かって2回深くお辞儀をする
  • 二拍手:胸の高さで手を合わせて2回拍手。感謝の気持ちを込めて祈念し、手を下ろす
  • 一礼:再度深いお辞儀を1回する

神社によっては、「二礼四拍手一礼」と参拝方法が異なる場合もあるので、事前に調べておくことをオススメします。

七五三の当日の流れ

七五三の当日の流れ

七五三の当日は参拝だけする家族や、祈祷や家族での食事会などを行うなどさまざまですが、ここでは一般的な七五三当日の流れについて紹介します。

こどもの着付け

女の子の場合は、当日の朝に七五三用の髪のセットや着付けをしてくれる美容室があるので、事前に予約しておくと良いでしょう。お母さんも和装の場合は美容院で一緒にやってもらうケースが多いようです。
また、写真館やフォトスタジオでは、記念撮影とセットで衣装の貸し出しから、着付け、ヘアメイクまでを行ってくれるところがあるので、近年はそちらを利用する人が増えてきています。

神社への参拝

参拝でのマナーは上述の通りです。参拝をしたら、神社の拝殿などでご祈祷を受けます。お祓いの後に祝詞(のりと)をあげてもらうのが一般的です。ご祈祷を受ける場合は、事前に初穂料(はつほりょう)を用意しておきましょう。初穂料は受付などで記帳の際に納めます。
七五三のシーズンは、神社はもとより周辺の交通期間やお店も混雑するので早めに参拝に出かけるようにしましょう。必要に応じて駐車場やレストランは予約するのが望ましいでしょう。

記念撮影

七五三の記念撮影は、祈祷の後に予約していた写真館などを訪れて、家族で撮影します。10月〜11月の七五三時期の撮影は特に込み合うので早めの予約をお忘れなく。

家族で会食

多くの人は午前中から出かけるため、レストランなどでランチをする家族が多いようです。会食には食事の際に衣装を汚さないためにも、レンタル衣装を返却してから会食に向かうのが一般的です。
レストランやホテルによっては、七五三のお祝い膳プランを用意してくれているところもあるので、こちらも希望する人は予約をしておくと良いでしょう。

ご祈祷の流れと初穂料(はつほりょう)について

ご祈祷については、お宮参りの時に体験している人も多いかと思いますが、改めてその流れについておさらいしておきましょう。

多くの神社の境内では、10月~11月の七五三の参拝が増えてくる時期、七五三のご祈祷を受け付けるブースが出されています。そこで申し込み用紙に記入し、受付で申込用紙と初穂料を渡します。
受付が済んだら、ご祈祷の順番が来るまで控室などで待機します。番号札などで順番はわかりやすくなっており、順番が来たら拝殿に案内されます。

ご祈祷では、初めにお祓いをします。お祓いが終わると祝詞(のりと)が読まれ、神様のご加護と健やかな成長を祈ります。
ご祈祷が終わると、拝殿の出口で千歳飴やお守りなどが入った授与品を受け取ることができます。授与品は初穂料によって内容が異なる場合があります。

初穂料(はつほりょう)とは?

神社に対し、ご祈祷やお祓い、祝詞のお礼として奉納するのが初穂料です。祈祷料ともいいます。渡す際には、のし袋に「御初穂料」と書きます。金額は神社によってもさまざまですが、5,000円~10,000円が相場と言われています。

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる