ふりホ Times

振袖は高額?成人式の振袖相場とお得にレンタルするコツ

  • #成人式
  • #振袖
  • #着物
  • #費用

人生の門出ともいえる成人式には、振袖を着用する方が多い傾向です。最近では、比較的安く手に入るケースもありますが、現実問題として気になるのが振袖のお値段です。ご両親に支払ってもらう場合でもご自身で支払う場合でも、振袖は高額というイメージがあり、少し悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、振袖の金額相場を紹介するともに、お得にレンタルするためのコツを解説します。ただ安いだけで振袖を選んでしまっては、「品質が悪く見栄えも悪かった」「写真映えがイマイチだった」などという結果につながりかねません。お手ごろだけど品質のよい振袖を選ぶポイントを確認しつつ、記念なる成人式を迎えましょう。

振袖は高額?成人式の振袖価格相場

振袖といえば高額なイメージがあるかもしれませんが、近年では生産技術が進化したこともあり、比較的安い振袖も出回っています。そこでここでは、振袖の相場を準備方法別に紹介します。

振袖の準備方法には、購入とレンタルの他にママ振袖という選択肢もあります。まずは、どのくらいの金額で振袖を手に入れられるのかを具体的に把握していきましょう。

成人式の振袖を準備する方法

振袖の相場は準備方法によっても異なります。振袖の準備方法は大きく分けて、購入、レンタル、ママ振袖を活用(お母さまから引き継ぐこと)の3つです。それぞれのメリットとデメリットを以下の表で確認しましょう。

メリット

デメリット

購入

・この先、何度でも着られる
・思い出を形に残せる
・オーダーメイドなら自分にぴったり仕立てられる
・子どもや孫に残せる

・高額になりやすい
・今着たい色柄を選びづらい
・お手入れや保管に手間がかかる

レンタル

・コスパよく準備できる
・今着たい色柄を選べる
・お手入れや保管が不要

・基本的に既製品しかない
・人気商品は早めに押さえないとなくなりやすい

ママ振袖

・準備にお金がかからない
・高品質なものであることが多い
・子どもや孫に残せる

・自分の体形や顔立ちに合うとは限らない
・流行の色柄ではない可能性が高い

どの準備方法にしてもメリットだけでなくデメリットもあるため、ご自身にとって一番魅力に感じる方法を選びたいところです。なお、ママ振袖は準備にお金がかからない点がメリットですが、振袖の状態はよい場合に限ります。シミ抜きやサイズ直しが必要な場合は、その分の費用がかかることに注意しましょう。

購入した場合の価格相場

振袖を購入した場合の価格相場は、10万円~80万円ほどです。近年は大量生産がしやすくなったこともあり、振袖は品質によって金額に大きな差があります。

こちらの相場はあくまで帯や小物などとのセット価格です。振袖の品質はもちろん、合わせる帯や小物も上等なものになればなるほど高くなり、中には100万円を超える振袖もあります。

そのため、振袖を購入する場合には、特に予算をしっかりと考えておくことが大切です。店頭で購入するのなら、「予算はトータルで〇円を考えています」などと伝えれば、なるべくその中で押さえられるように提案をしてもらえるでしょう。

レンタルした場合の価格相場

振袖をレンタルした場合の価格相場は、5万円~20万円ほどです。レンタルに関しても振袖の品質によって金額に差が出ますが、同じ品質の振袖同士で比べると、レンタルは購入するよりも10万円~20万円ほどは安くなる傾向にあります。

また振袖レンタルのみもあれば、着付けや前撮り撮影が込みとなったプランがあるなど、お店によってセット内容が異なるため、お店ごとの料金差も大きいでしょう。振袖のレンタル以外にも、小物や前撮り撮影、前撮り撮影時の着付けやヘアセットなどのサービスが付いているものであれば、準備も楽になるでしょう。

振袖は高額?価格によって異なるポイント

振袖は、購入とレンタルのどちらを選んだとしても価格に幅があり、高額なものもあれば、比較的手が届きやすいものもあります。これほどまでに価格に幅がある理由はなぜでしょうか。

高額な振袖とそうでない振袖とでは、見た目はもちろん、着心地にも大きな差があります。ここでは、振袖の価格による違いについて見ていきましょう。

正絹かポリエステルかの違い

振袖の生地に使われる素材は、主に正絹(しょうけん)か、ポリエステルの2種類です。このうち正絹が使われた振袖は、ポリエステル製に比べて高額になる傾向があります。正絹とはいわゆるシルク100%を指す言葉で、天然素材であることが理由です。

また、正絹の振袖はポリエステルの振袖よりも貴重である以外にも、多くの価値があります。正絹は通気性、吸湿性、保温性が高いだけでなく、柔らかく軽い素材であるため、着心地もバツグンです。

最近はポリエステル製の振袖でも品質がよくなってきてはいますが、正絹に比べると着心地はどうしても落ちてしまうでしょう。また素材の特性上、体にフィットしづらく滑りやすいため、正絹に比べると着崩れしやすくなります。

手染め柄かプリント柄の違い

振袖は柄の付け方が、手染めなのか、プリントなのかによっても値段が異なります。高額なのは、手間をかけて作られる手染めです。

手染めには、柄を1枚1枚書き込む手描き染めと、型紙を使う型染めがありますが、手描き染めは特に熟練の技が必要になるため、高くなります。一方、インクジェットプリンターによる柄付けは大量生産が可能なため、価格設定を安くできる特徴があります。

プリント柄ならではのパキッとした発色のよさメリットもありますが、経年変色が起こりやすいので、長年着るのであれば手染め柄や型染めがよいとされます。

加工技法の違い

安い振袖の多くはプリントで柄を付けるだけの加工であることがほとんどですが、高額な振袖になると、柄を付ける以外にもさまざまな加工が施されていることがあります。例えば、生地そのものを「絞り染め」といった昔ながらの技法で染めていたり、刺しゅうによる装飾が施されていたりなどです。

当然、このような加工は施せば施すほどひとつの振袖を仕上げるまでに手間と時間がかかり、それに伴い価格も上がります。

仕立ての違い

振袖は購入であってもレンタルであっても、既製品から選ぶ方法と、オーダーで仕立ててもらう方法があります。

オーダーで仕立ててもらう振袖はその分のサービス料が含まれるため、既製品に比べると高額です。その分、ご自身の体形や身長に合わせてもらえるため、見栄えもよく着崩れもしにくい振袖を手に入れられるでしょう。

また、既製品から選ぶ以上に色柄の選択肢が増えるのもメリットです。「他の人とかぶらない振袖が着たい」という方にもおすすめでしょう。

高額な振袖はレンタルで費用を抑えよう!レンタル時のポイント

最近は比較的お手ごろ価格の振袖も増えていますが、あまりに安い振袖は見栄えや着心地などの点に懸念が残ります。振袖選びの失敗を防ぐなら、比較的高額なものを選んだほうがよいでしょう。

しかし購入するとなると、お財布にはかなり痛いものです。費用的に難しい場合には、レンタルを利用するのがおすすめです。ここからは、振袖をレンタルするときにチェックしたいポイントを見ていきましょう。

振袖以外にかかる費用をチェック

成人式に振袖を着用する場合には、振袖以外にも以下のアイテムやサービスを利用する方が多いでしょう。

・髪飾りやぞうりなどのファッション小物
・振袖を着付ける際に使う着付け用小物
・前撮り撮影サービス
・着付けサービス
・ヘアセットサービス

お店やプランによっては、これらがすべて振袖レンタルプランとして含まれているケースもあります。必要なサービスが全て含まれていたほうが、リーズナブルかつ準備にも手間がかからないでしょう。

必要なサービスが含まれていない場合には、その分の準備費用や手間が別途かかるので、そのあたりも含めて予算やスケジュールを立てる必要があります。

レンタル期間をチェック

振袖のレンタル期間も、お店やプランによって大きく異なるので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。長期間レンタルに対応している場合は、前撮り撮影の日から成人式当日までという、数カ月単位での貸し出しが可能なこともあります。

一方、短いケースだと3日や4日しか借りられず、成人式直前に前撮りを済ませるということもあるようです。成人式直前は、できることならバタバタせずに、当日の準備に集中したいものです。そのため、できるだけ長期間レンタルできるところを選ぶとよいでしょう。

受け渡し・返却方法やクリーニングについてチェック

スムーズなレンタルを望むのなら、振袖の受け渡しや返却の方法についても確認しておきましょう。例えば、受け渡しや返却に配送サービスが利用できるお店は、手間がかからず忙しい方におすすめです。

また返却時は、そのまま返してよいのか、クリーニングが必要かも要チェックです。クリーニングが必要な場合は、別途クリーニング代や手間がかかってしまいます。「過度な汚れでない限りはクリーニング料金の請求もなし」といったことが明記されていれば、特に安心です。

振袖を何度も着用する予定のある方は購入も◎

振袖は高額なものではありますが、着用する機会が多いのであれば、レンタルを利用するよりも割安になることがあります。卒業式、結婚式、初詣、パーティーなどの機会で振袖を着用したい気持ちがあるのなら、購入するのもよいでしょう。

目安としては、成人式を含め4回ほど着用するのであれば、購入を検討するのもよいでしょう。クリーニング代を含めても、レンタルよりコスパがよくなるかもしれません。

ただし、振袖のお手入れや保管方法なども事前に確認しておく必要があります。正絹の振袖は、クリーニングするだけではなく、和装を保管する「たとう紙」に包み、桐(きり)ダンスや桐の衣装ケースなどで保管します。購入する際は、これらの手間も事前に考えるようにしましょう。

高額な振袖は失敗なしで選びたい!振袖選びのポイント

よい振袖は高額であるからこそ、失敗だけは避けたいものです。ここでは、振袖を選ぶときの基準となるポイントをいくつか紹介します。

なお、普段はあまり着る機会のない振袖ですが、色の選び方は洋服と同じで構いません。「私の肌色や体形だと、この色が映える!」というものがある方は、そちらも振袖選びの基準として活用してみましょう。

なりたいイメージで色を選ぶ

振袖を選ぶときには、まずなりたいイメージを膨らませましょう。かわいらしいイメージ、クールなイメージ……など、ある程度の方向性を決めることで、色を選びやすくなります。それぞれのイメージに対応する色は以下の表の通りです。

なりたいイメージ

おすすめカラー

女性らしくかわいい

暖色系の柔らかいカラー(赤、ピンク、黄色、クリーム色など)

ポップでかわいい

パキッとしたカラー(オレンジ、黄色、鮮やかなピンクなど)

クールで大人っぽい

寒色系の深みあるカラー(青、紺、紫など)

モードで大人っぽい

モノトーン寄りのカラー(白、黒、茶、灰など)

柄のデザインで選ぶ

振袖は柄によってもイメージが大きく変わります。色との組み合わせで、なりたいイメージをさらに色濃く演出しましょう。柄のデザインは大きく分けると、「古典柄」「新古典柄」「モダン柄」があり、それぞれの特徴や印象付けられるイメージは以下の通りです。

・古典柄…昔から用いられてきた伝統的な柄(手まり、扇、鶴、梅、桜など)のこと。格式高い華やかや上品なイメージを印象付けやすい
・新古典柄…古典柄を現代風にアレンジした柄のこと。優しく温かみのあるイメージを印象付けやすい
・モダン柄…ハート柄や水玉、バラ、リボンなど洋風な柄のこと。ポップで個性的なイメージを印象付けやすい

帯の選び方にこだわる

振袖をはじめ着物はトータルコーディネートが重要です。帯ひとつとっても、選び方にはこだわりましょう。以下は選び方の目安です。

・ゴールドカラーが基調の帯…華やかさや気品の高さが引き立つ
・振袖と同系色の帯…かわいらしさが引き立つ
・振袖と反対色の帯…個性やインパクトが引き立つ

帯も柄で雰囲気がガラッと変わる他、帯回りの小物である帯締めや帯揚げとの組み合わせによってもセンスや個性をアピールできます。WEBで実際の組み合わせ例を見てみたり、お店のスタッフさんにアドバイスをもらったりなどして、コーディネートを楽しみましょう。

高額な振袖は「ふりホ」でお得にレンタルしよう

©Disney

高品質な振袖をリーズナブルにレンタルできるスタジオアリスの「ふりホ」をご存じでしょうか。ふりホは、正絹の振袖中心のラインアップが自慢の「振袖レンタル+前撮り」プランです。

王道柄からかわいい系にモード系、ディズニーデザインの振袖が約1,500種類揃っています。振袖WEBカタログや、カタログアプリから、ぜひお気に入りをお探しください。

『スタジオアリスのふりホ』

安心の一律価格99,800円(税込109,780円)が魅力

ふりホは、99,800円(税込109,780円)の一律価格です。新作の振袖であっても、受賞作品やコラボ作品であっても、お値段は変わりません。高品質の振袖の中からお値段を気にすることなく選べる点が大きな魅力です。

なお、99,800円(税込109,780円)には、振袖のレンタル料金はもちろん、セット小物や前撮り撮影料金、着付けやヘアセット料金なども含まれています。さらには、写真集風の高品質アルバムや、SNSにアップしやすい撮影データまで付いているというお得なセットです。

『ふりホとは』

高品質の振袖1,500種類から選べる!デザインも豊富◎

©Disney

ふりホの振袖は、正絹製を中心に、約1,500種類ととても豊富です。デザインの系統も豊富で、王道の振袖はもちろん、レトロモダン振袖やモード系振袖などジャンルはさまざま。さらにはディズニーデザイン振袖も取り扱っています。

他ではなかなか見かけないおしゃれで個性的な色柄が揃っているので、まずはラインアップだけでもチェックしてみましょう。気になる振袖があった際は、ぜひバーチャルフィッティングアプリで試着体験をしちゃいましょう。着用イメージがすぐに確認でき、お気に入りの振袖が決まったら、そのままオンラインで振袖の仮予約も可能です。

『成人式振袖ラインアップ』

成人式の情報をお届け!「ふりホ」公式インスタグラム

新成人を迎える方は、成人式に役立つ情報を続々配信している、ふりホの公式インスタグラムも、ぜひチェックしましょう。

新作振袖のお知らせはもちろん、肌色別やなりたいイメージ別のおすすめ振袖紹介までお届けしています。ふりホで取り扱う振袖のイメージもお届けしやすいので、振袖をレンタルする店舗にお悩みの方は、ぜひフォローしてみてください。

『ふりホ公式インスタグラム』

ふりホのQ&A|気になる疑問を解決!

ふりホの疑問1|品質は大丈夫?

振袖は正絹を中心とした高品質な振袖をご用意していますのでご安心ください。グループ会社の「京都豊匠」で一括管理しているので、間接コストを省き、品質の高い振袖をリーズナブルな価格でご提供しています。

ふりホの疑問2|実際は高い振袖もあるのでは?本当に一律価格?

新作振袖、受賞振袖、Disneyデザイン振袖、ブランド振袖、どの振袖を選んでも追加料金は一切ありません。高品質・約1,500種類の振袖を、すべて安心の一律価格でご提供しています。

ふりホの疑問3|振袖だけの価格なの?

成人式当日の振袖レンタルと前撮りがセットになったプランです。振袖には帯こもの一式はもちろん、着付けに必要な小物10点もご用意しております。前撮り時は着付け・ヘアセットもついて、さらに写真集タイプの豪華アルバム(10ページ12カット)もセットになっていますので、すべておまとめお任せください。

ふりホの疑問4|いつ予約したらいい?早く予約しなくて大丈夫?

人生の大きな節目である成人式の振袖を何年も前に予約するのは早すぎませんか?好みも変わるし不安がいっぱい・・・
そんな声から生まれた「ふりホ」なら振袖選びは急がなくてもOK!
成人式の直前でもご予約いただけます。毎年トレンドに合わせた旬の品揃えをしているので、豊富なラインアップからお選びください。
※1~2年前のご予約からお受けしています。

まとめ

振袖は安いものから高いものまでさまざまですが、せっかくの成人式に着るのなら、見栄え的にも着心地的にも、よいものを選びたいものです。お手ごろ価格の振袖は、お値段に沿った品質というケースが多いでしょう。しかし、「購入するとなると高すぎる」という意見もあります。

そんな方にはスタジオアリスの「ふりホ」がおすすめです。高品質でデザインもステキな振袖を、コスパよく準備できちゃいます。特別な日だから、きちんとした振袖を着たい」。その憧れは、ふりホでかなえられます。スタジオアリスでは、成人式の振袖の準備をしている方に向けた振袖レンタルご予約&相談会を開催しております。ぜひお気軽にご予約ください。

『ふりホのご予約&ご相談会』
ふりホとは(商品・料金) ふりホとは(商品・料金) 振袖WEBカタログ・オンライン予約 振袖WEBカタログ・
オンライン予約
ご予約&ご相談会 ご予約&ご相談会 店舗検索 店舗検索
ふりホ公式Instagram
アカウント開設!このアイコンが目印です
スタジオアリス公式Instagram
HOME ふりホとは(商品・料金) 振袖WEBカタログ ご予約&ご相談会 店舗検索 PAGE
TOP

×

最新情報が満載!ふりホTOPICS 今すぐチェック!

成人式レンタル振袖 大展示会 特別開催