ふりホ Times

成人式の振袖はレンタルが安い!? 購入との比較で分かる「レンタル振袖」の魅力とは?

  • #成人式
  • #振袖
  • #レンタル

成人式は人生の節目として大切な日であり、女の子にとっては誰もが主役になれる一生に一度の晴れ舞台です。そんなハレの日にふさわしい振袖を選ぶときに、まずは決断すべきことが、振袖をレンタルするのか、それとも購入するのか、ということ。「レンタル振袖」なら最新の柄が選べたり、費用も抑えられたりと、選択肢が広がる点が魅力ですが、購入の場合なら一生の財産になり、長く着続けることができるなど、内容とお値段とを比較したときに、どちらかがお得なのか?という点も気になるところですね。
そこで今回は、振袖をレンタルした場合と購入した場合のメリットとデメリットをご紹介します。特別な日に着るものだからこそ後悔しないために、ご自身に合ったニーズをしっかりと見極めてみましょう!

成人式の振袖って高いの?

レンタルするか購入するかを悩む前に、「振袖にかかる費用は一体いくらかかるの?」という方も多いはず。まずは、振袖を購入する場合の平均的な値段の相場などを調べてみました。

購入の場合は、振袖+αも考慮

成人式の振袖を購入する場合、振袖だけでも300,000円からがおおよその目安。また、刺繍や絞りなど手の込んだ装飾が施されていたり、有名作家のデザインやブランドものになれば、さらに高額になる場合が一般的です。それに加えて、帯や草履、バック、髪飾りといった小物も一式でそろえるとなると、1,000,000円近くなってしまう場合も。また、着用後はクリーニング費なども必要…と、振袖+αの費用が想像以上にかかることに。購入するとなると費用はどうしてもかかる反面、一生ものの財産として大切に着続けられるのもやっぱり魅力。また、自分のサイズに合わせて仕立てられるので、着姿も美しいといったメリットもあります。

レンタルの場合は自分の好みが最優先できる!

一方、振袖をレンタルするとかかる費用は、人気の柄や振袖の質によって価格は多少変動するものの、帯や草履などがセットになって、だいたい50,000円〜200,000円ほど。購入に比べれば、格段にリーズナブルな価格でそろえられるのがうれしいですね♪もちろん、レンタルの場合は、一回限りしかない成人式に合わせて、色・柄ともに多彩なバリエーションの中から今、着たい振袖が選べるのが最大の魅力♪成人式で周囲からの注目を浴びる振袖美人を目指したいなら、オシャレさが際立つ「レンタル振袖」を選ぶのも大いにアリですね。

成人式撮影の前撮りの値段は?相場やプラン選びのポイントとは!

レンタルと購入、振袖はどっちがおトク?

自分の納得いくオシャレが追求できる「レンタル振袖」か、もしくは一生の財産になる「購入」か、それぞれのよさがありますが、何より優先したいのは、成人式の当日のこと。予定しているメイクやヘアセットとのコーディネートや、成人式の式典後にどんな風に写真に映りたいかなど、自分にとって理想の姿に近づける振袖はレンタルか購入なのかをまずは考えてみましょう。そのうえで、自分のニーズに合ったものをぜひ選んでみてください♪
以下はレンタルした場合と購入の場合の、それぞれのメリットとデメリットをご紹介。ぜひ参考にしてください。

振袖購入のメリット・デメリット

購入すれば、一生の財産になるのが一番のメリット。ただし、成人を迎える今の感性で選んだ柄なので、その後は流行遅れになる可能性も…。

購入のメリット

【◎】自分サイズなので着姿が美しい
ジャストサイズで仕立てられるので、着心地がよく、着姿も美しいという点が最大の魅力に。

【◎】何度も着られる
成人式以降も卒業式や結婚式など、自分の振袖として一生持っておけるので、着たいときに何度でも着ることができます。

【◎】将来的に娘や孫などに受け継げる
姉妹や親戚などで着回しができ、将来的には自分の娘や孫まで受け継がれ着ることができます。

購入のデメリット

【×】価格が高額になる
購入する場合はやはりレンタルと比べて高額なうえ、小物などを一式そろえるとなると、費用は想像以上に!

【×】クリーニングやメンテナンスが必要
着用後はクリーニングやシミ抜きなどのメンテナンス費用が定期的にかかります。また、防虫剤の入れ替えや虫干しといったアフターケアも必要。

【×】保管に手間がかかる
振袖をいつまでもキレイに保てるよう、桐ダンスや専用の収納ケース・収納袋を用意しないといけないので、金銭的な負担だけでなく、手間がかかることも難点。

【×】定番・使いやすさで選ぶと、トレンド感が出しにくい
長く着ることを重視すると、定番柄や使いやすさで選ぶため、トレンド感が出せないことも。逆に最新トレンドの振袖を購入すると、自分の好みや年齢によって似合う色柄が変わっていく可能性もあります。

レンタル振袖のメリット・デメリット

レンタル振袖は、手軽さが魅力。しかも、自分にふさわしい1着が選べるのが最大のポイント!

レンタルのメリット

【◎】小物も含めて費用が安く抑えられる
レンタル振袖のメリットはやはり安くてお手軽ということ。全体的に費用が抑えられるので、髪飾りやバッグといった小物などもトータルで自分好みのものを優先して選ぶことができます。

【◎】クリーニングやメンテナンスが不要で、返却するだけでOK!
着用後は返却するだけなので、クリーニング費は不要。もちろん、保管場所の心配も一切ナシ。

【◎】今、着たいものを選べる
前撮り撮影や成人式当日の着用なので、最新の流行柄はもちろん、大胆なデザインもチャレンジできるなど、本当に着たい振袖を選べるという点は大きな魅力♪

レンタルのデメリット

【×】平均サイズ以外は選択肢が限られる場合も
レンタル振袖は日本女性の平均サイズを中心に仕立てられているので、体型によっては選択肢が限られるケースも。長身さんやぽっちゃりさんは注意が必要。

【×】早めに申し込まないとどんどん選択肢が少なくなる
人気デザインや新作デザインの振袖は早い時期に予約が埋まる場合もあるので、選べるものが限られてしまうことも。

【×】人気や新作によって値段がピンキリ
新作や人気の柄などはレンタルの場合でも高額になることもあります。

成人式の振袖レンタル、その値段や相場はいくら?

自分らしい装いを楽しむなら「ふりホ」へ!

レンタルも購入もそれぞれのよさがありますが、せっかくの成人式の一着を選ぶなら、お手入れや費用などを気にせずに、自分らしい装いを自由に楽しめる「レンタル振袖」がオススメですね。スタジオアリスの「ふりホ」なら、古典柄からガーリーなテイストまで最大855種類の振袖がそろい、サイズもS〜LLサイズの5パターンと幅広いので、自分のイメージにぴったり合ったコーディネートが楽しめます。しかも、どの振袖を選んでも同料金だから、ご自身が満足のいく振袖に絶対であえるはず!新作やトレンド柄は人気が集中するので、早めのお申し込みがオススメです。

最大855種類から振袖が選べる「ふりホ」!

色柄もサイズも豊富な最大855種類の振袖から選びホーダイ。すべての振袖が高品質で、好きな振袖がきっと見つかります!

「ふりホ」の振袖WEBカタログをチェック!
ふりホとは WEBカタログ・
オンライン予約
展示会情報 店舗検索
HOME ふりホとは WEBカタログ 展示会情報 店舗検索 PAGE
TOP