赤ちゃんが歩けない場合の一升餅はどうする?背負う以外のやり方も◎|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

バースデーフォトの基礎知識

赤ちゃんが歩けない場合の一升餅はどうする?背負う以外のやり方も◎

赤ちゃんが歩けない場合の一升餅はどうする?背負う以外のやり方も◎

1歳のお誕生日の伝統行事に、一升餅があります。一升餅のイベントと言えば、お子さまがお餅を背負い、立ったり歩いたりするイメージがあるでしょう。しかし、なかには歩くことが困難なお子さまもいるかもしれません。その場合、どのように一升餅のお祝いを進めればよいのか、気になるママパパもいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、一升餅の一般的なやり方と併せて、赤ちゃんが歩けない場合の一升餅について解説します。一升餅を背負う以外のお祝い方法についても紹介しますので、お子さまが1歳を迎えるママパパはぜひ参考にしてみてください。

目次
一升餅のお祝いってどんなもの?
一升餅|歩けない赤ちゃんの場合はどうする?
一升餅は歩けても歩けなくても縁起がいい
1歳の誕生日は一升餅のお祝い以外に何をする?
1歳の成長をスタジオアリスで写真に残そう!
まとめ

一升餅のお祝いってどんなもの?

一升餅のお祝いってどんなもの?

1歳のお祝いの伝統行事となっている「一升餅」ですが、どのようなお祝いなのか具体的なイメージがわかないママパパもいるのではないでしょうか。一升餅のイベントにはさまざまなやり方がありますが、ここでは一般的なやり方を紹介します。

1歳をお祝いする一升餅のイベント

1歳のお祝いでは、一升のもち米をお餅にした「一升餅」を用意するのが一般的です。一升餅には「一升」と「一生」がかかっており、「この先ずっと健康に過ごせるように」「これから先、食べ物に困らないように」という願いが込められています。

また、一升餅の円形の見た目が「円満」を連想させるため、「人生が円満でありますように」という願いも込められています。

一升餅のお祝いのやり方

1歳のお誕生日にする一升餅のイベントには、さまざまな方法があります。その中でも、お子さまに一升餅を背負わせる方法が一般的です。一升餅は、風呂敷に包んでから背負わせます。風呂敷を用意する場合には、一升餅をしっかりと包めるように、事前に一升餅のサイズを確認しておきましょう。

赤ちゃんにお餅を背負わせる方法は、まずは広げた風呂敷の中央に一升餅を乗せます。次に、対角線となる角を持ち、一升餅を包みましょう。残った角をねじり、お子さまの背中に斜めに背負わせて、おなかの前で結べば準備完了です。

一升餅のイベントは、地域によってやり方が異なる場合があります。事前に地域のやり方を調べておくと安心です。

一升餅で歩けない場合はリュックもおすすめ

一升餅を風呂敷に包むと、お子さまが背負いにくかったり、歩きにくかったりします。そのような場合には、リュックを使うのもおすすめです。

最近は、一升餅と専用のリュックがセットになって販売されていることもあります。かわいらしいベビーリュックや名前入りのベビーリュックも販売されているため、特別感のあるリュックを用意してお祝いするのもひとつの方法です。

一升餅の代わりにパンやお米を用意することも

最近では一升餅ではなく、「一升米」や「一升パン」など、一升分のお米やパンを用意するケースもあります。自分で用意してもよいのですが、1歳のイベント用に販売されている商品を購入してみてもよいでしょう。

一升餅を消費するのが大変と感じているママパパは、お米やパンで代用するのもおすすめです。また、小分けになっているタイプの一升餅を選べば、お裾分けしやすいというメリットがあります。

一升餅|歩けない赤ちゃんの場合はどうする?

一升餅|歩けない赤ちゃんの場合はどうする?

一升餅のイベントは、お子さまの1歳の誕生日に開催します。しかし、1歳のころはまた歩けないお子さまも多いため「歩けなくても大丈夫だろうか」と悩んでしまうこともあるでしょう。ここからは、赤ちゃんが歩けない場合のイベントのやり方について解説します。

一升餅は歩けない赤ちゃんでも問題なし

一升餅では、お子さまが一升餅を背負って立ったり、ハイハイしたりするのが古くからの習わしです。しかし、1歳になったばかりだと一升餅を背負って立つのは難しいでしょう。歩けないお子さまも珍しくありません。

一升餅のイベントでは、無理に立たせたり、歩かせたりする必要はありません。ご家族が楽しんでお祝いすることが何よりも大切です。

「餅踏み」にしても

餅踏みとは、一升餅と同様に1歳を祝う儀式です。餅踏みでは一升餅を大地に見立て、お子さまを一升餅の上に立たせます。このとき、お子さまは草履(ぞうり)を履くのが基本です。ただし、地域によっては裸足で一升餅の上に立つ場合もあります。「地に足をつけて人生を歩めるように」といった願いを込めるのが、餅踏みの行事です。

一升餅は歩けても歩けなくても縁起がいい

一升餅は歩けても歩けなくても縁起がいい

一升餅を背負わせる際に、「歩けなかったら縁起が悪いのではないか」と不安に思うママパパもいるようです。一升餅を背負った際に、お子さまが歩けなくても転んでしまっても、縁起がいいとされています。

また、お子さまが泣いてしまっても、その泣き声によって鬼や疫病神が逃げていくとも考えられているので、お子さまがどのような行動をとっても、ママパパやご家族は見守ってあげるとよいでしょう

一升餅は約1.8kg

一升餅とは、一升分のもち米で作った丸いお餅のことです。もち米10合が「一升」なので、一升餅には10合分のもち米が使われます。もち米10合分は、重さにして約1.8キロです。これにお餅を作る際の水分が加えられるため、一升餅の重さは2キロ程度となります。

赤ちゃんにとって、2キロはとても重たく感じるでしょう。歩き始めたお子さまが2キロの一升餅を背負って歩くのは、簡単なことではありません。

歩けても歩けなくても喜ばしいこと

一升餅を背負ったあと、お子さまがどのような行動をとるかによって、縁起がよいとされる事柄が異なります。お子さまが一升餅を背負って立ち上がったり歩いたりできれば、「立身出世」の意味となり、とても縁起がよいとされているのです。

一升餅を背負ったあとに立てない場合は、「家を継ぐ」とみなされ、喜ばしいことだといわれています。また、転んでしまった場合は、「厄が落ちる」ということで縁起がよいのです。お子さまが歩けても歩けなくても、一升餅のイベント自体が縁起のよいものだと覚えておきましょう。

1歳の誕生日は一升餅のお祝い以外に何をする?

1歳の誕生日は一升餅のお祝い以外に何をする?

1歳のお誕生日には、一升餅以外にもさまざまなイベントがあります。お子さまのお誕生日に「どのようなお祝いをしたらよいのだろう」と頭を悩ませているママパパは、ここで紹介するお祝い方法を参考にしてみてください。

食事会

お子さまの1歳のお誕生日に、食事会を開くご家庭も多いでしょう。お祝いの食事を用意する場合は、手作りやデリバリー、外食などのさまざまな方法があります。最近では、お誕生日用のメニューが用意されているお店もあるため、レストランで特別感を感じながらお祝いしてみてもよいでしょう。

1歳頃であれば、まだ離乳食を食べているお子さまもいます。赤ちゃん用のケーキを注文したり、お子さまが食べることのできる食材で手作りしたりなど、使用する食材に注意するよう心がけましょう。

選び取り

1歳のお誕生日に「選び取り」をするご家庭もあります。選び取りとは、いくつか並んだアイテムの中からお子さまが好きなものを選び、選んだアイテムで将来の職業を占う儀式です。並べるアイテムに決まりはありませんが、よく使われるアイテムとして以下のものがあります。

アイテム 意味
電卓 商売人に向いている
スプーン 料理人に向いている
筆(ふで) 芸術の才能がある
お金 お金持ちになる
定規 大きな家に住める
ハサミ 細かい作業が得意になる

実際にアイテムを用意するのが手間に感じる場合は、市販されている選び取り専用のカードを利用してみるのもおすすめです。

スマッシュケーキ

海外発祥の「スマッシュケーキ」にチャレンジしてみるのもよいでしょう。スマッシュケーキは、ケーキを用意してお子さまが手づかみで食べるイベントです。お子さまが豪快に食べる様子がかわいいと人気を集めています。

スマッシュケーキを用意する際は、お子さまが食べることのできる食材を選びましょう。また、テーブルやその周りが汚れるため、事前にシートを敷いておくのもポイントです。お子さまが夢中で食べる姿を撮影しておくと、後々、思い出を振り返るときに楽しめます。

手形・足形で成長を記念に残す

1歳になった記念として、お子さまの手形や足形を残しておくのもステキなアイデアです。お子さまの成長記録を残すアイテムにもなるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

台紙の素材にこだわったり、額に入れたりすれば、インテリアとしてお部屋に飾ることも可能です。手形や足形は、写真とは違ったカタチでお子さまの成長を思い出に残せます。

記念写真を撮る

お子さまの初めてのお誕生日は、ママパパにとっても一生の思い出です。大切な記念日を写真で見返せるよう、お誕生日には写真撮影がおすすめです。

パパやママがカメラマンになってお子さまの姿を撮影したり、フォトスタジオでの撮影でおしゃれな写真を残したりなど、写真を残す方法はたくさんあります。

ご家族全員で写真を撮りたい場合は、フォトスタジオを利用した撮影がおすすめです。お子さまの1歳の記念に、ご家族で記念写真撮影をしてみてはいかがでしょうか。

1歳の成長をスタジオアリスで写真に残そう!

1歳の成長をスタジオアリスで写真に残そう!

スタジオアリスでは、お子さまとママパパが快適に撮影できる環境をご用意しています。お子さまがかわいらしく着飾った姿を、ぜひ思い出に残してみましょう。ここからは、スタジオアリスの魅力を紹介いたします。

赤ちゃんのかわいさ引き立つ衣装もたくさん!

赤ちゃんのかわいさ引き立つ衣装もたくさん!

スタジオアリスでは、約500着の衣装をご用意しています。ママパパの好みの衣装、お子さまにぴったりの衣装などを見つけてステキな写真を残しましょう。

衣装のご利用は、何着でも無料です。そのため「衣装を1着に決められない……」と悩む必要はありません。いろいろな衣装に着替えて、かわいい写真をたくさんアルバムに収めてみましょう。

(参考:『スタジオアリス 衣装を探す』)

赤ちゃん撮影でプレゼントが選べるキャンペーンも

期間限定でお得なプレゼントをご用意している点も、スタジオアリスのアピールポイントです。

2万円以上ご購入いただいた方は、フレーム付きのプリント写真やデコレーションカードなどの中から、お好きなアイテムをお選びいただけます。

5万円以上ご購入の方は、四切りサイズのキャンバスプリントや六切りサイズのデザインフォトなどの中から、お好きなアイテムをひとつお選びください。プレゼントキャンペーンの中には、2022年6月30日までの期間限定品もあるため、お早めにご検討ください。 ※価格、内容は予告なしに変更になる場合があります。

(参考:『スタジオアリスの赤ちゃん撮影』)

誕生日が撮影日!成長をつづるバースデーフォトもおすすめ

誕生日が撮影日!成長をつづるバースデーフォトもおすすめ

お子さまの成長記録におすすめなのが、スタジオアリスのバースデーフォトです。スタジオアリスでは、年齢ごとに異なるセットをご用意しています。1歳のお誕生には、スイーツの世界観がかわいい「Dreaming Birthday」をテーマにした撮影が可能です。ドレスやタキシードを着用して、夢の世界に入り込んでみてはいかがでしょうか。

2歳になると、楽しくポップな雰囲気でお誕生日をお祝いできる「Enjoy Birthday」、3歳はちょっぴり大人っぽい雰囲気の「Donut Party」がテーマです。かわいらしい衣装と背景で成長記録を残せるため、特別な日を楽しむ方法としてぜひバースデーフォトをご検討ください。

(参考:『スタジオアリス バースデーフォト』)

まとめ

まとめ

一升餅は、1歳のお誕生日にする伝統行事です。約2キロの「一升餅」をお子さまに背負わせ、お子さまの動きによって縁起がよい事柄を判断します。

一升餅を背負った際、お子さまが座り込んでしまったり、転んでしまったりする場合もあるでしょう。しかし、いずれのアクションも縁起のよい意味が含まれているため、ご安心ください。

スタジオアリスでは、お子さまの初めてのお誕生日をステキな写真に残すお手伝いをしています。バースデーフォトを検討しているママパパは、ぜひスタジオアリスをご活用ください。撮影予約はWEBからが簡単です。

\WEB予約はコチラ/WEB撮影予約サービス

バースデーフォトコラム一覧

バースデーフォトの基礎知識



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる