百日祝い(お食い初め)の儀式の順番を徹底ガイド!地域の違いも解説|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

百日祝い(お食い初め)の儀式の順番を徹底ガイド!地域の違いも解説

vol.20百日祝い(お食い初め)の儀式の順番を徹底ガイド!地域の違いも解説

百日祝い(お食い初め)では、お祝い料理を用意して赤ちゃんに食べさせるまねをするのが伝統です。しかし、初めて百日祝い(お食い初め)をするご家族の中には、何をどんな順番で食べさせればよいのか分からず、不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、百日祝い(お食い初め)の儀式の進め方を解説します。基本的な流れや順番を把握しておけば、安心してお祝いできるでしょう。

目次
百日祝い(お食い初め)|儀式の基本と食べさせる順番
百日祝い(お食い初め)|関西と関東で順番が違う?
百日祝い(お食い初め)|もし順番を間違えたら?
百日祝い(お食い初め)|必要な食器類と並べ方
百日祝い(お食い初め)|準備は料理以外にも!
百日祝い(お食い初め)の基礎知識をおさらい
スタジオアリスで百日祝い(お食い初め)写真を残そう
まとめ

百日祝い(お食い初め)|儀式の基本と食べさせる順番

百日祝い(お食い初め)|儀式の基本と食べさせる順番

百日祝い(お食い初め)の儀式の進め方には地域の風習によって差が出ることもあり、絶対的な決まりはないとされています。ここでは、一般的な例や基礎知識をまとめました。おおまかな流れを把握しておきましょう。

料理の種類

まずは、百日祝い(お食い初め)で用意する料理の例を紹介します。百日祝い(お食い初め)の献立は、昔ながらの「一汁三菜」が基本となっており、「ご飯」「魚」「煮物」「汁物」「香の物」から構成されるのが主流です。

【ご飯】(赤飯)……赤色には魔よけや厄払いの力があるとされ「災いを避けて健やかに成長しますように」という意味が込められている

【魚】(尾頭付きの鯛)……「めでたい(鯛)」の語呂合わせや、赤い皮と白い身で見た目が紅白を表していることから縁起が良いとされている

【煮物】……穴から先(将来)を見通せるレンコンや、まっすぐ力強く育つタケノコなど縁起の良い食材を使う

【汁物】(お吸い物)……「吸う力が強くなってすくすく育つように」という意味が込められている

【香の物】……「タコ=多幸(たこう)」とかけたタコの酢漬けや、ニンジンとダイコンを酢であえた紅白なますなどを用意する

食べさせる人

昔は長寿にあやかる意味を込めて、身内で最年長の「養い親」となる方が食べさせるまねをするのが一般的でした。養い親は赤ちゃんが男の子なら男性に、女の子なら女性にお願いします。

しかし最近は、養い親に限らず、祖父母やママパパが自由に食べさせ役を担うケースが増えているようです。みんなで順番に食べさせるまねをしても問題ありません。

食べさせる順番

一例としては「ご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯→汁物」を1サイクルとして、合計3回繰り返す方法があります。ただし、必ずしもこの順番にこだわる必要はありません。赤ちゃんはまだ料理を食べられないため、実際には口元までお箸を近づけて食べさせるまねをするだけです。

  • 【食べさせる順番の例】
  • 1.ご飯
  • 2.汁物
  • 3.ご飯
  • 4.魚
  • 5.ご飯
  • 6.汁物
  • 1~6を1サイクルとして合計3回繰り返す

歯固めの儀式

食べさせるまねが終わったら、最後に歯固めの儀式をします。儀式の手順はとてもシンプルです。

お箸で歯固め石に軽く触れ、そのお箸を赤ちゃんの歯茎にやさしく当てて「石のように丈夫な歯が生えますように」と願いを込めます。歯固め石を直接歯茎に当てたりかませたりする方法もありますが、誤飲や口元を傷付ける恐れがあるため、お箸を通して間接的に触れるのが安心です。

百日祝い(お食い初め)|関西と関東で順番が違う?

百日祝い(お食い初め)|関西と関東で順番が違う?

食べさせるまねの順番や用意する料理の種類には、その土地によって違いがあるため、柔軟に対応することが大切です。ここからは、地域によって異なるポイントの一例を紹介します。参考として確認しておきましょう。

順番は地域やご家庭よって差がある

「ご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯→汁物」を1サイクルとして合計3回繰り返す地域もあれば、1サイクル終えた後の2回目・3回目に「ご飯→汁物→ご飯→煮物(または香の物)→ご飯→汁物」とおかずを変えて食べさせる地域もあります。お住まいの地域ならではの風習があるか、百日祝い(お食い初め)に参加するご家族に確認してみましょう。

用意するものが違う場合も

関西では、尾頭付きの鯛ではなくホウボウを用意することがあります。ホウボウは、鯛と同じように縁起の良い赤い見た目をした魚です。

また関西には、タコを使って歯固めの儀式をする風習もあります。「食べることに、困らないように」の頭文字が「た」と「こ」であることや、「タコ=多幸(たこう)」という縁起の良い語呂合わせからタコが用いられるようになったそうです。「固いタコをかみ切れるような丈夫な歯が生えますように」という意味も込められています。

百日祝い(お食い初め)|もし順番を間違えたら?

食べさせるまねの順番を間違えたとしても問題はありません。一番大切なことは赤ちゃんの成長を願う気持ちですから、あまり形式にとらわれすぎず、みんなで楽しみながら行いましょう。

また、途中で赤ちゃんのご機嫌が悪くなった場合は、一度中断して泣きやんだら再開するなど、無理をせず臨機応変に対応することが大切です。

百日祝い(お食い初め)|必要な食器類と並べ方

百日祝い(お食い初め)|必要な食器類と並べ方

百日祝い(お食い初め)は歴史ある行事のため、「きちんとした食器を用意しないといけないのかな」「食器の置き方にルールはあるのかな」と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。ここでは、食器の選び方や並べ方の例を紹介します。

用意する食器の種類や並べ方について、絶対的な決まりはありませんが、基本の考え方を理解しておくことが大切です。

食器とお箸の種類

男の子と女の子で食器の色やお膳の高さを変えるのが正式なスタイルです。男の子は内側・外側ともに朱色の漆器を、女の子は外側が黒色・内側が朱色の漆器を使います。

また、女の子用のお膳の脚は、男の子用より高くなっているのが特徴です。最近は実用性を重視して、正式なものではなく、儀式の後にも普段使いできるベビー用の食器セットを選ぶご家族も増えています。

お箸はお正月やその他のお祝い行事にも登場する「祝い箸」を用意しましょう。祝い箸は縁起の良い「末広がりの八寸(約24cm)」で、両先端が細くなっていることから「両口箸」とも呼ばれます。

食器類の並べ方

百日祝い(お食い初め)で使用する器は「飯椀(ご飯)」「汁椀(汁物)」「平皿(魚)」「平椀(煮物)」「つぼ椀(香の物)」「高杯(歯固め石や梅干し、タコなど)」の6種類です。以下に並べ方の例をまとめました。食器類の並べ方にも地域差があるため、ここではあくまで一例として基本的な並べ方を紹介します。

  • 【並べ方の例】
  • ・「飯椀」……向かって左下
  • ・「汁椀」……向かって右下
  • ・「平椀」……左奥(飯椀の上)
  • ・「つぼ椀」……右奥(汁椀の上)
  • ・「高杯」……4枚の器の中央
  • ・「平皿」……5枚の器の外側

百日祝い(お食い初め)|準備は料理以外にも!

百日祝い(お食い初め)|準備は料理以外にも!

百日祝い(お食い初め)は、料理以外にも準備しておきたいことがいくつかあります。ここでは、あらかじめ用意するものや事前に考えておくことを紹介します。ステキな百日祝い(お食い初め)の思い出を作るために、ひとつひとつ確認していきましょう。

1.歯固め石を手に入れよう

歯固め石は、お宮参りの際、神社やお寺でご祈祷を受けた後に記念品として授かることがあります。いただけない場合、参拝先が禁じていなければ、境内にある石を持ち帰えったり、家の近くの河原で好きな石を探したりするのも入手方法のひとつです。

ネットではきれいに磨かれた歯固めの儀式専用の石が販売されています。お祝い料理や食器と歯固め石が一式セットになった商品もあり、非常に便利です。いずれの場合も、儀式を始める前にきれいに洗浄し、煮沸消毒しておきましょう。

2.お子さまに何を着せるか決めよう

百日祝い(お食い初め)と同時に執り行われてきた儀式として、赤ちゃんに初めて色の付いた着物を着せる「お色直し式」というものがあります。このことから、百日祝い(お食い初め)には、母方の実家から贈られた「色付きの小紬」を着せるのが伝統的な習わしとされてきました。

しかし最近は、和装にこだわらないご家庭が増えており、自由にお気に入りの服を着せる傾向にあります。せっかくの記念日には、よそ行き風のベビー服でおめかしさせてあげるのがおすすめです。華やかなベビードレスやタキシード風のロンパース、または袴風ロンパースや甚平といった、特別感のある服を選んでみましょう。

3.記念写真の撮り方を考えよう

お子さまにとって一生に一度だけの大事な百日祝い(お食い初め)には、記念写真撮影が欠かせません。食べさせるまねや歯固めの儀式をする様子を撮影するだけでなく、フォトスタジオで本格的な記念写真を残してはいかがでしょうか。

フォトスタジオには豪華な衣装や撮影セットが用意されていることが多く、お子さまのかわいさを最大限に引き出したベストショットを撮ってもらえます。ご家族の誰かがカメラマンになることなく、全員が写ったステキな集合写真を撮れるのも魅力です。フォトスタジオを利用する場合は早めに予約を済ませましょう。

百日祝い(お食い初め)の基礎知識をおさらい

百日祝い(お食い初め)の基礎知識をおさらい

ここでは「いつ実施するのか」「誰を招待してどこで開くのか」といった百日祝い(お食い初め)の基礎知識をまとめて解説します。初めての百日祝い(お食い初め)には、疑問や不安が出てくるものです。今さら聞けないことを改めておさらいしておきましょう。

いつ実施する?

百日祝い(お食い初め)は、生後100日前後に行うのが一般的です。ただし、明確な決まりはなく、地域によって110日目や120日目など差があります。赤ちゃんの体調やご家族の予定を考慮し、無理せずお祝いできるタイミングを見計らいましょう。

誰が参加する?

一般的には、赤ちゃんとママパパ、祖父母で行うことが多いようです。しかし、住む場所が離れていたり予定が合わなかったりと、都合がつかない場合もあるでしょう。

「誰を何人招待する」という決まりはないため、例えば赤ちゃんとママパパだけで行う、片方の祖父母だけが参加するなど、ご家族に合ったスタイルで構いません。参加できなかった方には、百日祝い(お食い初め)の写真を送る、別日に食事の機会を作るなどの配慮をすると喜ばれます。

どこで開催する?

百日祝い(お食い初め)の食事会は、料亭やレストランなどで外食する場合と、自宅で開く場合があります。料亭やレストランなどを利用すれば、準備の手間がかからず気軽にお祝いできるでしょう。しかし、赤ちゃんのご機嫌が悪くなると、周囲の目が気になる場合もあります。

一方、自宅での食事会は、慣れた環境でゆっくり楽しめるのがポイントです。お祝い料理の準備が大変だと感じる場合は、仕出しを頼んだり、調理不要のお食い初めセットを通販で注文したりするのもよいでしょう。

スタジオアリスで百日祝い(お食い初め)写真を残そう

スタジオアリスで百日祝い(お食い初め)写真を残そう

赤ちゃんとの生活は毎日がシャッターチャンス。特に節目となるお祝いごとには、しっかりと記念写真を残しておきたいものです。フォトスタジオでハイクオリティな写真を撮り、お子さまの成長を美しく記録しましょう。ここからは、長きにわたってたくさんのお子さまとご家族の笑顔を撮り続けてきた、スタジオアリスの魅力を詳しく解説します。

着物や着ぐるみなどかわいすぎる衣装が盛りだくさん

スタジオアリスでは、目移りするほどの豊富な衣装をご用意しています。百日祝い(お食い初め)にぴったりの伝統的な和装から、ドレス・タキシード、桃太郎、金太郎、乙姫、動物の着ぐるみまで、思わず笑顔になってしまうようなかわいらしい衣装が勢揃いです。

何着お着替えしても衣装代はかかりませんので、お気に入りのアイテムを好きなだけお選びいただけます。

(参考:『衣装をさがす』)

ポケモン・ディズニー・ミッフィーに囲まれて撮影!

ポケモン・ディズニー・ミッフィーに囲まれて撮影!

大人気キャラクターたちと一緒に、スペシャルな写真が残せるのもスタジオアリスの魅力です。

ポケモンキャラクターの着ぐるみを着た、なりきり撮影や、ミッキー&ミニー、くまのプーさん、ミッフィーたちの世界に入り込んだ写真を撮影できるメニューもご用意しています。百日祝い(お食い初め)の記念には、スタジオアリスだからこそできるワクワクの体験をお楽しみください。

(参考:『ポケモン撮影』)

(参考:『ディズニーキャラクター撮影』)

(参考:『ディック・ブルーナの世界』)

成長が一目で分かる!赤ちゃん撮影におすすめの商品も

成長が一目で分かる!赤ちゃん撮影におすすめの商品も

スタジオアリスでは、赤ちゃん撮影に適したステキな商品を取り揃えております。「フォトパネブロック〈ファーストイヤー〉」は、0歳~1歳までの赤ちゃんの記念写真をご来店ごとに追加していただける人気アイテムです。

写真と一緒に足形も残せるのがうれしいポイント。大きくなった足形を重ねてお子さまの成長過程を記録できます。かけがえのない一瞬一瞬をカタチに残し、一生の宝ものを作りませんか。

(参考:『フォトパネブロック〈ファーストイヤー〉【3個タイプ】』)

まとめ

まとめ

お食い初めには伝統的な順番や作法がありますが、形式にとらわれすぎる必要はありません。最も大切なことは、生後百日を迎えた赤ちゃんをお祝いする気持ち。一般的な流れを把握しつつ、地域の風習や赤ちゃんのコンディションに合わせて柔軟に対応しましょう。

百日祝い(お食い初め)はお子さまの記念日であり、ご家族の歴史を写真に刻む機会にもなります。スタジオアリスは安心の撮影環境と充実のサービスをご用意し、最高の思い出作りをお手伝いいたしますので、記念写真撮影をお考えの方はぜひご利用ください。ご予約は「WEB撮影予約サービス」からが便利です。

INDEX



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる