百日祝い(お食い初め)|歯固め石とは?入手方法や使い方・代用品も|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

百日祝い(お食い初め)|歯固め石とは?入手方法や使い方・代用品も

vol.19百日祝い(お食い初め)|歯固め石とは?入手方法や使い方・代用品も

百日祝い(お食い初め)では、みんなでお祝い料理を囲みながら赤ちゃんに食べさせるまねをした後に、歯固め石を使って「歯固めの儀式」をするのが伝統です。初めて百日祝い(お食い初め)をするママパパの中には「歯固め石にはどんな意味があるのだろう」「どうやって用意するのだろう」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、歯固め石を使う意味や入手方法、儀式の流れをまとめて解説します。あわせて代用品も紹介しており、理解が深まる内容です。歯固め石の準備が難しい場合は、状況に合わせて用意しやすいものを選びましょう。

目次
百日祝い(お食い初め)|歯固め石の意味って?
百日祝い(お食い初め)|石はどうやって用意する?
百日祝い(お食い初め)|石はどんな形?いくつ必要?
百日祝い(お食い初め)|使い終わった石はどうする?
百日祝い(お食い初め)|儀式での石の使い方は?
百日祝い(お食い初め)|石がないときの代用品は?
百日祝い(お食い初め)|石以外に用意するものは?
百日祝い(お食い初め)では記念写真撮影が欠かせない
スタジオアリスで百日祝い(お食い初め)の思い出作り
まとめ

百日祝い(お食い初め)|歯固め石の意味って?

百日祝い(お食い初め)|歯固め石の意味って?

歯固め石とは、歯固めの儀式で使用する小石のことです。「年齢」の「齢」の字に「歯」が入っているように、昔から歯は人の成長や寿命と関係があると考えられてきました。

もともとは、平安時代のお正月に宮中で執り行われていた、鏡餅など硬いものを食べて長寿を願う儀式が歯固めの始まりだそうです。そこから赤ちゃんの歯が生え始める時期に「石のように丈夫な歯が生えて、健康で長生きしますように」という願いを込めて、石を使って儀式をするようになったといわれています。

百日祝い(お食い初め)|石はどうやって用意する?

百日祝い(お食い初め)|石はどうやって用意する?

歯固め石を手に入れる方法はいくつかあります。ママパパが近くで拾ってきてもよいですし、きれいに磨かれた歯固めの儀式専用の石を購入するのもおすすめです。ここでは、歯固め石の準備の仕方や入手する際のポイントを詳しく紹介します。

神社からいただく

生後1ヵ月頃、お宮参りで神社を訪れた際に、ご祈祷の記念品として歯固め石をいただくことがあります。いただけなかった場合は境内にある小石の中から好きなものを選び、お借りすることも可能です。百日祝い(お食い初め)が終わったら、感謝の気持ちを込めてお返ししましょう。

河原で探す

自宅の近くに河原がある場合は、そちらで歯固めの儀式に使える石を探すのもひとつの方法です。できるだけ人が踏まない場所にある、きれいな石を選びましょう。上流よりも下流のほうが、角が取れて丸くなったちょうどよいサイズの小石が見つかりやすいかもしれません。

通販で購入する

ネット通販サイトでは、歯固めの儀式専用の石が販売されています。お食い初め用の食器やお祝い料理など必要なものがセットになった商品に、歯固め石が付属していることもあるでしょう。専用のケースや巾着袋など、歯固め石を保管しておける入れ物が付いてくる場合もあり便利です。

百日祝い(お食い初め)|石はどんな形?いくつ必要?

百日祝い(お食い初め)の歯固めの儀式では「黒」「赤」「白」の3種類の石を使うのが正式な方法とされています。

しかし、地域によっても違いがあり、現在は個数や色にこだわる方はあまり多くありません。神社や河原で拾う場合は、小さめ(直径2cm~3cm程度)の角がなく、つるっとした石を探し、1個~2個ほど持ち帰るとよいでしょう。

百日祝い(お食い初め)|使い終わった石はどうする?

神社の境内や河原など家の近くで拾ってきた場合は、百日祝い(お食い初め)が済んだらきれいに洗って元の場所に戻しましょう。市販の歯固め石を購入した場合は、記念としてお子さまが大きくなるまで残しておくのもおすすめです。間違って捨ててしまわないように、付属の専用ケースに入れたり、へその緒と一緒に保管したりしましょう。

百日祝い(お食い初め)|儀式での石の使い方は?

百日祝い(お食い初め)|儀式での石の使い方は?

歯固め石は赤ちゃんのお膳と一緒に並べます。「将来食べるものに困りませんように」と願いを込めて赤ちゃんに料理を食べさせるまねをした後に、歯固めの儀式をしましょう。ここでは、歯固めの儀式で石をどのように使うか、詳しく解説します。

石を使う前に煮沸消毒しよう

歯固め石は小さな赤ちゃんに触れるものです。衛生的に使えるように、あらかじめきれいに洗浄し、80度以上のお湯に10分以上浸けて煮沸消毒しましょう。

磨いて加工された市販の歯固め石であっても、除菌処理はほどこされていないケースが多いため、煮沸消毒が必要です。除菌ができたら、しっかり乾燥させてお膳に並べます。

「歯固めの儀式」の流れ

まずは、お箸で歯固め石に触れます。次に「石のように丈夫な歯が生えて、健康で長生きしますように」と願いを込めながら、歯固め石に触れたお箸を赤ちゃんの歯茎にやさしく当てましょう。赤ちゃんの歯茎に直接歯固め石を当てると、口元を傷つけたり誤飲につながったりする恐れがあるため、お箸で間接的にちょんちょんと触れる程度が安心です。

百日祝い(お食い初め)|石がないときの代用品は?

百日祝い(お食い初め)|石がないときの代用品は?

地域によっては石以外のものを使って歯固めの儀式をするケースもあります。また、歯固め石が用意できない場合も、代用品でお祝いしましょう。ここでは、歯固め石の代わりになる食材やアイテムを7つ紹介します。

代用品1.黒豆

縁起の良い食材としておせち料理にも欠かせない存在の黒豆には「まめ(豆)に働けて、いつまでも元気に暮らせるように」という願いが込められているといわれています。関東では「シワが寄るまで長生きできるように」という意味で、あえて黒豆の表面にシワが寄るように煮込むことがあるそうです。

代用品2.梅干し

梅干しはシワが寄っていることや、梅の木の寿命が長いことから、不老長寿を象徴する縁起物として親しまれてきました。また「梅」の旧字体には「母」が含まれており、読み方も「うむ(産む)」と聞こえるため、子孫繁栄の意味もあるといわれています。

代用品3.タコ

「タコがかみ切れるほど丈夫な歯が生えますように」という意味があり、主に関西・四国地方で用いられています。「タコ=多幸(たこう)」のごろ合わせや「食べることに、困りませんように」の頭文字が「た」と「こ」であることも、タコが縁起の良い食材と考えられている理由です。

代用品4.くるみ・栗

くるみや栗は硬い殻や皮で覆われていることから「硬いものも噛める丈夫な歯が生えますように」という意味を込めて歯固めの儀式に用いられるようです。くるみは「硬い殻が家庭を守って家庭円満になる」、栗は「搗(かち)栗(乾燥させて臼でついたもの)」が「勝つ」に通じるとして、どちらも縁起を担ぐ食材といわれています。

代用品5.アワビ

高級食材で知られるアワビも歯ごたえがあり、丈夫な歯が生えるよう願掛けする儀式に適しています。アワビは15年~20年ほど生きることから、不老長寿の象徴とされてきました。歯固めの儀式には主に岩手県で使われることが多いようです。

代用品6.紅白餅

おめでたい色をした紅白餅は、お祝いごとに欠かせない縁起物です。餅とかけて「もちがよい」として、長寿を連想させるともいわれてきました。赤ちゃんの健やかな成長と長生きを願う百日祝い(お食い初め)にぴったりの食べ物です。

代用品7.碁石

囲碁を打つのに使う碁石も、歯固め石の代用品になります。表面がつるつるしていて、形状やサイズもちょうどよいでしょう。碁石を使う場合は、儀式をする前に洗浄・消毒をほどこし、しっかりと乾かしてからお膳に並べます。

百日祝い(お食い初め)|石以外に用意するものは?

百日祝い(お食い初め)|石以外に用意するものは?

自宅で百日祝い(お食い初め)をする場合は、歯固め石以外にもお食い初め用食器やお祝い料理などを用意することになります。ここでは、前もって準備しておくアイテムやお祝い料理の内容をひとつずつ確認していきましょう。

お食い初め用食器

正式には、漆器や素焼きの食器を使います。地域によって差はありますが、男の子には脚の低いお膳に内側・外側ともに朱色の食器を並べ、女の子には脚の高いお膳に内側が朱色で外側が黒色の食器を準備するのが伝統的なスタイルです。昔は、男の子はあぐらをかいて女の子は正座で食事をしていたため、お膳の高さが異なるといわれています。

最近は、伝統的な食器は購入せず、百日祝い(お食い初め)の後にも普段使いできる離乳食用食器のセットを用意するご家族も増えてきました。古くからのしきたりか実用性のどちらを重視するかで選びましょう。

祝い箸

百日祝い(お食い初め)は初めてお箸を使うことから「箸初め」「箸揃え」と呼ばれることもあります。お子さまの大切な記念日には、お正月や婚礼の食事でも使用する、お祝いごとにふさわしい祝い箸を準備しましょう。

祝い箸は両先端が細くなったお箸で、縁起の良い末広がりの「八」にちなんで八寸(約24cm)で作られているのが特徴です。時期にもよりますが、スーパーや百貨店、お箸の専門店、100円ショップなど、さまざまな場所で販売されています。

お祝い料理

百日祝い(お食い初め)では、昔ながらの「一汁三菜(主食のご飯に汁物・主菜1品・副菜2品を組み合わせる)」を基本とした料理を用意します。メニューの例を以下にまとめました。

【ご飯】赤飯……赤色には邪気払いや魔よけの力があると信じられてきた
【汁物】お吸い物……「吸う(お乳を飲む)」力が強くなるとされている
【主菜】鯛……頭から尾まである尾頭付きの鯛は「最初から最後までまっとうする」ことから長寿の象徴と考えられている
【副菜】煮物……「真っすぐ育つ」タケノコや「穴から将来が見通せる」レンコンなど縁起の良い食材を入れる
【副菜】酢の物や香の物……紅白なますやタコの酢の物、梅干しなどが代表的

百日祝い(お食い初め)では記念写真撮影が欠かせない

料理や歯固め石を用意してお祝いしたら、記念写真を撮ってお子さまの今この瞬間の姿を記録しておきましょう。お子さまはあっという間に大きくなります。百日祝い(お食い初め)をはじめ、成長の節目のお祝いごとには、しっかりと思い出を形に残しておくことが大切です。

自宅でお祝いする様子を撮るだけではなく、フォトスタジオを利用して本格的な写真を残してみるのはいかがでしょうか。プロのカメラマンに依頼することで、赤ちゃんのとびきりかわいいベストショットを引き出してもらえ、ママパパが一緒に写った家族写真も残せます。

スタジオアリスで百日祝い(お食い初め)の思い出作り

スタジオアリスで百日祝い(お食い初め)の思い出作り

スタジオアリスでは、お子さまの大切な記念日を彩るすてきな衣装や豪華な撮影セットをご用意し、みなさまのお越しをお待ちしております。特別感あふれる美しい写真を残したい方は、ぜひスタジオアリスにおまかせください。ここでは、スタジオアリスがお客さまに選ばれる理由を紹介します。

最高にかわいい笑顔の写真が撮れる!

スタジオアリスのスタッフは、スタジオアリスアカデミーで研修を受けた笑顔のプロです。泣いている赤ちゃんも最高の笑顔にするテクニックを習得しています。一瞬の表情も逃さずベストショットを収めますのでご安心ください。

赤ちゃんだけでなく、ママパパも笑顔で過ごせるように、衛生面や安全面の配慮も徹底しています。明るく和やかな空気の店内で、リラックスしながら撮影をお楽しみいただけるでしょう。

(参考: 『百日祝い(お食い初め)』 )

赤ちゃんならではの愛らしい衣装がたくさん

赤ちゃんならではの愛らしい衣装がたくさん

スタジオアリスでは伝統的な和装をはじめ、ドレスやタキシード、ぺチパンツ、動物やポケモンの着ぐるみなど、さまざまなタイプの本格的な赤ちゃん用衣装を豊富に取りそろえています。衣装は何着着ても無料ですので、好きなだけお着替えをお楽しみください。お子さまの成長の節目には、最高にかわいい装いで特別感あふれる記念写真を残しませんか。

(参考: 『衣装を探す』 )

まとめ

まとめ

歯固め石には「石のように丈夫な歯が生えて、健康で長生きしますように」という願いが込められています。神社や河原で拾うか市販の歯固め石を購入し、儀式の前に煮沸消毒をして準備しておきましょう。歯固め石がない場合は、黒豆や梅干し、タコなどの縁起物で代用可能です。

百日祝い(お食い初め)の思い出は、記念写真撮影をして形に残しましょう。スタジオアリスには楽しく安心して撮影を楽しめる環境があり、お子さまのかわいさを引き出すすてきな衣装もご用意しています。特別な日の撮影には、ぜひスタジオアリスをご利用ください。お電話や店頭でのご予約はもちろん、WEBからの予約も可能です。

INDEX



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる