百日祝い(お食い初め)のやり方|料理は口につける?ママパパの疑問解消まとめ|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

百日祝い(お食い初め)のやり方|料理は口につける?ママパパの疑問解消まとめ

vol.24百日祝い(お食い初め)のやり方|料理は口につける?ママパパの疑問解消まとめ

日本では、赤ちゃんのお祝いとして百日祝い(お食い初め)をする伝統があります。百日祝い(お食い初め)では、料理や歯固めの石など事前に用意するものがあり、準備やお祝いの進め方について、よくわからないと感じているママパパも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、百日祝い(お食い初め)のやり方について詳しく紹介します。料理を口につけるのかなど、よくある疑問点をクリアにできる内容です。スムーズに準備を整えて、お祝いの日を迎えましょう。

目次
百日祝い(お食い初め)とは?
百日祝い(お食い初め)の料理
百日祝い(お食い初め)に必要な「歯固めの石」とは
百日祝い(お食い初め)の料理は口につける?正しいやり方
百日祝い(お食い初め)の気になる疑問を解決
百日祝い(お食い初め)の記念撮影はスタジオアリスで
まとめ

百日祝い(お食い初め)とは?

百日祝い(お食い初め)とは?

百日祝い(お食い初め)は、赤ちゃんにとって一生に一度のお祝いです。百日祝い(お食い初め)には地域特有の決まりがあり、呼び方も地域によって異なる場合があります。まずは由来やお祝いをする時期、場所などの基本的な情報を確認しておきましょう。

百日祝い(お食い初め)はどんな儀式?

百日祝い(お食い初め)は日本の伝統行事のひとつで、赤ちゃんの成長を祝い、これからの健やかな発育を願って行われる儀式です。赤ちゃんが生まれてから100日頃に「この先ずっと食べ物に困らないように」という願いを込めて、「お祝い膳」などの食事を食べさせるまねをします。

百日祝い(お食い初め)の由来

百日祝い(お食い初め)が始まったのは、平安時代といわれています。当時は、おかゆの上澄みに浸した餅を、赤ちゃんが口にするという儀式でした。この儀式は生後50日目に行われていたため、「五十日(いのか)」と呼びます。

鎌倉時代には、魚肉を食べさせる「真魚初め」(まなはじめ)の儀式へと移り変わりました。そして、江戸時代になり、現在の百日祝い(お食い初め)のやり方が定着していきます。

百日祝い(お食い初め)の別の呼び方

百日祝い(お食い初め)は、以下のように呼ばれる場合もあります。

  • ・真魚初め(まなはじめ)
  • ・箸祝い(はしいわい)
  • ・箸揃え(はしぞろえ)
  • ・お箸初め(おはしはじめ)
  • ・歯固め(はがため)

生まれて初めて魚肉を口にすることから「真魚初め」と呼んだり、箸を使うのが初めてであるため「箸祝い」「箸揃え」「お箸初め」と呼んだりする地域もあるようです。

また、生後100日頃は乳歯が生えてくる時期でもあります。百日祝い(お食い初め)では「丈夫な歯が生えるように」という願いを込め、儀式の中で歯固めの石を用いることから、「歯固め」と呼ぶ場合もあるようです。

百日祝い(お食い初め)の時期

百日祝い(お食い初め)は、生後100日を目安に行うのが習わしです。ただし、地域によっては、目安となる時期が異なる場合もあるでしょう。生後110日頃や120日頃にお祝いする地域もあります。

百日祝い(お食い初め)は、「ぴったり100日目でなければNG」というわけではありません。時期はあくまで目安で、お宮参りと同じ時期に行うご家庭もあります。

百日祝い(お食い初め)の場所

百日祝い(お食い初め)をする場所に関して、特別な決まりはありません。料理や食器を準備してご自宅でお祝いをしてもよいですし、ホテルや料亭でお祝いをするという選択もあります。

それぞれにメリットがあり、招待する方の数や都合に応じてお祝いする場所を決めましょう。祖父母や親戚を招く場合は、レストランや料亭で行うケースも多いようです。

百日祝い(お食い初め)の料理

百日祝い(お食い初め)の料理

百日祝い(お食い初め)では、縁起のよい料理を用意します。古くから縁起物として伝わる料理には、赤ちゃんの健やかな成長と幸福を願う意味が込められていますから、ぜひ意味を理解して準備しましょう。ここでは、百日祝い(お食い初め)の基本の料理や、使われる食材について紹介します。

お祝い膳は一汁三菜が基本

百日祝い(お食い初め)には、めでたい席の食事とされる「一汁三菜」のお祝い膳を用意します。日本の伝統的な食文化ともいわれている一汁三菜は、汁もの1品とメインのおかずを1品、副菜や副々菜2品を組み合わせた献立です。

地域によって百日祝い(お食い初め)に用いるお祝い膳の内容は異なるものの、それぞれ縁起のよいとされる食材を用意するのが基本です。

百日祝い(お食い初め)でよく使用される食材

百日祝い(お食い初め)で使用されることの多い食材について、以下にまとめました。

・タイ
「めでたい」を連想させる縁起物です。尾頭付きの塩焼き、煮付け、潮汁(うしおじる)などに用います。

・梅干し
「しわ」のある見た目が老齢を連想させるため、長寿を願って用いる食材です。歯固めの石と同じ食器(腰高)に盛り付けたり、平椀にのせたりします。

・エビ
長寿を願う縁起物です。腰を曲げた姿が老齢を連想させるため、「腰や背中が曲がるまで健康に生きられるように」という意味があります。

・はまぐり
災厄や邪気をはらう縁起物です。 一対2枚の貝であるため、「夫婦和合」や「貞操を守る」などの意味もあります。お吸い物に用いる場合が多いでしょう。

・豆
「まめに働く」の語呂合わせが、「健康」「無病息災」「豊か」などのよいイメージを連想させることから、縁起がよい食材として知られています。豆の炊き込みご飯や煮物などに使われます。

・昆布
「喜ぶ」という語呂合わせから、縁起を担ぐ食材です。よい運をつかむように、子宝に恵まれるように、などの意味もあります。

・タコ
「多幸(たこう)」という当て字から、縁起物とされている食材です。煮たりゆでたりしたタコをつぼ椀にのせます。酢の物として用いる場合もあるでしょう。

・栗
「勝ち栗(蒸した栗を臼でついた保存食)」にも代表されるように、古くから縁起物として用いられています。「幸運が巡るように」などの意味をもつ食材です。

百日祝い(お食い初め)の献立例

百日祝い(お食い初め)の献立は地域によって違いますが、正式なメニューとしては、以下のような献立例が挙げられます。

  • ・お赤飯
  • ・タイの塩焼き(尾頭付き)
  • ・はまぐりのお吸い物
  • ・旬の食材を使った煮物
  • ・香の物や酢の物
  • ・歯固めの石

百日祝い(お食い初め)の献立に、厳密なルールがあるわけではありません。主食を「鯛めし」にしたり、「潮汁」を献立に加えたりなど、ご家族がおいしくいただけるメニューに変更してもよいでしょう。

お膳の食器の使い方・並べ方

百日祝い(お食い初め)で用いられる食器は以下のような種類があります。盛り付ける料理、並べる位置とあわせて確認しておきましょう。

食器の名称 盛り付ける料理 並べる位置
飯椀(めしわん) ご飯 左手前
汁椀(しるわん) 汁もの 右手前
平椀(ひらわん) 煮物・焼き魚 左奥
つぼ椀(つぼわん) 酢の物・あえ物 右奥
高坏(たかつき) 歯固めの石・梅干し 中央

盛り付ける食器の位置が変わる場合もありますが、平椀には温かい料理、つぼ椀には冷たい料理を盛り付けるのが基本です。

百日祝い(お食い初め)に必要な「歯固めの石」とは

百日祝い(お食い初め)に必要な「歯固めの石」とは

百日祝い(お食い初め)では、丈夫な歯が生えますようにという願いを込めて「歯固めの儀式」を行います。そこで必要となるのが、歯固めの石です。用意する石の形状に明確な基準はありませんが、丸い小石がよいといわれています。ここでは、石を準備する方法について確認しておきましょう。代用できるものや食材についても紹介します。

歯固めの石の入手方法

歯固めの石の入手方法は、神社などで授かったり、河原から拾ったり、オンラインショップで購入したりとさまざまです。

・お宮参りで訪れた神社などで入手するとき
参拝先が禁止していなければ、境内から石を拾って持ち帰ります。儀式が終わったあとに、元の場所に戻しましょう。

・河原で拾う場合
形の整ったきれいな石を選びましょう。事前に煮沸消毒しておくと、儀式の際も安心です。

・ネットショップで購入する
お祝い膳を注文すると、歯固めの石がついてくるケースもあります。

地域によっては石以外を使用することも

歯固めの石の代わりに、以下のものや食材を使う地域もあります。

  • ・タコ
  • ・アワビ
  • ・栗(実)
  • ・碁石
  • ・紅白餅

関西では「タコ」を代用するケースが多いようです。また、岩手県では、歯固めの石の代わりに「アワビ」を用いる地域もあります。見た目が似ているという理由から「碁石」を使ったり、縁起のよい食材である「紅白餅」を使用したりする地域も。お住まいの地域の風習を調べておくと、準備がスムーズです。

百日祝い(お食い初め)の料理は口につける?正しいやり方

百日祝い(お食い初め)の料理は口につける?正しいやり方

百日祝い(お食い初め)の準備が整ったら、次は儀式のやり方を把握しておきましょう。ここでは、食べさせるまねをする人や、順番について解説します。祖父母を招待する場合や、ママパパのみでお祝いする場合のやり方もチェックしておきましょう。

百日祝い(お食い初め)のやり方

百日祝い(お食い初め)をするときは、はじめに養い親(やしないおや)を決めましょう。なお、集まった身内の中で最も年上で、赤ちゃんと同性の方が務めるのが伝統的なスタイルです。

養い親は、まず、赤ちゃんを膝の上にのせ、箸を使ってお祝い膳を食べさせるまねをします。歯固めの儀式も同じように、箸の先を歯固め石に軽くあて、その箸で赤ちゃんの歯茎に触れます。赤ちゃんの歯がしっかりと育つよう、願いを込めて行いましょう。

赤ちゃんの口につける?つけない?

養い親は、あくまで食べさせるまねをするだけであり、赤ちゃんに本当に食事を与えるわけではありません。料理に触れた箸を、優しく赤ちゃんの唇にあてるだけです。

料理によっては、赤ちゃんのアレルギー反応が心配な場合もあるでしょう。そのようなときは、赤ちゃんの唇には触れず、食べさせるまねだけにとどめておきましょう。

食べさせる順番

一般的に、「ご飯」→「汁もの」→「ご飯」→「魚」→「ご飯」→「汁もの」の順番でお祝い膳を食べさせるまねをします。また、食べさせるまねは3回繰り返すのが一般的とされていて、全部で18回、料理に箸をつけて赤ちゃんの口元にあてましょう。

上記の流れで進める場合、副菜は使わないことになりますが、副菜を食べさせるまねをしても構いません。副菜を含める場合は、「ご飯」→「煮物」→「ご飯」→「汁もの」→「ご飯」→「香の物」→「ご飯」→「汁もの」の順番になります。

食べさせるまねをする人は誰?

料理を食べさせるまねをするのは、養い親です。「長寿にあやかる」という意味があるため、集まった方の中で最年長者であり、赤ちゃんと同性の方に頼むのが習わしとされてきました。

例えば、ママパパと祖父母でお祝いをする場合、赤ちゃんが女の子の場合は祖母が、男の子の場合は祖父が養い親を務めます。ママパパだけで行う場合は、どちらかが養い親となり食べさせるまねをして構いません。

百日祝い(お食い初め)の気になる疑問を解決

百日祝い(お食い初め)の気になる疑問を解決

百日祝い(お食い初め)が初めてのママパパは、慣れない儀式にさまざまな疑問が生まれるのではないでしょうか。ここでは、ママパパの気になる疑問にお答えします。儀式を間違えた場合の対応方法や、百日祝い(お食い初め)を簡単に済ませる方法など、知っておくと役立つ情報を見ていきましょう。

食べさせる順番を間違えた場合は?

赤ちゃんにお祝い膳を食べさせるまねをする際に、順番を間違えてしまう場合もあるでしょう。順番を間違えたときには、間違えたところがわかるのであれば、その部分からやり直しても構いません。また、仕切り直して最初から始めてもOKです。

百日祝い(お食い初め)は、なによりご家族が楽しくお祝いすることが第一。「この手順でなければダメ」と堅く考えすぎないようにしましょう。

儀式のあとのお祝い膳はどうすべき?

百日祝い(お食い初め)でするのは、あくまでも赤ちゃんに料理を食べさせるまねだけ。つまり、せっかく用意したお祝い膳が残ってしまうことになります。

お祝い膳は、儀式が済んだあとにご家族全員でいただきましょう。お祝い膳だけでは足りないと感じる場合は、招待する人数を考慮して食事を用意しておくとよいかもしれません。

お宮参りと一緒にお祝いしてもいい?

お宮参りと百日祝い(お食い初め)は、一緒にしても問題ありません。どちらも赤ちゃんのお祝い事ですから、一緒にすると祖父母などが集まりやすいというメリットがあります。食事会や交通費などの費用もカットできるでしょう。

お宮参りの時期である生後1カ月頃の赤ちゃんを外出させるのは不安、というママパパもいるかもしれません。赤ちゃんやママの体調を考慮して、お宮参りを百日祝い(お食い初め)のタイミングに合わせるのも選択肢のひとつです。

百日祝い(お食い初め)を簡単に済ませる方法が知りたい

お祝い膳の代表的な食材である「タイ」は、インターネットなどからも購入できます。下処理をして焼き上げ、きれいに飾られたタイを届けてくれるショップもありますので、調べて購入するのもおすすめです。そのほかにも、以下のような工夫で簡単に済ませられます。

  • ・紅白かまぼこを飾り切りする
  • ・切ってあえるだけの紅白なますを用意する
  • ・炊飯器でお赤飯を炊く
  • ・調理のいらない梅干しを用いる

また、お食い初めセットを購入すれば、これらの手間をかけずに準備できるでしょう。

百日祝い(お食い初め)の記念撮影はスタジオアリスで

百日祝い(お食い初め)の記念撮影はスタジオアリスで

百日祝い(お食い初め)は、古くから伝わる大切な儀式であり、成長を記録に残せる絶好のチャンスです。スタジオアリスで一生に一度のお祝いを写真に残しませんか。スタジオアリスでは、赤ちゃんやママパパ、ご家族が安心できる環境を整えております。

お祝い膳やご家族と一緒に思い出の写真を

お祝い膳やご家族と一緒に思い出の写真を

生後100日頃になると、赤ちゃんはさまざまなしぐさや表情を見せてくれるようになります。赤ちゃんの成長は早いもの。ごきょうだいやご家族も一緒に撮影して、わが家の「今」をたくさん撮っておきましょう。

スタジオアリスでは、百日祝い(お食い初め)の記念をステキな写真で残していただけるように、撮影用のお祝い膳や色とりどりの衣装をご用意してお待ちしております。

(参考:『スタジオアリス 百日祝い(お食い初め)』)

初めての撮影でも安心!赤ちゃんとママに配慮した環境

スタジオアリスは、ベビーベッドや授乳室を設備していますので、赤ちゃんの撮影も安心です。おむつ換えや授乳が済んで、赤ちゃんのご機嫌がよいときに撮影できるよう配慮しています。

また、スタッフの手指消毒をはじめ、撮影機材、撮影用小物などの消毒、スタジオの換気も徹底しており、感染症対策も万全です。赤ちゃん専用のイスもご用意していますので、安心して撮影に臨んでいただけます。

(参考:『スタジオアリスの赤ちゃん撮影』)

ピカチュウ・ポッチャマになりきって撮影

ピカチュウ・ポッチャマになりきって撮影

ポケモンの世界観を楽しめるのも、スタジオアリスならではの魅力です。スタジオアリスでは、「ピカチュウ」や「ポッチャマ」など、ポケモンの人気キャラクターの着ぐるみをご用意しております。

百日祝い(お食い初め)はご家族にとって、大切な思い出になるお祝いです。この機会に大人気のキャラクターになりきって、ポケモンの世界に入り込んだ撮影をぜひ体験してください。

(参考:『スタジオアリス ポケモン撮影』)

まとめ

まとめ

百日祝い(お食い初め)は、赤ちゃんの健やかな発育と「これから食べ物に困らないように」という願いを込めて行う儀式です。歯固め石やお祝い膳を用意して、ご家族で温かくお祝いしましょう。

表情がますます豊かになってきた赤ちゃんの姿は、ぜひとも写真に残しておきたいもの。スタジオアリスでは、大切な記念日をステキな形で残せるよう、笑顔のプロが撮影を担当します。ご家族のみなさまに安心な環境を整えていますので、記念写真撮影は、ぜひスタジオアリスにお任せください。

INDEX



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる