【端午の節句はいつ?】飾り物や食べ物の意味を知ってお祝いしよう!|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

端午の節句・こどもの日の基礎知識

【端午の節句はいつ?】
飾り物や食べ物の意味を知ってお祝いしよう!

【端午の節句はいつ?】飾り物や食べ物の意味を知ってお祝いしよう!

「端午の節句」は男の子の成長をお祝いする節句のひとつです。国民の祝日である5月5日「こどもの日」と同じ日にちに設定されていますが、端午の節句はどのように始まった行事なのでしょうか。

そこでこの記事では、端午の節句に関して詳しく深掘りしていきます。由来やお飾りについて、当日食べるものやその意味、地域ごとの風習なども解説しますので、ぜひ端午の節句を迎える前にチェックし、参考にしてください。

目次
端午の節句はいつ?由来は?
端午の節句のお飾りはいつから飾る?種類と意味
端午の節句の行事食は?食べ物の意味
端午の節句の地域ごとの風習は?
端午の節句のお祝いマナーをチェック
端午の節句を思い出に残そう!写真の楽しみ方
端午の節句の記念にスタジオアリスで撮影しよう!
まとめ

端午の節句はいつ?由来は?

端午の節句はいつ?由来は?

端午の節句は、古くから伝わる伝統行事です。多くの方に親しまれているイベントではありますが、男の子の行事であることや五月人形を飾ることは知っていても、端午の節句の意味や由来を知らない方もいるでしょう。

まずは、端午の節句の意味や由来をチェックしていきましょう。なぜ5月5日に男の子のお祝いをするのかを知ることで、端午の節句のお祝いごともより大切なものに感じるかもしれません◎。

端午の節句は毎年5月5日

毎年5月5日は、男の子の成長をお祝いする端午の節句です。「端午」という言葉は、中国から伝わった旧暦に関係しています。

旧暦では、日や月に十二支が割り当てられており、5月は午(うま)の日です。「端」は最初という意味のため「午の月(5月)にある最初の午の日(5日)」で、端午の節句とされました。

「節句」とは、季節の節目となる日を表す言葉です。「節供」と書くこともあり、神様にお供えした料理を分け合い、ご家族で食べる日でもあります。

また、5月5日は、国民の祝日に関する法律で定められた「こどもの日」でもあります。端午の節句は男の子が対象ですが、こどもの日は男女関係なくお子さまの成長をお祝いします。

端午の節句は中国の行事に由来する

端午の節句は、中国に由来する行事です。中国には陰陽の考え方があり、5月5日は、3月3日や7月7日と同じように陰陽の「陰」に当たるよくない日とされています。

陰陽の考え方が日本に伝来した当初は、中国と同じように5月5日はよくない日として扱われていました。そのため、5月5日は邪気を払うために軒先に菖蒲(しょうぶ)をつるし、ご家族の無病息災を祈ったといわれています。

お子さまの武運を祈る行事へと変化する

戦国時代になり「菖蒲」が「尚武(しょうぶ)」という言葉につながり、端午の節句は男子の武運と成長を願う行事になっていきました。尚武は「武道、軍事を重んずること」という意味で、武家に生まれた男子にとって大切な心得です。

江戸時代に入ると、男の子以外の成長を祈る行事として武家以外の人々にも定着していきました。

端午の節句のお飾りはいつから飾る?種類と意味

端午の節句のお飾りはいつから飾る?種類と意味

端午の節句の5月5日には、五月人形やこいのぼりを飾ります。男の子がいる多くのご家庭で飾られていますが、なぜ五月人形を飾るのか、いつから飾ればよいのかという点も疑問です。

また、近年では住宅事情により飾りの種類や飾り方にも変化が生まれています。飾り物の意味や内容を知り、何を用意するか、何が適切かを判断できるとよいでしょう。

鎧(よろい)や兜(かぶと)など五月人形に込められた思い

五月人形は、家の中に飾ることから「内飾り」とも呼ばれます。兜(かぶと)や鎧(よろい)などのさまざまな種類があり、最近は省スペースで飾れるものが人気です。

五月人形には、それぞれに男の子の成長を祈る願いが込められています。代表的な飾りと意味は以下の通りです。

鎧飾り 鎧(よろい)・兜(かぶと)・刀剣・弓など、
戦いに出向く姿一式を揃えたもの
兜飾り 大小さまざまな兜(かぶと)があり、
実際にお子さまが被れるタイプもある
武者人形 武士の姿をした人形
金太郎人形 金太郎の姿をした人形
優しさと力持ちのシンボル

こいのぼりに込められた思い

こいのぼりの由来は諸説あります。ひとつは、鯉(こい)が滝を昇って龍(りゅう)になるという中国の伝説に基づくものです。

鯉から龍に姿を変える様子に、お子さまの成長や立身出世してほしい願いを重ねたのでしょう。日本では江戸時代から、こいのぼりを飾るようになったといわれています。

昔は庭に大きなこいのぼりを飾っていましたが、近年は都心部を中心に庭に飾るご家庭が少なくなりました。その代わり、室内やベランダに飾れるミニこいのぼりや、窓ガラスや壁に貼るタイプのこいのぼりで、端午の節句を祝うスタイルが増えています

お飾りはいつ飾っていつまでにしまう?

お飾りを飾る日としまう日に明確な決まりはなく、地域によってタイミングが異なる場合もあります。飾り始めるタイミングは4月中旬ごろ、片付けるのは5月中旬までが一般的です。なお、お飾りは湿気に弱いため、天気のよい日にしまいましょう。

注意しなくてはならないのが、飾り物を前日の夜に準備して端午の節句当日だけ飾る「一夜飾り」です。一夜飾りは本節句に間に合わないだけでなく、縁起がよくないとされています。前日や当日に準備することは避け、前もって準備できると◎です。

端午の節句の行事食は?食べ物の意味

端午の節句の行事食は?食べ物の意味

5月5日には、端午の節句ならではの料理を食べることも多いでしょう。食べ物には「お子さまの成長と出世」「厄よけと魔よけ」の2種類の意味が込められており、食べることでお祝いし、邪気を払うというものです。

ここでは、端午の節句に食べる代表的な行事食とその意味を見ていきましょう。

柏餅(かしわもち)

柏餅は、小豆あんや味噌あんの入った餅をかしわの葉で包んだものです。近年では全国で見かけますが、古くは主に関東地方で食べられてきました。

かしわの葉は、新芽が出てくるまで落ちません。そのため、家系が途絶えず子孫が繁栄することを願う意味があります。柏餅は、縁起のよい植物を使った食べ物です。

ちまき

ちまきは、甘い味を付けた細長い餅を笹(ささ)の葉で包み、蒸したお菓子です。あんは入っておらず、餅は上新粉やくずを使ったものなどさまざまな種類があります。

ちまきは、中国から伝わりました。5月5日に川へ身を投げた中国の詩人へのお供え物として使われたことから、ちまきには魔よけと厄よけの力があるといわれています。

たけのこ

端午の節句には、旬のタケノコを食べる習慣もあります。タケノコは、真っすぐすくすくと育ち竹になる植物です。このことから、お子さまにまっすぐ元気に育ってほしいと願いを込めて、食べられるようになりました。

タケノコはさまざまな料理に使えるため、端午の節句の食事にたくさん盛り込めます。祖父母やご親族を招いた食事にもおすすめです。

かつおなどの出世魚

カツオ、スズキ、ブリなど、成長するたびに名前が変わる出世魚を食べることもおすすめです。出世魚は縁起のよい魚としてだけでなく、端午の節句では男の子の立身出世を願うためにも食べられます。

タケノコ同様、煮たり焼いたりお刺身にしたりとさまざまな食べ方があるため、お客さまにも喜ばれる行事食です。

端午の節句の地域ごとの風習は?

端午の節句の地域ごとの風習は?

端午の節句は歴史のある伝統行事です。長い歴史の中で全国的に根付いた風習もあれば、地域独特の文化として興った風習もあります。他の地域に足を運べば、見たことのない風習やイベントに出会うこともあるでしょう。

今まで知らなかった風習やその意味を知ることも、端午の節句をより楽しむことにつながるかもしれませんね◎。

菖蒲(しょうぶ)飾り・菖蒲(しょうぶ)湯

ショウブは、池や川に生える多年生の草本です。咲いた花を楽しむ花菖蒲とは異なります。ショウブは香気が強く、殺菌などの薬効もあることから、古くから魔よけや薬草として活用されてきました。

端午の節句がある5月は、気候が不安定で体調を崩しやすく、耕作に励む前に精力を養う時期でもあります。邪気を払って豊作を祈り、健康を願うという意味でショウブが用いられてきたようです。

例えば、ショウブを玄関に飾ったり軒先につるしたりするのは魔よけのためです。しょうぶ湯に入るのは、健康を祈っての意味があるといわれます。

虎の張子を飾るところもある

関西方面の一部地域では、端午の節句で虎の張り子を飾る風習も見られます。これは、かつて西日本を中心にコレラがはやったときに、特効薬として珍重されたトラの頭骨にちなんだものです。

特効薬であったトラを模した張子を飾ることで、魔よけと厄よけの意味合いを持たせたといわれています。

端午の節句を祝う地域の祭り

5月5日は、全国各地でお子さまの成長を祈るためのイベントが開催されています。例えば、石川県金沢市の河川にこいのぼりを流す「浅野川の鯉流し」は有名です。

群馬県館林市では、4,000匹を超えるこいのぼりが空を泳ぐ「館林こいのぼりの里まつり」も実施されています。

お住まいの地域で祭りやイベントが催されていないか調べることもおすすめです。おうちでのお祝いだけではなく、お出かけをすることでお子さまにとっても思い出深い行事になるかもしれません。

6月5日にお祝いする地域もある

地域によっては、端午の節句を6月5日にお祝いする地域もあります。現在の暦は旧暦からずれているため、6月20日前後が旧暦の5月5日です。旧暦で考えると毎年日付けが変わることから、5月5日から1か月後の6月5日にお祝いされています。

新潟県阿賀市や岐阜県飛騨高山市、島根県松江市では、6月5日に端午の節句をお祝いしているようです。お住まいの地域の情報を調べ、市や町が行事を開催する日に合わせてお祝いするのもよいでしょう。

端午の節句のお祝いマナーをチェック

端午の節句のお祝いマナーをチェック

端午の節句では、お子さまに対してご祝儀やお祝いの品物が贈られることもあります。お子さまが初めて迎える節句を「初節句」といい、初節句はお祝いが特に盛大です。初節句の際には、お祝いが贈られる光景もよく見られます。

大切な節目のお祝いです。お祝いは贈り方も、お返しの仕方も失礼のないようマナーを確認しておくと安心です◎。

お祝いを贈るときのマナー

初節句のお祝いを贈るときの表書きは「初節句御祝」「祝初節句」「お祝い」などが一般的です。現金でも品物でも変わりはありません。

また、お祝いは5月5日の2週間~1週間前までに相手へ届くようにしましょう。飾り物であれば、早めに贈ることでお祝いの雰囲気もアップします。当日に届くことのないよう注意しましょう。

なお、五月人形またはこいのぼりは、多くの場合お子さまの祖父母が贈ります。ご親戚やご友人は、お祝いの品がかぶらないよう他のお祝いを選べると◎です。

お祝いで喜ばれるもの

祝儀袋に金銭を包んで贈ることもあります。初節句のお祝いは、ご親戚であれば1万円~2万円が相場です。その他、端午の節句の贈り物には下記のようなものが選ばれます。お子さまのママパパに欲しいものを聞くのもよいでしょう。

【端午の節句におすすめの贈り物】

  • ・積み木
  • ・ブロック
  • ・知育おもちゃ
  • ・文具
  • ・洋服
  • ・タオル
  • ・絵本
  • ・図書カード
  • ・おもちゃ屋さんのギフトカード

お返しをするときのマナー

端午の節句、初節句のお返しは「内祝い」として贈ります。内祝いとは、お祝いごとの内々のお裾分けという意味です。実質的にはお返しですが、お祝いごとのお裾分けとして贈ります。

のし紙には「内祝」と書くのが一般的です。しかし、身内以外へのお返しなどお付き合いの程度によっては「御礼」としても差し支えありません。臨機応変に対応しましょう。

お返しで喜ばれるもの

内祝いは、何をお返しすれば喜んでもらえるかを考えながら品物を選ぶことが大事です。地域性もありますが、例えば次のような品物がお返しに選ばれています。

【内祝いにおすすめの品物と意味】

  • ・バウムクーヘン:幾重にも幸せが重なるように
  • ・豆菓子:これからもお付き合いがまめ(豆)に続きますように
  • ・紅白餅:お祝いの色
  • ・どら焼き:幸せに包まれますように
  • ・米:成長、長寿を祈念して

端午の節句を思い出に残そう!写真の楽しみ方

端午の節句を思い出に残そう!写真の楽しみ方

端午の節句は、お子さまが主役のお祝いです。1年に1回しか訪れない特別な日のため、ぜひ、写真を撮って思い出に残しましょう。

毎年写真を撮影すれば、1年ごとに大きくなるお子さまの成長を楽しめます。成長を残す日としても最適です。ここでは、端午の節句での写真の撮り方と楽しみ方のポイントを紹介します。

毎年の写真を撮り比べて楽しもう

端午の節句に合わせて、お子さまの写真を毎年撮っていくのもおすすめです。撮影した写真をアルバムに収めれば、お子さまの成長記録にもなります。

こいのぼりや五月人形の前に立って写真を撮ると、お飾りとの対比でお子さまの成長を実感できるでしょう。

お子さま自身も、大人になって見返すことで自分の成長を感じられます。同時に、ママパパの愛情を感じる機会にもなるかもしれませんね。

端午の節句ならではの写真を楽しもう

端午の節句らしく、小さめのこいのぼりを持っている姿や羽織を着用した姿、柏餅・ちまきを食べている姿を撮影するのもおすすめです。他にも、ごきょうだいやお友達と一緒の姿、しょうぶ湯に入浴している姿などのさまざまなシーンを写真に納めましょう。

しょうぶ湯は刺激が少ないといわれていますが、肌が弱いお子さまはかぶれることがあります。足だけにする、入浴後はしっかり洗い流すなどして対応しましょう

家族写真も撮影しよう

端午の節句でご家族が集まった機会に、お子さまを中心にした家族写真も撮りましょう。祖父母などご親族と会う機会がある場合は、思い出のシーンを記念として残しておくのもおすすめです。

端午の節句に合わせ、毎年家族写真を撮影していけば、お子さまだけではなくご家族の歴史や変化を振り返るきっかけにもなります◎

お子さまの衣装にこだわると特別感もアップ

お子さまに端午の節句らしい衣装を着せることもおすすめです。袴や羽織を着用すれば、伝統行事らしいかしこまった雰囲気になります。初節句の場合は、和柄や袴風のロンパースならイベント感もありながら、赤ちゃんの着心地の面でもばっちりです。

和装がない場合は、普段より少しおしゃれな服や制服などを着てもよいでしょう。いつもと違う衣装を着れば、特別感がアップします。

また、五月人形の中にはお子さまが着用できるものもあります。鎧(よろい)はお子さまが成長すると着られなくなるため、サイズが合うときに着ておくことがおすすめです。

端午の節句の記念にスタジオアリスで撮影しよう!

端午の節句の記念にスタジオアリスで撮影しよう!

端午の節句で記念写真を撮影したいのであれば、スタジオアリスをぜひご利用ください。スタジオアリスでは、節句の撮影に最適なプランをご用意しています。

ご自宅で撮影する写真だけでなく、衣装やセットがあるスタジオでプロが撮影する写真も特別感があります。ここからは、スタジオアリスの端午の節句の撮影プランを紹介します。

端午の節句ならではの豪華なお飾りと一緒に撮影

端午の節句ならではの豪華なお飾りと一緒に撮影

スタジオアリスは、端午の節句に最適な袴と羽織の他、桃太郎や金太郎の衣装、タキシードなどを多彩に揃えています。さまざまなサイズを用意しているため、ごきょうだいと一緒に着用することもおすすめです。

また、端午の節句の時期には、期間限定で鎧(よろい)・兜(かぶと)・刀・こいのぼりなどの豪華なお飾りも登場します。ご自宅にお飾りを準備できないご家庭の方などは、スタジオアリスのセットをご活用し、節句ならではの写真を残しましょう。

(参考:『桃の節句・端午の節句|こども写真館スタジオアリス』)

赤ちゃんの撮影にもぴったり!「百日赤ちゃんの日」

赤ちゃんの撮影にもぴったり!「百日赤ちゃんの日」

初節句の赤ちゃん撮影には「百日赤ちゃんの日」がおすすめです。百日赤ちゃんの日とは、生後3か月〜5か月までのお子さま対象で、毎月1日~7日に撮影できるプランです。参加料・衣装・お着替え・撮影・デザインフォト全て込みで5,000円(税込5,500円)で利用できます。

もちろん、節句の時期ではなくてもOKです。衣装の中には袴や羽織があるため、お好きなときに和装での写真撮影ができます。

(参考:『スタジオアリスの赤ちゃん撮影|こども写真館スタジオアリス』)

「桃太郎」になれる!世界で1冊の絵本を作ろう

「桃太郎」になれる!世界で1冊の絵本を作ろう

スタジオアリスでは、撮影した写真を使ってオリジナルストーリーの絵本を作製できる「絵本コレクション」をご用意しています。桃の節句では「かぐや姫」、端午の節句では「桃太郎」の主人公になったお子さまの愛らしい姿を記念に残せるため、ぜひチェックしてください。

絵本の他にも、お子さまが喜ぶディズニーデザインのアルバムやディック・ブルーナシリーズ、くまのがっこうなどのアルバムも作れます。かわいいデザインのアルバムや絵本を作り、お子さまと一緒に楽しむのもよいでしょう。

(参考:『アルバム|こども写真館スタジオアリス』)

ママとパパも一緒に着物撮影を楽しもう

スタジオアリスでは、ママパパも一緒に着物で撮影ができる「パパママ着物フォトプラン」を用意しています。着物レンタルと着付けがセットになったプランのため、面倒な準備は一切必要ありません

撮影当日は普段着のまま手ぶらでご来店いただけます。お子さまの成長の節目に、ご家族みなさまで伝統的な和装を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(参考:『家族みんなで楽しもう!パパママ着物フォトプラン|こども写真館スタジオアリス』)

まとめ

まとめ

端午の節句は、5月5日にこいのぼりと五月人形を飾り、お子さまの成長をお祝いする伝統的な行事です。ちまきや柏餅などのお菓子を食べてお祝いし、端午の節句ならではのお飾りや邪気払いのショウブを飾って古くから続くイベントを楽しみましょう。

端午の節句の思い出を記念に残すのであれば、スタジオアリスの撮影プランがおすすめです。赤ちゃんにおすすめのプランや衣装、大きくなっても着用できる衣装が豊富に揃っています。WEB撮影予約サービスでは7か月先まで予約できるため、ぜひご利用ください。

\WEB予約はコチラ/WEB撮影予約サービス

桃の節句/端午の節句コラム一覧

桃の節句・ひな祭りの基礎知識

初節句の基礎知識

端午の節句・こどもの日の基礎知識



各種SNSでも、お得なキャンペーンや
実際の撮影風景など、
さまざまな情報をご紹介しています!

資料ダウンロードはこちらから

トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる