【お宮参り】着物レンタルと購入の相場を解説!レンタル・購入した場合のメリットとは|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

【お宮参り】着物レンタルと購入の相場を解説!
レンタル・購入した場合のメリットとは

【お宮参り】着物レンタルと購入の相場を解説!レンタル・購入した場合のメリットとは

お宮参りは赤ちゃんの誕生を神様に感謝し、健やかな成長を願う大切な行事です。赤ちゃんがお宮参りに行く際は、和装が「正装」とされていましたが、近年では着物(祝い着)を着る機会がなかなかないことから、着物をレンタルする家族も多くなりました。ここでは、赤ちゃんの着物を購入する場合とレンタルする場合、それぞれのメリットなどについて紹介します。

お宮参りの着物(祝い着)を購入した場合の相場とは?

赤ちゃんが着るお宮参り用の着物(祝い着)は、インターネットで購入しても1万円~20万円、実店舗でも2万円~30万円と、値段に幅があります。
着物の相場は3万円~5万円ほどといわれていますが、金糸を使ったり、華やかな刺繍が施されていれば10万円近くにもなります。生地に正絹を使っていたりすれば、大人の着物1枚と変わらない値段になるものもあります。
中古やアウトレットで探せば、手頃な値段の着物を見つけられるかもしれませんが、着物の値段に上限はないので、たとえ古着でも質の良い着物は高価になります。

お宮参りの着物(祝い着)をレンタルした場合の相場

お宮参りの着物(祝い着)をレンタルした場合の相場

近年では、赤ちゃんが着るお宮参り用の着物(祝い着)をレンタルする人も増えてきました。
貸衣装店や写真スタジオなどの実店舗でレンタルするときの相場は、5,000円~5万円ほどです。インターネットでレンタルする場合も、相場は3,000円~5万円ほどと、料金に幅はありますが、手頃な値段で用意できます。
インターネットでのレンタルには特典が付いていることもありますが、なかには表示された値段が着物単体だけということもあります。汚れ防止のよだれかけ、帽子、守り袋などの小物は別料金になるのかどうか、事前の確認が必要です。

スタジオアリスでは、お宮参りの写真撮影を予約するとお宮参り用の着物を無料でレンタルすることができます。レンタルした着物は撮影後、翌日の正午まで借りることができるので撮影をしてから神社に向かうのもおすすめです。
スタジオアリスのお宮参り撮影を詳しく知りたい方はこちら

お宮参りの着物(祝い着)をレンタルするメリット・デメリット

お宮参りの着物(祝い着)をレンタルするメリット・デメリット

赤ちゃんの成長を願うお宮参りですが、着物(祝い着)は買ったほうが良いのかレンタルをしたほうが良いのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
レンタルをする場合でも、メリットとデメリットがありますので納得する形でどちらにするか選ぶようにしましょう。

着物(祝い着)をレンタルするメリット

赤ちゃんが着る着物をレンタルするいちばんのメリットは、価格の安さです。着物を着る機会があまりない方は、レンタルするほうがお得です。
手間がかからないこともレンタルの大きなメリットです。レンタルでは、着物から小物まで一式をそろえられるので、準備に多くの時間を割く必要がありません。また、レンタルした着物は、お宮参りを終えたらそのまま返却するだけですので、お手軽に利用できる点も魅力の一つです。

インターネットでレンタルする場合は、店舗まで足を運ばなくても、パソコンやスマートフォンで着物を選ぶことができ、引き取りや返却も自宅でできます。自宅でやり取りが完結するため出産後のママの負担が軽くなるのもレンタルが人気となっている理由の一つでしょう。

着物(祝い着)をレンタルするデメリット

赤ちゃんが着る着物をレンタルしたときのデメリットには、どのようなものがあるでしょうか?
店舗によって異なりますがレンタルの場合、着物の種類やバリエーションが少なく、選択肢が限られてしまう点です。数ある中から、じっくり着物を選びたい方には向いていないかもしれません。
また、お宮参りの当日になって赤ちゃんの体調がすぐれないなど予期しない出来事が起こった場合、レンタルをキャンセルしたり、日にちを変更しなければならなくなったりする可能性もあります。スタジオアリスの場合、急に赤ちゃんが体調不良になってもキャンセル代金はかかりません。
しかし、一般的なお店はキャンセル料が発生する場合があるため、事前に調べてからレンタルするお店を決めると良いでしょう。返却予定日も定められているので期限までに着物を返却できないと、延滞料金が発生する点も注意すべき点です。

お宮参りの着物(祝い着)を購入するメリット・デメリット

お宮参りの着物(祝い着)を購入するメリット・デメリット

着物(祝い着)を購入する場合のメリットとデメリットも把握しておくことで、レンタルか購入を選ぶうえでの参考になるでしょう。

着物(祝い着)を購入するメリット

着物を購入するメリットの一つは、赤ちゃんが着た着物が、特別な思い出の品になることです。お宮参りで着た着物は、仕立て直すことで七五三のときにも着ることができます。
手元に残して大事に保管しておけば、次に兄弟姉妹が生まれたときに使ったり、着物を代々受け継いだりというようなこともできます。パパやママがお宮参りで着た着物を赤ちゃんに着させてあげれば、家族の絆も深まるでしょう。

購入するときは、色や柄など、豊富なバリエーションの中から選んだり、男の子なら家紋を入れることができたりと、さまざまな希望を叶えることができるようにもなります。

着物(祝い着)を購入するデメリット

着物を購入する際のデメリットは、レンタルに比べると価格が高くなり、保管やメンテナンスにも手間がかかります。着物を傷つけないように手入れをしたり、虫食いから守るように着物を保管したりするのは、なかなか骨の折れる作業です。

お宮参りの着物(祝い着)レンタルで人気の柄を紹介!

お宮参りの着物(祝い着)レンタルで人気の柄を紹介!

赤ちゃんが着るお宮参りの着物(祝い着)にも、男の子用と女の子用があります。
男の子用の着物には、出世や大成を意味する鷹、兜、宝尽くし、亀甲花菱などが描かれ、凜々しく、勇ましい雰囲気の黒色や濃紺色、深緑色などが多く用いられています。
女の子用の着物には、毬や鼓、花車や桜の花模様などが描かれ、赤色やピンク色など、明るく可愛い色が使われる傾向にあります。その中でも特に人気が高い柄を紹介しますので、着物を選ぶ際の参考にしてみてください。

男の子の着物(祝い着)の柄

男の子がお宮参りで着る着物の柄は、勇ましい柄がよく用いられます。

龍の柄
龍は大地や水の神様といわれることもあり、天に昇る姿から飛躍や出世を願う意味が込められているそうです。また、干支にも龍が含まれていることから縁起が良いとされ、辰年生まれの男の子の場合、龍の柄が選ばれる傾向にあります。
兜の柄
兜は頭部を守る防具ということから、災難や邪気から守り健やかな成長を願う意味が込められています。そして着物に刺繍されている兜は豪華な装飾が施されており、昔は地位や権力がある人のみに着用を許されていました。その兜を身に着けるような人物になってほしいという願いも含まれているのです。

女の子の着物(祝い着)の柄

女の子の場合、着物に用いられる柄には気品や華やかさを感じられるものが多いです。

御所車や花車
御所車は位の高い貴族や皇族が乗る乗り物で、高貴で気品ある柄とされています。車輪のみが刺繍された柄は源氏車と呼ばれ、人気の柄です。御所車に花を飾り付けた乗り物が花車と呼ばれ、玉の輿に乗れるようにという願いが込められています。
古来より鈴には魔除けの意味があり、災いを退け良い運勢を引き寄せるとされています。また、鈴の音が神様に呼びかけ祈りを叶えるともいわれ縁起が良いとされています。

着物(祝い着)レンタルで賢くお宮参り

着物(祝い着)レンタルで賢くお宮参り

お宮参り用の着物(祝い着)は購入することもレンタルすることもできますが、近年は値段が安く手軽なレンタルを利用する人が増えています。3,000円~5万円と手頃な値段で着物と小物一式を借りられるだけではなく、使用後のお手入れや保管に手間を取られることもありません。産後で時間的にも体力的にも余裕がない方でも安心して利用できます。

なお、自宅で引き取り・返却できるインターネットのレンタルは、料金がお得になる特典が付いていることもありますので、費用を抑えたいという方はぜひホームページをチェックしてください。また、もしものときに備えてキャンセル料がかかるかのチェックもしておくと安心です。

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる