ニューボーンフォトは生後何日までに撮る?おすすめポーズや小物を紹介|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りのキホン

ニューボーンフォトは生後何日までに撮る?おすすめポーズや小物を紹介

ニューボーンフォトは生後何日までに撮る?おすすめポーズや小物を紹介

ニューボーンフォトとは、「生まれたての赤ちゃんの記念写真」のことです。これから出産を迎えるママパパの中には、ニューボーンフォトは生後何日までに撮るのがよいか、気になる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ニューボーンフォトは生後何日までに撮るか、撮影の注意点やおすすめのポーズ・小物などを紹介します。情報をキャッチしておくことで、とっておきの1枚に仕上がるでしょう。

目次
ニューボーンフォトは生後何日まで?
ニューボーンフォト撮影の注意点とは?
ニューボーンフォトにおすすめのポーズ・小物7選
ニューボーンフォト以外にも!写真撮影のタイミング
お子さまの成長を残すならスタジオアリスで!
まとめ

ニューボーンフォトは生後何日まで?

ニューボーンフォトは生後何日まで?

ニューボーンフォトで「新生児らしさ」を残すためには、撮影の時期が重要になります。ただし、ママや赤ちゃんの体調が優れない場合には、撮影時期を変更するなど、臨機応変に対応することが大切です。ここでは、ニューボーンフォトの由来や魅力、一般的な撮影時期について紹介します。

ニューボーンフォトとは?由来や魅力

ニューボーンフォトは、「生まれたての赤ちゃんの写真」のことです。おくるみに包んだり、かごの中に入ったりと、赤ちゃんの小ささを実感できる写真に仕上がるのが特徴です。

ニューボーンフォトを撮る習慣は、元々アメリカやヨーロッパにありました。最近では日本でもSNSに投稿するママパパが増えていて、人気を集めています。生まれたての神秘的な姿は、子育てが大変なときに大きな支えとなってくれるでしょう。赤ちゃんの成長スピードを実感できるのも、ニューボーンフォトの魅力です。

生後30日までがベスト

ニューボーンフォトは、生後30日までに撮影するのがおすすめです。撮影では「ママのおなかの中にいたときの状態」を再現することになります。さらに眠っているところを撮影することで、おなかの中にいたときの状態により一層近づくでしょう。

個人差はありますが、生後30日を過ぎてしまうと赤ちゃんの顔つきや肌が変化してきたり、起きている状態が多くなり手足を動かすようになったりします。

ニューボーンフォトならではの1枚を残すためにも、赤ちゃんを日頃から観察して、ベストな時期を逃さないようにしましょう。

ニューボーンフォト撮影の注意点とは?

ニューボーンフォト撮影の注意点とは?

ニューボーンフォトは、外部からの刺激に弱い赤ちゃんや、産後間もないママに配慮して撮影することが大切です。ここでは、撮影時の注意点を具体的に紹介します。注意点をあらかじめ知っておき、トラブルを回避して撮影を楽しみましょう。

赤ちゃんやママの体調に配慮する

ニューボーンフォトの撮影は、自宅でするほうが安心です。生まれたばかりの赤ちゃんは、気温や光など、外部からの刺激に弱くなっています。さらに感染症にかかる可能性もあるため、できる限り外に出ないほうがよいでしょう。

また、産後のママも、心身ともにベストな状態に戻っていないことが多い時期です。体調が優れない場合には、カメラマンに相談し、日程を調整してもらうことをおすすめします。

経験のあるカメラマンに依頼する

ニューボーンフォトの撮影は、新生児の対応の仕方を知っていて、なおかつ危険なポーズを理解しているカメラマンに依頼することが大切です。

赤ちゃんはデリケートなため、身体に負担がかからないように配慮しなければなりません。専門知識が必要になるため、セルフでの撮影は控えましょう。赤ちゃんへの負担が大きく、危険なポーズの一例を以下に挙げました。

  • ・肘を立てて手でほほを支えるポーズ
  • ・自立したみのむしのようなポーズ
  • ・うつぶせ

また、風邪をひいているなど、カメラマンの体調が優れない場合にも、しっかりと伝えてもらうようにしましょう。撮影がキャンセルになった場合の対応も、事前に確認しておくことをおすすめします。

撮影部屋の環境に配慮する

撮影では通常、赤ちゃんは裸になります。自力での体温調節が難しく、敏感な状態であるため、撮影部屋の環境作りに注意することが大切です。以下のような点に気を付けましょう。

  • ・エアコンの風が直接当たらないようにする
  • ・直射日光が当たらないようにする
  • ・温度は大人が暑いと感じるくらいにする
  • ・エアコンの汚れをきれいにする

エアコンの汚れはアレルギーなどの原因にもなるといわれています。日頃気にならないところも確認しましょう。

予約は出産前に済ませる

ニューボーンフォトの予約は、できれば出産前に済ませておきましょう。出産後では、希望するフォトスタジオの予約が埋まっていた場合、時期を逃してしまうかもしれません。また、赤ちゃんを迎えたママパパは忙しくなり、予約する暇がないこともあるでしょう。

出産前にカメラマンやフォトスタジオに相談し、料金やサービス内容について検討することをおすすめします。

SNSへの投稿に注意する

ニューボーンフォトをSNSに投稿する場合は、他者から悪用されないように細心の注意を払うことが重要です。裸の写真は控え、衣装を着ていたり、顔が隠れていたりする姿を投稿しましょう。

さらに赤ちゃんだけでなく、写真内に自宅の情報が分かるものが写っていないかも確認することが大切です。赤ちゃんの将来を考えて、責任ある行動を心掛けましょう。

産婦人科で撮影できるケースもある

産婦人科でニューボーンフォトを撮影できることもあります。入院が長引き、自宅に帰れない場合もあるでしょう。産婦人科で撮影できれば、退院までの思い出にもなります。

ニューボーンフォトの撮影には病院側の許可がいるため、できるかどうか確認してから、出張できるカメラマンに依頼することが適切です。できる場合は、周りのママに迷惑をかけないように準備し、撮影しましょう。

生後3カ月までならニューボーン風で撮れる

生後30日を過ぎ、撮影を忘れてしまった場合は、ニューボーン風フォトがおすすめです。生後3カ月頃までであれば、衣装を着たり、かごの中に入ったりとニューボーンフォトに近い写真を残せます。

生後30日までの一般的なニューボーンフォトとは顔つきや体形が異なるかもしれませんが、お子さまの成長を感じられる1枚になるでしょう。

ニューボーンフォトにおすすめのポーズ・小物7選

ニューボーンフォトにおすすめのポーズ・小物7選

ニューボーンフォトは、定番のポーズから小物を使ったアイデアまで、幅広い楽しみ方があることが魅力です。ここでは、おすすめのポーズや小物7つを詳しく紹介します。撮りたいポーズや小物がある場合は、事前にカメラマンに相談しておきましょう。

1.定番!おくるみ姿

布で赤ちゃんを包んで、ママのおなかの中にいるような姿を再現できるポーズです。「みのむし巻き」や「おひな巻き」とも呼ばれます。

布で手足ごと包むため、身体の柔らかい、生後間もない赤ちゃんならではのポーズでしょう。巻き方を少し緩めて、アレンジを加えるのもおすすめです。

2.動物の衣装でキュートに!

くまやうさぎ、うしなど、動物の衣装を着た姿を撮るのもおすすめ。赤ちゃんらしさが際だった写真になるでしょう。しっぽや耳が付いていれば、面白さも加わります。

また、動物が好きな食べ物のぬいぐるみを添えるのもよいでしょう。うさぎであれば、ニンジンのぬいぐるみを持たせることで、キュートな1枚に仕上がります。

3.小さな手足をアップで

小さな手や足は、生まれたばかりの赤ちゃんの魅力です。ママパパやごきょうだいの手足と隣り合わせで撮ることで、小ささがより一層感じられる写真になるでしょう。将来振り返って、成長を実感できる楽しみも増えます。

4.ママパパやごきょうだいと一緒に

赤ちゃんのみの写真に追加して、ママパパやごきょうだいと一緒に撮るのも人気です。ママパパが赤ちゃんを見つめたり、手をつないだりすることで、仲の良さをアピールできます。ごきょうだいと一緒の写真は、新しい家族を迎えた喜びをカタチに残すことにもなるでしょう。

5.帽子やヘアアクセサリーにこだわる

帽子やヘアアクセサリーで、アクセントを入れるのも効果的です。お花や王冠など、写真や衣装の雰囲気に合わせて取り入れてみましょう。衣装は変えず、帽子やヘアアクセサリーを別のものにするだけでも、写真のテイストは大きく変わります。

6.ぬいぐるみやかごで小ささを強調!

お気に入りのぬいぐるみを添えたり、かごの中に入れたりすることで、新生児ならではの小ささを表現できます。ぬいぐるみの色は、衣装やおくるみ、帽子などに合わせることで、統一感のある写真に仕上がるでしょう。注意点は、赤ちゃんの肌が傷つかないように、おくるみやブランケットを敷くことです。

7.思い出の結婚指輪やエコー写真と共に

ご家族の思い出である結婚指輪やエコー写真を添えるのもステキです。赤ちゃんが生まれるまでの過程も感じられるような1枚に仕上がるでしょう。

結婚指輪を赤ちゃんの手や足にはめるアイデアもあります。写真に使う際は、角で赤ちゃんを傷つけないように注意しましょう。

ニューボーンフォト以外にも!写真撮影のタイミング

ニューボーンフォト以外にも!写真撮影のタイミング

ニューボーンフォト以外にも、赤ちゃんには記念写真撮影のタイミングがたくさんあります。具体的な撮影の目安を把握しておくことで、スムーズに準備でき、納得の写真を残せるでしょう。ここでは、写真撮影のタイミングについて紹介します。

【生後30日】お宮参り

生まれてから約1カ月後には、お宮参りをします。お宮参りとは、生まれた土地の神さまに赤ちゃんが生まれたことを報告し、成長を祈る行事です。

地域差はありますが、古くからの伝統では、男の子であれば生後31日目~生後32日目、女の子であれば生後32日目~生後33日目にするとされています。ただし赤ちゃんやママの体調などに合わせて、日程を変更しても問題ありません。

【生後100日】お食い初め

百日祝い(お食い初め)とは、生後100日に「これからの人生で食に困らないように」という意味を込めてお祝いする行事です。祝い膳を用意し、ママやパパがお箸で食べさせるまねをします。地域によって使う食材などに違いがあるため、ご家族に聞きながら準備するとよいでしょう。

料理を作るのが難しいときは、お食い初めのセットを宅配で頼んだり、レストランやホテルに行ったりするのもおすすめです。

【生後6カ月】ハーフバースデー

ハーフバースデーとは、赤ちゃんが生まれてから6カ月たった頃のお祝い。離乳食ケーキを作ったり、部屋をカラフルに飾り付けて写真を撮ったりするのが人気です。最近ではSNSに写真を投稿するママもたくさんいるため、アイデアの参考にしてもよいでしょう。

生後6カ月頃になると、動きが増えてきて、表情も豊かになります。赤ちゃんの成長をより一層実感できるのも、ハーフバースデーの魅力です。

毎月の月齢フォト

毎月、赤ちゃんが生まれた日にちに写真を撮る「月齢フォト」もおすすめです。1歳になるまで毎月写真に収めることで、成長の過程を楽しめるでしょう。

月齢フォトでは、おむつアートや寝相アートが人気です。おむつで数字を作ったり、赤ちゃんの身体を数字の一部にしたりして月齢を表現します。さらにシーツやブランケットに数字がプリントされているものを使う方法も効果的です。自宅で簡単にできるため、セルフで挑戦するママパパも多くいます。

撮影のコツは、光の当たり具合を調節し、赤ちゃんの真上から撮ることです。午前中であれば、部屋に日差しが入り、温かく優しい表情が撮れるでしょう。

お子さまの成長を残すならスタジオアリスで!

お子さまの成長を残すならスタジオアリスで!

お子さまのこれからの記念写真撮影は、スタジオアリスにお任せください。お子さまの輝く笑顔を美しく残し、ご家族の思い出を彩るお手伝いをいたします。業界最大級の約500着の衣装や、高度な技術、衛生面・安全面など、スタジオアリスにはお子さまやご家族が安心できるサービスが豊富です。

初めての記念写真撮影でも安心

スタジオアリスでは、初めて赤ちゃんの記念写真撮影をするママパパに安心いただけるように、衛生面や安全面に配慮して撮影します。赤ちゃんの肌に優しく、清潔な衣装を用意しているため、安心してご利用ください。

また、研修を受けたスタッフが明るく元気に接して、最高の笑顔を引き出せるのもスタジオアリスの魅力です。写真選びもサポートします。

(参考: 『赤ちゃん撮影を楽しもう!』)

お子さまの節目をお祝いする撮影メニューが多数!

お子さまの節目をお祝いする撮影メニューが多数!

スタジオアリスの魅力は、お宮参りやお食い初め、ハーフバースデーなど、イベントに合わせたサービスを提供していることです。

例えば、お宮参りの撮影プランをご予約のお客さまは、お出掛け用の着物を無料でレンタルいただけます。また、お食い初めでは撮影用の祝い膳を用意しており、本格的な撮影が可能です。

衣装も業界最大級のラインアップで取り揃えています。何着着ても無料のため、納得の1枚を残せるでしょう。

(参考: 『お宮参り(ニューボーンフォト)』)

(参考: 『百日祝い(お食い初め))

アルバムやデータ付きのお得なセット「ベビコレ」

アルバムやデータ付きのお得なセット「ベビコレ」

赤ちゃんの写真を保存するのにおすすめなのが「ベビコレ」です。プランは「シンプル」「スタンダード」「スペシャル」の3つで、アイテム数や画像データの有無などで、お好きなプランを選べます。ご自宅用やプレゼント用など、幅広い用途に使えると大好評です。

また画像オプションとして、パウチ加工や日焼け肌加工も可能です。お気軽にご相談ください。

(参考: 『ベビコレ』)

まとめ

まとめ

ニューボーンフォトは、生後30日までに撮るのがベスト。撮影では経験のあるカメラマンに依頼したり、クーラーを清潔にして部屋の温度に配慮したりするなど、さまざまな点に注意しましょう。赤ちゃんやママの体調が優れない場合は日程を変更するなど、臨機応変に対応することも大切です。

スタジオアリスは、高度な技術で最高の表情を引き出し、お子さまとご家族の幸せな時間を記念に残すお手伝いをいたします。衛生面や安全面の配慮も万全にして撮影環境を整えていますので、ご安心ください。

\WEB予約はこちら/スタジオアリスの
お宮参り

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる