お宮参りの祖母の服装|選び方のポイントは?マナーや注意点を知ろう|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りの祖母の服装|選び方のポイントは?マナーや注意点を知ろう

お宮参りの祖母の服装|選び方のポイントは?マナーや注意点を知ろう

お孫さんが誕生すると、祖母はお祝いの行事に招待され同行することも多くなるでしょう。赤ちゃんが誕生して初めて迎える大きなイベントはお宮参りです。

神社やお寺でのご祈祷や会食、記念写真撮影など、お宮参りの日にはいろいろな場所へ行くことが予想されます。かわいいお孫さんの記念日をより充実させるためには、祖母 はどういった装いで同行するとよいのでしょうか。

今回は、お孫さんの大きな節目でもあるお宮参りで、祖母が服装を選ぶ際のポイントを解説します。季節や年齢別のおすすめスタイルや注意点なども紹介するので、ベストなものを選ぶ参考にしてください。

目次
お宮参りの祖母の服装|装いの基本
お宮参りの祖母の服装|選び方のポイント
お宮参りの祖母の服装|季節別の服装例と注意点
お宮参りの祖母の服装|年齢別のおすすめスタイル
お宮参りの祖父母の疑問|知っておきたいマナーや心遣い
大切なお孫さんとの思い出に!スタジオアリスのお宮参り撮影
まとめ

お宮参りの祖母の服装|装いの基本

お宮参りの祖母の服装|装いの基本

祖母の服装は、和装・洋装どちらも選ばれやすい傾向にあります。気候や自らの体調、お宮参りでの役割などを考慮し、手持ちのなかから好きな服装を選ぶとよいでしょう。

ここでは、お宮参りにおける祖母の役割や、和装・洋装の基本ポイントについて見ていきましょう。

お宮参りの祖母の役割とは

お宮参りでは、祝着(のしめ)に身を包んだ赤ちゃんを抱っこしてご祈祷に行きます。赤ちゃんを抱っこするのは、古くから父方の祖母の役割です。

昔は、産後のママはけがれが残っていると言われ、お祓いをしてもらわなければ赤ちゃんを抱っこできませんでした。そのため、パパと父方の祖父母が赤ちゃんを連れてお宮参りに行く風習があったようです。

最近ではこうした風習も薄れ、ママやパパが抱っこするケースも増えています。もちろん、父方の祖母、そして母方の祖母が交代で抱っこをすることも珍しくありません。そのため、「赤ちゃんを抱っこする役割があるかもしれない」ということを意識した服装でお宮参りに参加することを意識しましょう。

和装の基本

和装は着るだけで身が引き締まるような感覚があり、節目の場としてふさわしい服装です。お宮参りでは色留めそでや訪問着、付け下げなどが多くの方に選ばれています。季節に合わせた落ち着いた色合いやデザインのものにすると、主役である赤ちゃんを引き立てられるでしょう。

なお、和装には「格」があるため、両家で格を合わせることも大切です。地域によっては、母方の祖母が父方の祖母より格を下げる風習が残っているケースもあるので、前もって両家で相談しておくとよいでしょう。

洋装の基本

洋装の定番は、スーツやフォーマルなワンピースです。洋装の際も神社やお寺でのご祈祷という点を忘れず、派手すぎるものや胸元・膝の出る形状のものは避けましょう。

祖母に人気のカラーは、グレーやベージュ、ネイビー、ブラックなどです。落ち着いた色合いの洋装のなかから、季節感を意識した1着を選ぶよう心がけましょう。

お宮参りの祖母の服装|選び方のポイント

お宮参りの祖母の服装|選び方のポイント

どのような服装でお宮参りに参加すればよいか迷った場合は、「主役を意識する」「両家の祖母で服装を揃える」「動きやすさを重視する」といったポイントに注目しましょう。

ここでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

赤ちゃんやママの服装に合わせる

お宮参りの主役は赤ちゃんなので、赤ちゃんやママの服装に合わせることも大切です。服装の種類が揃っていれば、ご家族で統一感を出せます。また、赤ちゃんやママが洋装なら祖母も洋装、和装なら和装といった選び方をすれば、主役より目立つことを防げるでしょう。

服装を合わせる際は、デザインを控えめにしたり、着物の格を下げたりといった工夫も大切です。

両家の祖父母で服装を合わせる

両家の祖父母がお宮参りに同行する場合は、両家で服装を合わせるのが無難です。格を合わせたり、同じ雰囲気のものにしたりするためにも、どのような服装にするのか事前に話し合いましょう。

最近では、赤ちゃんやお子さまの行事において、風習にとらわれない柔軟なスタイルを好むママパパも増えていますが、祖父母世代のなかには昔からの風習を重んじる方も少なくありません。せっかくのお孫さんのお祝いに、服装の格差などでトラブルになるのは避けたいところです。

赤ちゃんを抱っこしやすい服装を選んでも◎

赤ちゃんを抱っこするのは、かつては父方の祖母の役割でした。しかし、最近はママやパパ、母方の祖母が抱っこするケースも見受けられます。祖母としては赤ちゃんを抱っこすることを想定し、抱っこしやすい服装を選ぶのもよいでしょう。

「滑りにくい素材の服を選ぶ」「赤ちゃんの肌を刺激するアクセサリーは避ける」「抱っこして歩きやすい服装にする」といった点に配慮すると、安心して役目を果たせるでしょう。

お宮参りの祖母の服装|季節別の服装例と注意点

お宮参りの祖母の服装|季節別の服装例と注意点

お宮参りの服装は、一年を通して同じというわけではありません。お宮参りに同行する立場としてふさわしい服装であると同時に、季節を意識した装いや、寒さ・暑さ対策も大切です。

ここからは、季節ごとの服装例と注意点を紹介します。

春におすすめの服装と注意点

春は和装・洋装ともに明るめのカラーを選ぶと、暖かな季節に映えます。ベージュのスーツ、暗めのワンピースに白っぽいジャケットなどの服装は、落ち着いた雰囲気のなかにも華やかさを演出してくれるでしょう。

春は時間帯による寒暖差が激しいため、インナーやアウターで温度調節を図るのが重要です。薄手のコートを1着持っていれば寒いときに羽織れますし、冷え込みの厳しい日にご祈祷する際には、厚めのインナーで防寒対策するのもよいでしょう。

夏におすすめの服装と注意点

夏は厳しい暑さのなかでのお宮参りになるので、見た目だけでなく着心地も意識した服装を選ぶのがポイントです。

スーツの場合は薄手のものを選び、シフォン素材のブラウスを着ると暑苦しい印象になることも避けられます。ワンピースは半袖のものに薄手のカーディガンを羽織ると、涼しくもきちんと感を演出できます。

注意したい点は「安っぽい印象を与えないこと」です。薄手の生地は素材によっては安っぽく見え、カジュアル感が全面に出てしまいます。光沢のある素材を選び、上品さを保ちましょう。また、暑くてもストッキングの着用はマナーとして必須です。

秋におすすめの服装と注意点

過ごしやすい季節である秋には、定番のスーツやフォーマルワンピースがおすすめです。ネイビーを選ぶと重たい感じがせず、秋らしい落ち着きも演出できるでしょう。

秋は比較的過ごしやすい季節であるものの 、気温差が大きな日もあります。天気予報をチェックし、予想気温によって薄手のアウターを用意したり、インナーを半袖にしたりするなどの調節をしましょう。

冬におすすめの服装と注意点

冬は寒さ対策をしっかりして、体調を崩さないよう工夫する必要があります。スーツやワンピースはブラックを基調としたものが多く選ばれますが、重たい印象になりすぎないようアクセサリーなどでアクセントを加えるとよいでしょう。

冬は寒さ対策も大切ですが、室内が暖かい場合も多いため、アウターで温度調節ができるのが理想です。ダウンジャケットやウールのコートを用意しておけば、屋外で過ごす時間も快適に過ごせるでしょう。

お宮参りの祖母の服装|年齢別のおすすめスタイル

お宮参りの祖母の服装|年齢別のおすすめスタイル

お宮参りの祖母の服装は、年齢によってもおすすめしたいスタイルが異なります。40~50代、60代以上と年代別におすすめの和装・洋装のデザインやポイントをそれぞれチェックしていきましょう。

祖母が40代〜50代の和装

40代、50代の比較的若い世代の祖母が和装を着る場合、華やかになりすぎないことを意識しましょう。年齢相応のデザインだとママより目立ってしまう可能性があるため、シックな着物を選び、落ち着いた雰囲気を演出するのがおすすめです。

ピンクグレーやクリーム色、薄い藤色など、控えめながらもかわいらしい色の着物なら、上品な仕上がりで老けた印象にもなりません。

祖母が40代〜50代の洋装

洋装も華やかさが際立つと、主役より目立ってしまいます。赤ちゃんが引き立つ服装を心がけ、控えめなカラーのスーツやワンピースを選びましょう。

Iラインのスーツは広がりすぎないため動きやすく、スタイルよく見せてくれるのでおすすめです。上品かつ控えめな服装を選ぶのが第一ですが、美しいシルエットを見せることでスタイリッシュに見える工夫をするとよいでしょう。

祖母が60代〜の和装

60代以上の方は日頃から地味な色合いの和装を選びがちですが、「ご祈祷の場だから」と地味すぎる色を選ぶと、年齢よりも老けて見えてしまいます。控えめな色合いのなかでも、淡い水色や紫、明るいグレー、クリーム色など少し明るめのものを選ぶと、顔も明るい印象になるでしょう。

紺や黒をはじめとした深みのある濃い色は、老けて見えるだけでなく暗い印象になりがちです。お祝いの場であるお宮参りでは避けた方が無難でしょう。

祖母が60代〜の洋装

洋装の場合も、明るめのカラーを選ぶと地味になりすぎません。ブラックよりもネイビー、ベージュ、グレーなどのスーツやワンピース、ジャケットを選ぶとよいでしょう。また、光沢のある素材も、上品さにプラスして若々しさを与えてくれるのでおすすめです。

洋装は動きやすいのも特徴です。長時間楽に着られて疲れにくいものを選ぶなら、ぴったりとしたものより、ゆとりのあるデザインが適しています。

お宮参りの祖父母の疑問|知っておきたいマナーや心遣い

お宮参りの祖父母の疑問|知っておきたいマナーや心遣い

お宮参りには昔ながらの風習やマナーがあるものの、昨今はママパパの思いを尊重したスタイルをとるご家庭も増えています。そのため、祖父母が同行する場合にしきたりをどれだけ大切にするのか、お祝い金をどうするのか判断に迷うこともあるでしょう。

ここでは、どのようなマナーや心遣いをするとママパパに喜ばれるのか解説します。

しきたりにとらわれずパパママの意見を尊重する

お宮参りでは「父方の祖母が赤ちゃんを抱っこする」「神社では参拝だけでなくご祈祷も受ける」など、昔ながらのしきたりを大切にしたい祖母もいらっしゃるとは思いますが、風習は時代に応じて変化している部分もあります。

参拝の方法やお宮参り当日のスケジュールについては、ママパパの意見を尊重してあげると、全員が気持ちよくお宮参りに参加できるでしょう。

お祝い金は両家で話し合って決める

お宮参りに同行する場合、出産祝いとは別にお祝い金を用意する祖父母が多い傾向です。両家でお祝い金の額が異なったり、片方の家のみお祝い金を渡したりすると、トラブルになりやすいので注意しましょう。

お祝い金を用意するときには事前に両家で話し合い、金額を合わせるのがおすすめです。また、お祝い金の代わりに祝着(のしめ)を用意したり、ご祈祷料を負担したりするなどの分担を決めておくのもよいでしょう。

会食や記念写真撮影費用を負担するのもアリ!

お祝い金を現金で渡すだけでなく、ご祈祷料やお参り前後の会食、記念写真撮影の費用を負担するのもお祝い方法の一種です。ご祈祷、会食、記念写真撮影すべてを実施すると費用がかかるため、祖父母が一部を負担してあげるなどの気遣いも大切です。

会食は赤ちゃんを囲み、ご家族で楽しい思い出を作れる場です。記念写真撮影はプロカメラマンに依頼すると、お祝いの1日を美しく記録に残せるでしょう。特に子ども向けスタジオ撮影なら、赤ちゃんを引き立てるかわいい衣装やセットが豊富に揃っているため、撮影を見守る祖父母やママパパにとっても魅力的です。

大切なお孫さんとの思い出に!スタジオアリスのお宮参り撮影

大切なお孫さんとの思い出に!スタジオアリスのお宮参り撮影

スタジオアリスでは、赤ちゃんから成人を迎えるお子さまに至るまで、幅広い年齢のお子さまの記念写真撮影を実施しています。やさしくあたたかな空間での撮影、豊富な商品ラインアップで、お宮参りの思い出をより鮮明に残すことが可能です。

最後に、スタジオアリスのお宮参り撮影の魅力を紹介します。

色とりどりの祝着(のしめ)や魅力的な衣装が多数!

色とりどりの祝着(のしめ)や魅力的な衣装が多数!

スタジオアリスでは、カラーやデザインの豊富な祝着(のしめ)をはじめ、洋装や着ぐるみなど、赤ちゃんをかわいく引き立てる衣装が多く揃っています。

祝着(のしめ)は撮影翌日正午まで無料でレンタルできるため、神社でも美しい祝着(のしめ)を着用しての撮影やご祈祷が可能です。撮影とは異なるデザインを選べるのも、スタジオアリスで記念写真撮影をするメリットです。

(参考:『お宮参り(ニューボーンフォト)』)

家族写真をお子さまの節目に撮影するのも◎

家族写真をお子さまの節目に撮影するのも◎

スタジオアリスでは、赤ちゃん1人での撮影はもちろんのこと、ごきょうだい、ご家族での撮影もお楽しみいただけます。ご家族が揃うお子さまの節目の日に撮影した家族写真は、ママパパへのプレゼントにも最適です。

祖父母も一緒に撮影に参加し、写真をアルバムやフォトパネルに入れてご自宅に飾っておけば、いつでもお宮参りのことを思い出せるでしょう。

(参考:『ファミリーアニバーサリー(家族写真)メープルアニバーサリー(長寿祝い)』)

お孫さんとのかけがえのない時間を形に

お孫さんとのかけがえのない時間を形に

撮影した写真をさまざまな商品としてカタチにできるのも、スタジオアリスの魅力です。お宮参り撮影におすすめの商品のひとつに、足型も残せる「フォトパネブロックファーストイヤー」があります。

こちらの商品では、1歳までの記念写真をご来店ごとに追加可能です。お宮参りから1歳のお誕生日までに赤ちゃんがどれだけ成長したのかが、一目でわかります。撮影ごとに取った足形は初回に入る足形用紙が透けているので、大きくなった足形を重ねて楽しめる点もポイントです。

(参考:『フォトパネブロック<ファーストイヤー>【3個タイプ】』)

まとめ

まとめ

お宮参りに祖母が同行する場合の服装は、和装・洋装のどちらを選んでもかまいません。赤ちゃんを引き立て、季節感を意識した装いでお宮参りに花を添えましょう。

また、お祝いの気持ちを込めた会食や記念写真撮影の費用を祖父母で一部負担すると、ママパパに喜ばれます。スタジオアリスのお宮参り撮影で、赤ちゃんの姿をよりかわいく残してみてはいかがでしょうか。

魅力たっぷりのお宮参り撮影は、WEBからも簡単にご予約いただけます。ぜひご活用ください。

みなさまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

\WEB予約はこちら/スタジオアリスの
お宮参り

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる