お宮参りのベビードレスの選び方や着せ方を解説!|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのベビードレスの選び方や着せ方を解説!

お宮参りのベビードレスの選び方や着せ方を解説!

赤ちゃんと家族にとって大切な行事の1つであるお宮参り。できれば、思い出に残る素敵なものにしたいですよね。そこで、重要なポイントの1つとなるのが赤ちゃんの服装選びです。お宮参りの服装は正式には着物(祝い着)とされていますが、最近はベビードレス(セレモニードレス)でお宮参りに訪れる方も増えています。

そこで今回は、ベビードレスの選び方や着せ方に加え、人気のベビードレスブランドをご紹介します。

お宮参りにはベビードレスがおすすめ

お宮参りにはベビードレスがおすすめ

お宮参りの服装で、「着物だと汚れるのが心配…」「着物の着せ方がわからない…」という悩みを持ったママ・パパにおすすめなのが、ベビードレスです。ベビードレスはお手入れや着せ方も簡単なので、赤ちゃんらしい可愛らしさを出したい方にもおすすめです。

そもそもベビードレスとは?

ベビードレスは、もともとキリスト教の洗礼式などで赤ちゃんが着用するためのドレスです。日本ではお宮参りだけではなく、赤ちゃんが病院から退院する日など特別な日に着ることが多いです。ドレスと名前がついていますが、男の子でも女の子でも着ることができ、女の子の場合はレースがついたベビードレス、男の子の場合はタキシード風のベビードレスと種類も豊富に揃っています。

ベビードレスがお宮参りにおすすめの理由

ベビードレスがお宮参りにおすすめなのは、そのかわいらしさだけではありません。購入しやすさやお手入れの手軽さなど、さまざまな理由があるからです。

着物(祝い着)より購入しやすい価格帯

お宮参り用の着物は、一般的には3万から5万円程度といわれています。しかし、デザインや素材にこだわると大人の着物と同等、場合によってはそれ以上の値段になることもあります。
一方ベビードレスは、素材やデザインにこだわったものでも5,000円から1万円前後で購入できます。ブランドのベビードレスであっても、数万円で購入できるものがほとんどです。

お手入れがしやすい

着物(祝い着)は自宅で洗うことができないので、クリーニングに出す必要があります。また、保管やメンテナンスにも手間がかかります。
その点、ベビードレスはお手入れが簡単です。繊細な素材を使用していることも多いので洗濯は手洗いが基本ですが、商品によっては洗濯機で洗うこともできます。保管もそれほどスペースをとりません。

日常着にできるものから豪華なものまでデザインが豊富

ベビードレスはデザインが多彩で、シンプルで普段使いができるものから結婚式にお呼ばれしたときにも着用できる華やかなものまで、豊富なバリエーションから選ぶことができます。大人向けのブランドがベビードレスを手掛けていることも少なくないので、お気に入りのブランドで親子コーディネートを楽しむこともできます。

男の子にもベビードレスを着せて◎

男の子にベビードレスを着せることに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、赤ちゃんは男の子でも女の子でもレースやフリルが似合います。もちろん、シンプルなデザインのベビードレスもありますし、簡単に脱着できるネクタイなどがセットになっているベビードレスもあります。お気に入りのベビードレスで、家族の記念日を彩りましょう。

ベビードレスの選び方

ベビードレスの選び方

ベビードレスは、さまざまなデザイン・素材(生地)があるので「どれを選べばいいのかわからない」と悩む方も少なくありません。ここからは、ベビードレスを選ぶ際にポイントとなる「デザイン」「素材(生地)」「サイズ」について解説します。

デザイン

ベビードレスは、大きく分けて「ドレスタイプ」と「ツーウェイオール」の2種類があります。「お宮参りだけではなく、日常着としても使いたい」という場合には、ツーウェイオールがおすすめです。ツーウェイオールは、ドレスタイプに比べておむつ替えをしやすいというメリットもあります。

一方、ドレスタイプは華やかで、写真映えします。豪華なレースや繊細な刺繍のあるベビードレスは普段使いには向きませんが、記念に残る特別な服装として非常に魅力的です。なお、両者のメリットを併せ持つ「ツーウェイオール+オーバードレス」というスタイルもあります。

夏・冬におすすめの素材(生地)

汗ばむ夏場は、通気性・吸水性の良い素材(生地)を選びましょう。おすすめは、メッシュやガーゼ、天竺(Tシャツによく使われる素材)のベビードレスです。ただし、赤ちゃんは体温調節が上手にできません。冷房や急に気温が冷え込んだ時の対策として、薄いケープを一枚用意しておくと良いでしょう。
冬場は、フライスやベロア、ニットガーゼがおすすめです。寒さによっては、おくるみ(アフガン)や少し厚手のケープなども用意しましょう。

ベビードレスのサイズ選び

ベビードレスのサイズは、50から70cm程度が一般的です。メーカーやデザインによりサイズ展開は異なりますが、お宮参りだけに使うのであれば50から60cmのジャストサイズを選ぶ方が赤ちゃんも動きやすく、ご機嫌に過ごせるでしょう。長く使いたいという場合には、サイズに幅がある50から70cmのものがおすすめです。

ベビードレスの着せ方

ベビードレスの着せ方

ベビードレスを赤ちゃんに着せる際には、肌を守る肌着や体温調節に役立つ羽織物などが欠かせません。こちらも、季節ごとに配慮する必要があるので確認しましょう。

肌着

夏場は、半袖肌着を一枚着せた上にベビードレスを着せます。暑い季節ですが、肌着を着ることで汗の吸収が良くなり、赤ちゃんが快適に過ごせます。

春と秋は、半袖または長袖の肌着を着せ、その上にツーウェイオール・ベビードレスの順番で着せます。ツーウェイオールのみの場合は、羽織物で体温調整をしてあげましょう。

冬は、半袖の肌着に長袖の肌着を重ね、その上にツーウェイオール・ベビードレスを着せます。寒さが厳しい場合は、ツーウェイオールにベストを重ねるのもおすすめです。

羽織物

羽織物は、写真映えをよくするだけではなく、赤ちゃんの体温調節にも役立つアイテムです。
羽織物として着物(祝い着)を用意すれば洋装も和装も楽しむことができますが、ベビードレスに合わせてレースや刺繍があしらわれたケープをかけるのもおすすめです。

また寒い季節は、おくるみ(アフガン)をベビードレスの上から着せて、防寒対策をするようにしましょう。

ベビードレスのお手入れ方法

ベビードレスのお手入れ方法

お宮参り用のベビードレスを購入したら、あらかじめ水通しをしておきましょう。また、お宮参りの後はその日のうちにお手入れをして、シミなどを残さないようにしましょう。
ただし、お手入れ前には必ず洗濯表示を確認してください。ここでは手洗い・水洗いができるベビードレスのお手入れ方法をご紹介します。

  1. コサージュやリボンなど、外すことができる付属品はすべて外します。
  2. ぬるま湯に洗剤を溶かし、ドレス全体を浸して押し洗いします。汚れが気になる部分は、やさしくもみ洗いしてください。
  3. ぬるま湯を交換しながら押し洗いして、洗剤を洗い流します。
  4. すすぎ終わったら、型崩れしないようにやさしく押しながら絞ります。
  5. 脱水機が使えるベビードレスなら、洗濯ネットに入れて軽く脱水をかけます。脱水できないものは、バスタオルではさんで水分を抜きます。
  6. 形を整えて、陰干しします。しわを伸ばしてから干すと、アイロンがけが楽になります。
  7. 乾いたら、当て布を当ててアイロンをかけます。アイロンの設定温度に注意してください。

なお、水通しの場合は、気になる汚れがなければ洗剤を使わなくても大丈夫です。

お宮参りで人気のベビードレスブランド5選

お宮参りで人気のベビードレスブランド5選

最後に、お宮参りで人気のベビードレスブランドを5つご紹介します。

familiar(ファミリア)

皇室御用達ブランドとしても名高いfamiliar。決して派手なデザインではありませんが、シンプルで愛らしく、やわらかな印象のドレスが多いのが特徴です。
シルク製のベビードレスは20万円を超えるものもありますが、コットン素材の一般的なものは3万円前後で、ツーウェイオールは8,000円程度から購入できます。

MIKI HOUSE(ミキハウス)

子ども服ブランドとして不動の人気を誇るMIKI HOUSE。こちらのベビードレスは、透け感が美しいオーガンジーやレースなどを使ったドレス風コートと、日常着にも使えるツーウェイオールがセットになった商品が人気です。また、男の子に似合うタキシード風セレモニーツーウェイオールもあります。価格は2万から5万円程度です。

CELEC(セレク)

織り・編みから染色、縫製まですべての工程を日本でおこなっているCELECの商品は、高品質で赤ちゃんへの愛情であふれています。ベビードレスは、胸元に大きめのフリルをあしらったデザインが特徴的で、赤ちゃんのかわいらしさをより一層引き立ててくれます。シルクサテンのベビードレスは8万円程度ですが、他は2万から3万円程度の手が届きやすい価格になっています。

Hoppetta(ホッペッタ)

オーガニックコットンにこだわるならば、Hoppettaのベビードレスがおすすめです。シンプルなデザインで派手さはありませんが、コットンのやさしい肌触りにホッとします。ツーウェイオールとエプロンドレスなどのセットで2万円を割るお手頃感も嬉しいポイントです。

Amorosa mamma(アモローサマンマ)

Amorosa mammaのベビードレスはすべてオーガニックコットン100%で、デリケートな赤ちゃんの肌にもおすすめです。また、繊細な刺繍やレースなどを用いたデザインも多く、記念日に華を添えてくれます。もちろん、男の子用ベビードレスも充実しています。1万から3万円程度で購入できるのも魅力の1つです。

ベビードレスでお宮参りの楽しい思い出作りを

ベビードレスでお宮参りの楽しい思い出作りを

生後間もない赤ちゃんはオムツ替えの頻度も多いので、お宮参り中でも簡単に脱ぎ着ができるベビードレスがおすすめです。汚れてしまった際のお手入れが簡単にできる点もママには嬉しいポイントではないでしょうか。
今回ご紹介したベビードレスの選び方や着せ方を参考に、赤ちゃんに似合うベビードレスを見つけ、お宮参りに行きましょう。

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りをする神社

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる