男の子のお宮参りは着物が定番?着物の選び方や柄の意味を解説|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

男の子のお宮参りは着物が定番?
着物の選び方や柄の意味を解説

男の子のお宮参りは着物が定番?着物の選び方や柄の意味を解説

お宮参りは、赤ちゃんの誕生を神様に感謝するとともに、健やかな成長を願っておこなわれる日本の伝統行事です。生まれてから1ヵ月が過ぎた頃におこなわれるので、赤ちゃんがまだお腹にいるときから準備をしている親御さんも多いのではないでしょうか。
お宮参りは、赤ちゃんが男の子か女の子で服装が違ってきます。ここでは、赤ちゃんが男の子だったときの、お宮参りの服装や着物の選び方、おすすめの着物をご紹介します。

男の子のお宮参りはいつ行くの?

お宮参りに行くのは「赤ちゃんが生まれてから1ヵ月が過ぎた頃」ですが、正しい日にちや、男の子と女の子とではお宮参りをする日が違うのをご存知でしょうか?

男の子のお宮参りの時期

男の子のお宮参りは、生後31日目か32日目におこないます。
しかし、地域の慣習などによって、お宮参りをおこなう時期が違う地域もあるようです。地域によっては、生後100日の「百日祝い」と合わせたり、寒い冬の時期を避け、春を待ってからお宮参りをおこなったりするところもあります。必ずしも31日目、32日目にやる必要はないので、地域に合わせたお宮参りにすると良いでしょう。

赤ちゃんとママの体調面を考慮する

お宮参りは赤ちゃんが生まれて1ヵ月頃におこなう行事です。生後間もないこともあり気候の変化や環境に体が慣れていないため、赤ちゃんの体調が不安定な可能性があります。また、産後間もないママの体調も万全ではないことが多いです。
地域によって冬の寒い時期を避ける慣習があるのはそのような理由からですが、すべての家族に言えるのは、赤ちゃんとママの体調や健康を最優先に考えることです。
慣習にとらわれることなく、誰もが笑顔で、気持ちよく過ごせる時期におこないましょう。

【お宮参り】男の子の服装

【お宮参り】男の子の服装

お宮参りは、近年ベビードレスやセレモニードレスなどの洋装が人気ですが、「和装」が正装とされています。

着物(祝い着)

お宮参りでは、赤ちゃんが着物を着ることが正装とされており、初めて身につけることから、「初着」や「産着」と言う人もいるようです。
着物には「熨斗目(のしめ)模様(袖や腰のあたりに縞模様が入った武家の礼服)」を選ぶ方が多く、その他にも鷹や龍、兜など、力強いデザインが好まれる傾向にあります。お宮参りを終えたら、仕立て直せば七五三でも同じ着物を着ることができます。

白羽二重(しろはぶたえ)

真っ白な絹で織られた「内着」を「白羽二重」と言います。絹を使っているので、生地は美しく、光沢もあり、高級感や上品さ、品格が漂います。ベビードレスやロンパースなど、洋装でお宮参りに臨むときも、赤ちゃんには白羽二重を着せます。

【お宮参り】男の子の着物(祝い着)の選び方

【お宮参り】男の子の着物(祝い着)の選び方

着物(祝い着)にあしらう柄やデザインにも、さまざまな願いが込められています。ここでは、男の子の赤ちゃんにはどのような着物を選べば良いか、4つのポイントをご紹介します。

着物(祝い着)の色

男の子の赤ちゃんは、黒色や紺色など、伝統的でベーシックな色を基調にした着物が人気のようです。濃い色の生地を選ぶと、柄や金糸などの装飾が美しく、見栄えが良いのも人気の理由の一つかもしれません。黒色や紺色などの色は、季節を問わずに着ることができます。

柄や絵柄

着物(祝い着)に描かれる柄や絵柄には、それぞれに願いが込められています。以下を参考に柄・絵柄を選ぶのがおすすめです。

  • ・鷹・鯉:出世や大成
  • ・兜:厄や邪気から守る
  • ・龍:出世や飛躍
  • ・宝船:おめでたい門出を祝う
  • ・松:威厳や長寿
  • ・束ね熨斗:長寿や人との縁

生地

着物(祝い着)は、織り方によって「綸子(りんず)」と「縮緬(ちりめん)」に分けられます。触ったときの生地の感触も大きく異なるので、赤ちゃんの着物を選ぶ際の参考にしてください。

生地

なお、写真は「綸子(りんず)」系となりますが、その特徴は光沢の美しさです。高級感もあり、写真撮影の際は赤ちゃんの可愛らしさが引き立ちます。
男の子の着物には家紋を入れるのが一般的ですが、生地に光沢があると地模様が浮き出たように見えるので、柄・絵柄を入れた着物とは一味違った雰囲気を楽しめます。

生地

また、「縮緬(ちりめん)」系は、独特の凹凸が光を反射し、色に深みや奥行きを出すのが特徴です。触ったときの感触はしっとりしていて、生地も丈夫なので長く使えるのが特徴です。

お宮参りの着物は正絹で織られますが、手入れのしやすさや価格の手ごろさから、ポリエステルなどの化学繊維で織られた着物を選ぶ方も増えています。

染めや刺繍などの加工法

生地だけでなく、加工法の違いによっても、着物(祝い着)は見た目も雰囲気もがらりと変わります。

染め
柄を染料で染めて描く加工法です。手描きで描く「手描き染め」もありますが、より鮮やかな色を出す「型染め」が一般的です。
刺繍
「刺繍」には、手間と高い技術が必要とされています。ワンポイントで刺繍を施す着物もありますが、絵柄全体を刺繍で描いた「総刺繍」は、圧倒されるくらいの迫力と立体感に満ちています。
金彩加工
金彩加工は、金粉や銀粉が施され、着物の華やかさを醸し出す加工法です。刺繍とは違った立体感と高級感が出ます。

お宮参りにおすすめ!男の子の着物(祝い着)を3つ紹介

ここまでは、男の子の着物(祝い着)の選び方などを紹介してきました。ここでは、男の子のお宮参りにおすすめの着物を3つ紹介します。

お宮参り用の着物(祝い着):菱地紋生地

お宮参り用の着物(祝い着):菱地紋生地
引用元:http://www.kyoubi.jp/ku-00120000.htm

最初に紹介するのは、古典柄が特徴の着物です。
黒地にベージュの濃淡ぼかしが入っていて、シンプルでありながら上品さが感じられます。鷹を中心に、御所車や扇面、松などの古典的な柄が全面にあしらわれているので、男の子らしい力強さも感じられるでしょう。鷹の頭部には刺繍や金彩加工の縁取りが施されています。
着物には長襦袢が「しつけ糸」で縫い付けられているので、簡単に着せることができます。

お宮参り用の着物(祝い着):変わり無地生地

お宮参り用の着物(祝い着):変わり無地生地
引用元:http://www.kyoubi.jp/ku-002804580-u5.htm

菱地紋生地と同じ黒地ですが、雲が流れる風景を描いた「ヱ霞文様(えがすみもんよう)」に、松竹梅や紋柄、小槌などの縁起物が散りばめられているので、全体的に柔らかな印象を与えます。手描きの柄には、ところどころ金コマ刺繍や金彩加工が施されています。

仕立て直して七五三で着たり、兄弟で受け継いだりすることもできるので、着物に家紋を入れるのも良いかもしれません。

お宮参り用の着物(祝い着):正絹のしめ

お宮参り用の着物(祝い着):正絹のしめ
引用元:https://item.rakuten.co.jp/akogareyume/d3007/

最後に紹介するのは、黒地に赤色や緑色、青色などさまざまな色で柄を描いているだけでなく、金色の装飾も贅沢にあしらった着物です。
鋭い眼光の鷹が刺繍されており、本質を見抜く力や鷹特有の鋭い爪から掴んだ幸運を逃さないという意味も含まれています。

素敵な着物(祝い着)で思い出に残るお宮参りを

素敵な着物(祝い着)で思い出に残るお宮参りを

お宮参りは、赤ちゃんにとって一生に一度の記念すべき行事です。そんなお宮参りを素敵な着物(祝い着)で迎えることができたら、思い出に残る1日となるでしょう。今回ご紹介した選ぶポイントなどを参考にして、赤ちゃんにぴったりの着物を選んであげてください。

また、生後1ヵ月頃にお宮参りをおこなう場合は、生まれる前に着物を用意しておくと良いでしょう。家族によっては祖父母が用意することもあるので、事前に確認しておくのもおすすめです。お宮参りを皆が晴れやかな心で迎えられるように、着物選びや日取り決めなどの心配りを忘れないでくださいね。

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる