七五三やお宮参りの初穂料とは?のし袋や中袋の書き方と注意点を解説|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りのキホン

七五三やお宮参りの初穂料とは?
のし袋や中袋の書き方と注意点を解説

七五三やお宮参りの初穂料とは?のし袋や中袋の書き方と注意点を解説

お宮参りや七五三などのお子さまの行事で神社やお寺にお参りをすることになったママパパもいるでしょう。ご祈祷の際に謝礼として初穂料を支払いますが、初穂料の包み方や具体的な金額、のし袋の書き方などについて、詳しく知らないというママパパは多いでしょう。

そこでこの記事では、初穂料に関する情報や、のし袋の書き方を解説します。初めてお宮参りをするママパパに向けて役立つ情報なので、ぜひご一読ください。

目次
初穂料・玉串料とは?それぞれの特徴
初穂料・玉串料を使うシーン
のし袋・中袋の書き方は?
のし袋を書く際の注意点!
初穂料・玉串料の金額の目安
初穂料・玉串料の包み方は?お金の入れ方とマナー
家族がそろうお宮参りや七五三には記念撮影を撮ろう!
まとめ

初穂料・玉串料とは?それぞれの特徴

初穂料・玉串料とは?それぞれの特徴

初穂料や玉串料といった言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。いずれもお参りをする際に神社へ納めるお金のことを指しています。初穂料と玉串料の違いにはどのような点があるのでしょうか。ここでは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

初穂料の特徴

「初穂料」とは本来、初めて収穫されたお米のことを指します。お米を作る農家以外は初穂をお供えできないため、のちに金銭を納める形式に変化しました。特に初穂は神様のお供えものと認識されていたため、現代でも神前に納めるお金として「初穂料」が浸透しています。

また初穂料は感謝の気持ちを伝えるためのお金です。そのため婚礼やお宮参りなどの慶事では使われる一方、弔事では避けるのがマナーと考えられている点には注意しましょう。

玉串料の特徴

「玉串」とは榊の枝に紙垂をつけたものを意味します。日本では古くから、玉串と一緒に野菜や魚などを神様にお供えする文化がありました。しかし玉串を用意できない人も一定数いたため、代わりにお金をお供えするようになった背景があります。

初穂料との違いは、お葬式をはじめとする弔事でも使えることです。慶事・弔事問わず利用できると覚えておきましょう。

初穂料・玉串料を使うシーン

初穂料・玉串料を使うシーン

初穂料と玉串料は、いずれも神前に納めるお金を指しています。一方でそれぞれをどのような場面で納めるのか、お宮参りの前にチェックしておきたいママパパもいるでしょう。ここでは初穂料・玉串料を使うシーンについて解説します。

初穂料を使うシーン

初穂料は神社で開かれるほとんどの祭事で使用できます。具体的には、交通安全祈願や安産祈願、七五三詣などが該当します。また御守を受ける際は「初穂料8,000円」のように表記されているケースもあるでしょう。

しかし唯一「神葬祭」では初穂料の使用はタブーとされています。神葬祭とは、神道式の葬儀のことです。初穂料は本来「感謝」を表するときに納めるものです。お宮参りでは問題なく納められますが、状況に応じた使い分けを意識しましょう。

玉串料を使うシーン

玉串料は、初穂料よりも幅広い場面で利用可能です。具体的には神社でのご祈祷や結婚式の他にも、神葬祭や葬儀でも利用できます。厳密な違いはありますが、おおむね初穂料と同じように使えるのがポイントです。

ただし御守や御札を受ける際には、初穂料のほうが好ましいでしょう。これからお宮参りをしようと考えているママパパは、初穂料を納める前提でお金を用意しておくのがおすすめです。

のし袋・中袋の書き方は?

のし袋・中袋の書き方は?

初穂料を納める際には、のし袋や中袋に包んで納めるのが通例です。のし袋や中袋の両面には、名前や住所といった情報を記載します。納める前にどのような内容で記載しておくのがよいのかチェックしておきましょう。

のしの表書きには「初穂料」と「名前」を

のし袋の表側には書くべきポイントが2つあります。具体的には水引の上に「初穂料」、下に「名前」を記載しましょう。

また「初穂料」の代わりに「御礼」「御玉串料」「御神饌料」などの記載も可能です。ただし「御布施」と記載するのはNGです。「名前」を書くスペースには、お子さまのお名前を記載してください。

のしと中袋がセットの場合

のし袋には、初穂料を包むための中袋がセットになった種類のものもあります。この場合、表面には水引の上に「初穂料」、下に「お子さまの名前」を記載しましょう。そして裏面には「金額」と「住所」を記載します。

また裏面の「金額」や「住所」については縦書きが基本です。特別な指定がない限り、横書きは避けておきましょう。

中袋表面には「金額」を

のし袋を記載したら、引き続き中袋を記載します。中袋とは初穂料を包み、のし袋の中に入れる袋のことです。そして中袋の表面には初穂料の「金額」を記載します。

また金額は「10,000円」や「一万円」といった書き方でも問題ありません。伝統を意識するなら「壱」「萬」などの大字(だいじ)を活用して記載するのもおすすめです。複雑な記載パターンがあるわけではないため、初めて書くママパパでも安心でしょう。

中袋裏面には「住所」と「名前」を

中袋は表面だけでなく、裏面の記載も重要です。具体的に裏面には「住所」と「名前」を記載します。住所を書く際には郵便番号から、名前を書く際にはお子さまのお名前をフルネームで記載しましょう。また中袋がないタイプと同様に、縦書きで書くのが推奨されています。

のし袋を書く際の注意点!

のし袋を書く際の注意点!

のし袋を書くときには、いくつか注意点があります。いずれも細かなポイントですが、初穂料を気持ちよく納めるためには押さえておきたいものばかりです。それぞれマナーをチェックしつつ、のし袋の正しい記載形式に沿って必要事項を埋めていきましょう。

お寺の場合は表書きの書き方が違う

神社とお寺では、のし袋の書き方や表記方法に違いがあります。共通の書き方ではマナー違反になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

具体的には神社で「初穂料」と記載するところを、お寺では「御布施」または「祈祷料」と書きます。お宮参りの場所をどちらにするかを決めてから記載し、ミスをしないように注意しましょう。包む前に再度チェックをしておくと安心です。

ボールペンや万年筆はNG

初穂料を包むのし袋や中袋の記載には、毛筆を使用するのが通例です。ボールペンや万年筆を使うのはNGなため、誤って使用しないようにしましょう。

ただし毛筆や墨汁などを用意できない場合は、筆ペンも利用可能です。ボールペンや万年筆とは異なり、正式なマナーとして認められています。大きくはっきりとした文字で記載しましょう。

金額は縦書きで大字を使用

金額を書く場合は、大字を使用した記載を心がけましょう。大字とは漢数字の難しい記載方法で、後から数字を書き加えられないようにする目的で使用します。また大字の記入例は次のとおりです。

  • ・1=壱
  • ・2=武
  • ・3=参
  • ・10000=萬
  • ・円=圓

また漢字を使うため横書きで記載するのが好ましいと考える方もいますが、記入の際は縦書きを意識しましょう。

住所の書き方

住所を記載する場合も封筒やハガキに記載するときと同様に、縦書きにします。特別な指定がある場合は横書きにすることもありますが、原則として縦書きで記載しましょう。

また住所を書く際には、郵便番号も忘れず記載する必要があります。郵便番号も住所同様、縦書きで書きましょう。

ごきょうだいと一緒の場合は連名で

ごきょうだいでご祈祷を受ける場合、のし袋を人数分用意する必要はありません。ごきょうだい分をまとめてのし袋に入れ、名前欄を連名で記載します。何枚も記載せずに納められるため、受付でも手続きがスムーズです。

ただしお子さまの名前を連名で記載する際には、ルールがあります。まず年上のお子さまの名前をフルネームで記載し、その左側に年下のお子さまの名前のみを記載します。こちらも押さえておきましょう。

初穂料・玉串料の金額の目安

初穂料・玉串料の金額の目安

初穂料や玉串料は、具体的にいくら包むのが正解なのかイメージが難しいものです。ある程度の相場を事前にチェックして、失礼のない金額を納めるようにしましょう。ここでは初穂料・玉串料で納める金額の目安を解説します。特に初めて初穂料を納めるママパパは、ぜひチェックしてみてください。

相場はいくら?

初穂料・玉串料の相場は、お子さまひとりにつき5,000円程度が目安です。寺社によっては受付場に具体的な金額を提示している場合もありますが、おおよその目安として5,000円がひとつの基準になると考えておくと安心でしょう。

ただし5,000円という金額はあくまでも目安です。前もって参拝先寺社の初穂料の金額を確認しておくようにしましょう。初穂料を高めに設定してある寺社もあるため注意が必要です。

金額は参拝先の寺社でチェック

初穂料・玉串料の金額は寺社によって異なります。たとえば東京にある赤坂日枝神社は、授与品としてお子さまがよろこぶおもちゃを提供してくれますが、初穂料が10,000円以上と高めに設定してあります。5,000円という相場を考えて検討する必要があるでしょう。

もう少しリーズナブルにしたい場合は、地方や地元にある寺社を利用するのがおすすめです。経済的な負担を少なくし、必要に応じた金額を用意するのがベストでしょう。

初穂料・玉串料の包み方は?お金の入れ方とマナー

初穂料・玉串料の包み方は?お金の入れ方とマナー

初穂料・玉串料を包む際にもマナーが存在します。いずれも複雑なルールではありませんが、大切なお金を扱う以上、きちんと守っておきたいものです。安心して納められるように、欠かさずチェックしておきましょう。ここでは初穂料・玉串料の包み方を中心に解説します。

なるべく新札を包む

お札はできるだけ新札を包むのが好ましいでしょう。新札とは新しいお札のことで、使用頻度も少なく折り目もついていないお札が該当します。

一方新札を用意するのが難しい場合もあるかもしれません。その際はなるべくきれいなお札を包むのがベターです。必ずしも新札を準備する必要はありませんが、神前に納めるお金という意識を忘れずに包むお札を選ぶのが好ましいでしょう。

お札の向きにも注意!

包むお札の向きにもポイントがあります。初穂料・玉串料で包む場合、お札の表面が中袋の表面と一致する向きで入れるのが一般的です。中袋を開けた際、お札の肖像画が出てくる状態にしておきましょう。

ただしお札の入れ方はあくまでもマナーのひとつです。絶対のルールではないため、意識する程度にとどめておいても問題はありません。

初穂料は誰が渡す?タイミングは?

初穂料はパパ側の祖父母が負担する傾向にありますが、近年ではママ側の祖父母が負担するケースも少なくありません。そして納めるタイミングとしては「祈祷前」と「祈祷後」の2つがあります。タイミングが難しい場合は、参拝先寺社のホームページや事前連絡で確認をとりましょう。

また参拝記念として写真撮影をするのもおすすめです。無事に初穂料を納められたことも目に見える記録として残せるのがうれしいポイントですね。

ふくさに包んで渡す

のし袋は必ずふくさに包んで持参しましょう。ふくさを使わずにそのままのし袋を持ち歩くのはマナー違反です。神社で渡すのし袋も、結婚式や葬儀の香典と同様にふくさに入れて持ち歩くようにしましょう。

また神社の社務所でのし袋を渡す際は、渡す直前にふくさから出して渡すのが本来のマナーです。

家族がそろうお宮参りや七五三には記念写真を撮ろう!

家族がそろうお宮参りや七五三には記念写真を撮ろう!

初穂料を納める機会があるお宮参りや七五三。お子さまの晴れ姿を、記念として写真に収めたいと考えている方も多いでしょう。スタジオアリスでは、ご家族のご意向を十分に加味した最高の一枚を撮影できます。ここではスタジオアリスを利用するメリットを紹介します。

スタジオアリスなら一部地域で出張撮影が可能!

スタジオアリスでは、東京と神奈川を対象に出張撮影サービスを展開しています。ご家族で撮影するのが難しかったり、諸事情により写真撮影ができなかったりする場合に備えて、スタッフが参拝先寺社まで伺います。

また撮影スタッフはプロのカメラマンです。撮影当日は、つきっきりでみなさまの撮影をサポートいたします。初めての撮影でも安心してサービスを受けていただけるでしょう。

スタジオアリスならお宮参りの祝着(のしめ)を無料貸出!

スタジオアリスでご予約いただくと、お宮参りで利用可能な祝着(のしめ)がレンタルできます。レンタル料金は無料で、約500着を超える衣装の中から好きなものを選んで着用できるのがうれしいポイントです。

また衣装は撮影後の翌日正午まで貸し出しできます。撮影当日中や翌日午前の返却が難しい場合でも、時間にゆとりを持って返却できるので安心です。

「パパママ着物プラン」を利用して和装で記念撮影を

スタジオアリスでは、お子さまだけでなくご家族でも撮影を楽しんでいただけるプランをご用意しています。「パパママ着物プラン」をご利用いただけば、ママパパに合わせた特別な衣装・着物をご用意可能です。

さらにプランでは着物のレンタルはもちろん、着付けまでセットになっています。ご自身だけで着付けをする必要がないため、お気軽に利用できるのも特徴のひとつです。

まとめ

まとめ

初穂料・玉串料はいずれもお参りをする際に神社へ納めるお金のことを指します。初穂料・玉串料を納める際の、のし袋や中袋には書き方のポイントや注意点があるため、事前にチェックしておきましょう。不明点や疑問点がある場合は、参拝先寺社に問い合わせておくと安心です。

スタジオアリスでは、お子さまやご家族の記念写真撮影をサポートしています。初穂料を納めた後の記念に写真を撮りたい。そんなときに最高の一枚を提供させていただきます。豊富な衣装や背景で、ご家族の思い出の瞬間を美しく残せます。

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる