お宮参りのネクタイは何色にすれば良い?スーツに合うネクタイの選び方|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのネクタイは何色にすれば良い?スーツに合うネクタイの選び方

お宮参りのネクタイは何色にすれば良い?スーツに合うネクタイの選び方

お宮参りをする際には、多くのパパがスーツを着用して参加します。ただし、普段スーツを着慣れていないパパは、「何色のネクタイを選べば良いのか」「結び方がよくわからない」などの点で悩んでしまうこともあるかと思います。ネクタイの色によってはマナー違反になってしまうこともあるため、お宮参りに適したネクタイの選び方を理解しておきましょう。

お宮参りにネクタイは必要?

お宮参りにネクタイは必要?

まずは、お宮参りにネクタイが必要かどうかについて解説します。

お宮参りにネクタイはしていかなくても良い?

お宮参りにパパが参加する場合、スーツを着用するのが一般的です。スーツを着る場合はネクタイをするのが一般的とされています。

しかし、ネクタイをすることは必須ではないので、ノーネクタイでもマナー違反にはなりません。ただし、カジュアルなスタイルにするのであれば、ジャケットを羽織るなどして誠実さや清潔感を演出するための工夫は必要になります。

お宮参りでは家族で記念写真を撮影することも多いので、服装で迷っているのであれば、スーツを着用し、ネクタイをするほうが良いでしょう。

お宮参りに同行する人と格を合わせる必要がある

お宮参りの主役である赤ちゃんの服装には特別な決まりはありませんが、着物(祝い着)やベビードレスを着用するのが一般的です。ママもスーツやワンピース、着物などを着る場合が多い傾向にあります。

従って、パパはスーツや略礼服を着用するのが望ましいと言えるでしょう。服装で悩んだ場合は、赤ちゃんやママの服装を確認して、赤ちゃんやママと同格、もしくは赤ちゃんよりも格下になる服装にしましょう。

お宮参りにおすすめのネクタイの色

お宮参りにおすすめのネクタイの色

お宮参りで略礼服やスーツを着用する場合、ネクタイの色選びは意外と難しいかもしれません。お宮参りに適したネクタイの色を略礼服とスーツに分けてご紹介しますので、ネクタイ選びの参考にしてください。

略礼服の場合

略礼服とは略式の礼服のことであり、男性の場合は黒無地スーツを着用するのが一般的とされています。黒無地スーツの見た目は一般的なスーツとほぼ変わりありませんが、布地が濃い黒色という特徴があります。

お宮参りで略礼服を着るのであれば、ネクタイは白色や淡い灰色を選ぶと落ち着いた印象になります。白色や淡い灰色のネクタイは結婚式で礼服を着用するときにも使えるので、一本持っておくと重宝します。

スーツの場合

スーツの場合、華やかな中間色(パステルカラー)のネクタイを合わせると、明るく活発な印象になります。例えば、派手すぎない青色のネクタイを選ぶと、さわやかで誠実な印象を演出できます。また、桜の時期にお宮参りをする場合は、淡いピンク色のネクタイも良いでしょう。

他にも、ストライプや小紋柄などの柄が入っているネクタイもお宮参りにはおすすめです。ネクタイの色や柄を選ぶ際に悩んだら、スーツの色との相性を考慮しながら選んでいくと良いでしょう。

お宮参りのネクタイの結び方

お宮参りのネクタイの結び方

「普段ネクタイを結び慣れておらず、結び方がわからない」とお宮参り当日に戸惑ってしまうパパもいることでしょう。お宮参りではネクタイの結び方に決まりはありませんが、ここでは代表的なネクタイの結び方を3つ紹介します。

プレーンノット

プレーンノット

プレーンノットは一般的なレギュラーシャツと相性の良いネクタイの結び方です。ビジネスシーンや結婚式などあらゆるシーンで使えるので、見たことがある人も多いでしょう。

プレーンノットにする場合、まずは小剣の上に長めに取った大剣を交差させます。次に、大剣を小剣にひとまわりさせて、小剣の上に巻き付けるようにします。さらに大剣をもう半周まわして、大剣が小剣の後ろ側に位置するように持ってきましょう。大剣をループ状になったところまでまわして、上から通していきます。このとき、結び目は固く、小さくなるよう意識しながら形を整えていくことがポイントです。プレーンノットの場合、結び目がゆるすぎるとだらしない印象になってしまうので注意しましょう。

ダブルノット

ダブルノット

ネクタイを結ぶときにダブルノットにすると、結び目が縦に長くなるという特徴があります。シャツの襟がどのようなデザインでも相性が良く合わせやすい点もメリットの一つです。

ダブルノットに結ぶときには小剣を短めに取り、ネクタイの縫い目を目印として大剣が前になるように交差させて、小剣のまわりを2周させます。次に、ループから大剣を前方に向かって通します。結び目の形を整えて、美しいノットができあがったら完成です。

セミ・ウィンザーノット

セミ・ウィンザーノット

セミ・ウィンザーノットは、ネクタイをあまり結んだことがない人でも結びやすいやり方の一つです。まず、小剣を短めに取ってから、ネクタイの縫い目の部分を目印にしたうえで大剣が前になるよう交差させます。次に、大剣を前から後ろ側に引っ張ってきて、くぐらせるようにして間に通していきましょう。

そして、上に重ねている大剣を体側に向かって、首元にあるループから通していきます。さらに、大剣を前からまわして首元に通したら大剣をループ状になっている部分に通し、結び目の形がきれいな正三角形になるようにしっかりと整えておきましょう。

お宮参りで避けたほうが良いネクタイ

お宮参りで避けたほうが良いネクタイ

お宮参りでは避けたほうが良いとされているネクタイもあります。ここでは、一般的に避けたほうが良いネクタイの色や柄について紹介します。

黒色のネクタイ

黒色のネクタイは弔事用のネクタイとされています。そのため、赤ちゃんの健康を願うお宮参りでは控える必要があります。黒色のネクタイはお葬式を連想する人も多いので、特に黒無地のネクタイは避けるようにしましょう。

派手すぎるネクタイ

水色やピンク色、黄色など明るい色のネクタイはお宮参りに適していますが、あまりにも派手すぎるデザインのネクタイは避けるのが無難です。例えば、キャラクターやブランドのロゴが前面に出ているネクタイは、お宮参りでは避けたほうが良いでしょう。

柄物のネクタイをする場合は、ドットやストライプなどのシンプルな柄を選ぶことがポイントです。

お宮参りに相応しいネクタイを選びましょう

お宮参りに相応しいネクタイを選びましょう

お宮参りでは、パパは略礼服やスーツを着用することが多いので、ネクタイを合わせるのが一般的です。水色や青色、淡いピンク色のネクタイはさわやかな印象を演出するため、お宮参りには適しています。一方で、黒色やブランドロゴが入ったようなネクタイはお宮参りには適さないので、避けるのが無難です。

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りをする神社

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる