和装でお宮参り|母親(ママ)やご家族はどんな着物を着る?|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

和装でお宮参り|母親(ママ)やご家族はどんな着物を着る?

和装でお宮参り|母親(ママ)やご家族はどんな着物を着る?

お宮参りは赤ちゃんが無事誕生したことを祝い、これからの健やかな成長を祈願する行事です。そんな特別な日には、赤ちゃんと一緒に伝統的な着物を着て、すてきな思い出を残したいと考える母親(ママ)も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、お宮参りに行く母親(ママ)にふさわしい着物の種類を紹介します。記事を読めば、着物を着るときに気をつけるポイントから調達方法、そしてパパや祖父母の着物まで、知っておきたい基礎知識全般を把握できるでしょう。

目次
お宮参り|母親(ママ)はどんな着物を着る?
お宮参り|母親(ママ)が着物を着るときのポイント
お宮参り|赤ちゃんはどんな着物を着る?
お宮参り|赤ちゃんに着物を着せるときの注意点
お宮参り|母親(ママ)&赤ちゃんの着物はどこで用意する?
お宮参り|父親(パパ)や祖父母はどんな着物を着る?
スタジオアリスならご家族そろって着物が楽しめる!
まとめ

お宮参り|母親(ママ)はどんな着物を着る?

お宮参り|母親(ママ)はどんな着物を着る?

母親(ママ)のお宮参りの着物は「訪問着」「付け下げ」「色無地」の中から選ぶのが一般的です。ここではまず、それぞれの着物の特徴や魅力を紹介します。着物選びのポイントや、季節ごとのおすすめ生地も見ていきましょう。

訪問着

訪問着は準礼装にあたる着物です。ゲストとして参加する結婚式・披露宴や、入学式・卒業式などの式典、お茶会といったあらゆるシーンで活躍します。昔のお宮参りでは、礼装の黒留袖(くろとめそで)を着るのがマナーでしたが、最近は準礼装や略礼装での参拝が主流です。

訪問着は、着物全体に絵柄がひと続きに描かれているのが特徴で、伝統的な古典柄から華やかな洋風の柄までさまざまなデザインがあります。

付け下げ

付け下げは略礼装にあたる着物です。裾や袖、肩、胸に柄がとびとびにちりばめられていることが多く、訪問着と比べると控えめでシンプルな印象になります。

すっきりしていながらも、さりげない華やかさもあるため、主役を引き立てたいお祝い行事にぴったりです。合わせる帯で雰囲気を変えれば、幅広いシーンで活躍してくれます。

色無地

色無地は、白生地を黒以外の一色で染めた柄のない着物です。紋なしの色無地は食事会やパーティーといったカジュアルな場面で使用され、紋入りはフォーマルな場面で使われます。

柄のない色無地はシンプルで落ち着いた印象のため、お宮参りに着用するとお子さまの衣装の華やかさが際立つでしょう。年齢やトレンドを問わず、長く利用できるのもうれしいポイントです。

着物の色は「淡くて明るめ」がおすすめ

お宮参りや七五三といったお祝い行事には、派手すぎない明るめの色の着物が人気です。母親(ママ)の着物は赤ちゃんの衣装より目立たない色を選ぶのが基本ですが、地味になりすぎず、ほどよく華やかに装いましょう。

薄ピンク色やクリーム色、薄紫色、水色、薄黄色、若草色などの淡くてやさしい色がおすすめです。

6月~9月におすすめの着物

着物には夏用と冬用があります。6月~9月には「単衣(ひとえ)」と「薄物(うすもの)」と呼ばれる夏用の着物2種類を着分けるのが一般的です。

「単衣(ひとえ)」は裏地のない着物で、6月と9月に着用します。「薄物(うすもの)」は絽(ろ)や紗(しゃ)、麻といった透け感のある通気性の高い素材で作られた着物です。暑さの厳しい7月・8月に着用します。室内はクーラーが効いて肌寒い場合もあるので、念のため冷房対策のストールや羽織れるものを持参しましょう。

10月~5月におすすめの着物

寒さを感じる時期には、裏地のついた「袷(あわせ)」の着物を着用します。風を通しにくく、見た目にも重厚な雰囲気になるのが特徴です。

お宮参りでは、屋外にいる時間が長くなる場合もあります。冬の参拝では保温性の高いインナーを着用したり、ウール素材などの暖かいストールを持参したりして、防寒対策を徹底しましょう。

お宮参り|母親(ママ)が着物を着るときのポイント

お宮参り|母親(ママ)が着物を着るときのポイント

産後間もない母親(ママ)にとって、着物でのお宮参りは負担になることもあります。当日の流れを具体的にイメージし、快適に参拝できるように備えておくことが大切です。ここでは、着物でのお宮参りを考えている母親(ママ)が把握しておきたいポイントを紹介します。

授乳の仕方を考える

着物を着た状態で授乳する際は、襟元を両サイドに大きく広げるか、両脇に開いている「身八つ口(みやつくち)」から胸を出します。ただし、いずれにしても着崩れの可能性があるため、着付けをする前に授乳を済ませておき、お参り中には哺乳瓶でミルクや母乳を飲ませるのがおすすめです。

着崩れが心配な方は、お宮参りまでに哺乳瓶に慣れさせておくことも考えておきましょう。また、着物をレンタルする方は授乳の際に肌着が汚れてしまうこともあるので、肌着は自分のものを着用するか、肌着の返却が不要なところを選ぶとよいでしょう。

体調を考慮する

お宮参りの時期は産後間もないこともあり、母親(ママ)の体調の不安定な場合があります。体に負担がかからないよう、着物は少し緩めに着付けて余裕をもたせましょう。

できるだけ家から近い参拝先やフォトスタジオを選んだり、人が少ない日を選んで混雑を避けたりすることも、慣れない着物でお参りする母親(ママ)の負担軽減に有効です。祖父母を呼んでフォロー体制を万全にすると、より安心できます。

母乳パッドを準備する

着付けをする前にたっぷり授乳していても、お宮参りが長引いて授乳がなかなかできずにいると、母乳が染み出てくる場合があります。母乳がたくさん出る方は、いつもより多めに母乳パッドやガーゼを重ね、染み出ないように対策しておきましょう。

「きちんと感」があれば洋装でもOK

お宮参りにはフォーマルな装いをするのが基本ですが、着物にこだわる必要はなく、きちんと感のある上品なコーディネートであれば洋装でも問題ありません。母親(ママ)の体調や授乳状況に合わせて、臨機応変に選びましょう。

お宮参りにふさわしいのは、セレモニースーツやワンピースといったフォーマル向きの服装です。赤ちゃんの衣装を引き立てるために、控えめでオーソドックスなデザインを選びましょう。

髪型・メイクは清潔感&上品さが大切

着物の場合、髪の長い方はシニヨンヘアや夜会巻きをして、毛先をまとめたアップスタイルにします。ボブ・ショートヘアの場合は、前髪やサイドの髪を編み込んだり、耳にかけたりするだけでも清潔感が出るでしょう。

洋装の場合には、ハーフアップやダウンスタイルでも問題ありませんが、カジュアルに見えすぎないように顔回りをすっきりさせることが大切です。

メイクでは「上品な華やかさ」を意識しましょう。色味やラメ感のやさしいアイシャドウを選び、チークやリップには自然な血色感が出るコーラル系のオレンジ・ピンクを選ぶと上品さが演出できます。

お宮参り|赤ちゃんはどんな着物を着る?

お宮参り|赤ちゃんはどんな着物を着る?

絹の生地で作られた「白羽二重(しろはぶたえ)」という内着の上に、華やかな「祝着(のしめ)」を羽織るのが赤ちゃんの正式なスタイルです。祝着(のしめ)には、赤ちゃんの健やかな成長を願う縁起の良い柄が描かれています。ここでは、男の子用と女の子用それぞれの柄やカラーの特徴を見ていきましょう。

男の子の着物

男の子の祝着(のしめ)には「タカ」「虎」「兜(かぶと)」「竜」「鯉(こい)」「宝船」「打ち出の小槌」など、立身出世を願うおめでたい柄が描かれています。男の子らしさを象徴するようなダイナミックで力強いデザインが特徴です。

カラーは黒色や紺色、深緑色などの濃い色がよく選ばれますが、黄緑色や水色、白色、グレーといった淡い色味もおしゃれで人気があります。

女の子の着物

女の子の祝着(のしめ)には「チョウ」「鈴」「手毬(てまり)」「御所車(ごしょぐるま)」「牡丹(ぼたん)」「桜」「ウサギ」などが描かれていることが多く、繊細で気品漂うデザインが魅力的です。これらの柄には「美しく健やかに育ち、幸福や良縁に恵まれますように」という意味が込められています。

カラーは赤色やピンク色、黄色、水色、薄紫色、オレンジ色など、明るく暖かみのある色味が人気です。

ベビードレスも人気

最近は、白羽二重の代わりに白のベビードレスを着せ、その上から祝着(のしめ)をかけて参拝するケースが多くなっています。ベビードレスのみ、またはベビードレスの上に白のベビーケープをかけたスタイルで参拝するご家族もいるようです。

ベビードレスには、フリルやレースをほどこした豪華なタイプもあれば、普段のちょっとしたお出かけにも着られるシンプルなタイプもあります。軽くて動きやすいため、赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

お宮参り|赤ちゃんに着物を着せるときの注意点

お宮参り|赤ちゃんに着物を着せるときの注意点

生まれて間もない赤ちゃんとの外出には、注意しておきたい点がいくつかあります。特に着物を着せる場合は、いつも以上にしっかりと準備したほうがよいでしょう。ここでは、着物でお参りする際に心得ておきたいポイントを3つ紹介します。

吐き戻しやよだれで着物が汚れないようにする

母乳・ミルクの吐き戻しやよだれで、赤ちゃんの衣類が汚れることはよくあります。お宮参りの際は、ハンカチやガーゼを多めに持参し、スタイを着物の上からつけておくことが大切です。赤ちゃんの着物だけでなく、抱っこしている母親(ママ)の着物も汚れないように注意しましょう。

暑さ・寒さ対策を徹底する

生まれて間もない赤ちゃんは、自分でうまく体温調節ができません。暑さが厳しいときは無理に着物を着せず、通気性の高い夏用のベビードレスやロンパースを着せてお参りしましょう。フォトスタジオでの撮影時に祝着(のしめ)を着せれば、着物姿の思い出もしっかり残せます。

寒い時期は、中に着せる肌着やベビードレス、ロンパースの素材を暖かいものにし、おくるみやベビーケープを用意しておくと安心です。

靴下を持参する

神社やお寺によっては、素足でご祈祷を受けるのは神様や仏様に失礼にあたるとして、はだしを禁止しているところもあります。お参りの行き帰りははだしでも問題ないため、靴下を持参し、ご祈祷を受ける前に履かせてあげましょう。

気持ちよく参拝するには、大人と同様に赤ちゃんにもマナーを守った装いをさせることが大切です。

お宮参り|母親(ママ)&赤ちゃんの着物はどこで用意する?

お宮参り|母親(ママ)&赤ちゃんの着物はどこで用意する?

昔のお宮参りでは、母方の実家が赤ちゃんの着物を購入するのが一般的でした。しかし現在では、両家で相談してどちらの祖父母が購入するか決めることもあれば、親族のお下がりを使ったり、レンタル着物を借りたりする場合もあります。地域差もあるため、ご家庭の状況に合わせて臨機応変に対応しましょう。

ここでは、購入する場合とレンタルする場合のメリット・デメリットを紹介します。

購入する

  • 【メリット】
  • ・別の行事で着られる
  • ・兄弟姉妹や親戚にゆずれる
  • ・自分のサイズに合わせて仕立てられる
  • ・誰も着ていない新品が手に入る
  • 【デメリット】
  • ・値段が高い
  • ・着用後にお手入れが必要
  • ・保管場所の確保が必要
  • ・定期的なメンテナンスが必要

着物は安いものではありませんが、購入すると思い出の品として手元に残しておけます。別の行事でも自由に着回せるのがメリットです。ただし、着用後のお手入れや定期的なメンテナンスには少々手間がかかります。

レンタルする

  • 【メリット】
  • ・購入するよりも値段が安い
  • ・小物もそろっているので準備に手間がかからない
  • ・フォトスタジオでレンタルすれば記念写真も一緒に撮れる
  • ・着用後は返却するだけで、お手入れ不要
  • 【デメリット】
  • ・手元に残らないため別の行事で着回せない
  • ・サイズがぴったり合わない場合がある
  • ・直前に予定変更するとキャンセル料がかることもある
  • ・人気の着物は予約がとれないこともある

レンタルのメリットのひとつに、購入と比べてコストを抑えられる点が挙げられます。小物を一式借りられる場合が多く、あれこれ準備する手間がかからないのも魅力です。着物は手元に残りませんが「お手入れ不要で返却するだけ」という手軽さがあります。

お宮参り|父親(パパ)や祖父母はどんな着物を着る?

お宮参り|父親(パパ)や祖父母はどんな着物を着る?

お宮参りでご家族そろって着物を楽しめば、一生忘れられない特別な思い出になるでしょう。ここでは、父親(パパ)や祖父母の着物の選び方を解説し、お宮参りの装いとして意識したほうがよいポイントをいくつか紹介します。

父親(パパ)の着物

お宮参りに参加する父親(パパ)はスーツの着用が主流ですが、赤ちゃんや母親(ママ)とそろえて着物を着る方もいます。父親(パパ)が着物を着る場合も、赤ちゃんを引き立てる控えめなデザインを選び、落ち着いた印象に仕上げましょう。

袴の着用は絶対ではありませんが、羽織はスーツでいうところのジャケットにあたるため、袴なしでお参りする場合でも着用するのがマナーです。足袋(たび)は色・柄のあるものではなく、白足袋を選びます。

祖父母の着物

昔のお宮参りでは「父方の祖母が赤ちゃんを抱っこして参拝する」という風習があったため、父方の祖母は正礼装である黒留袖(くろとめそで)を着るのが一般的でした。現在のお宮参りで父方の祖母が着物を着る場合は、準礼装である色留袖や訪問着の着用が主流です。

色留袖の場合、一つ紋・三つ紋は準礼装、五つ紋は黒留袖と同格扱いとなります。そのため、一つ紋・三つ紋を選び気軽に着る方が多いようです。

なお、母方の祖母の中には「母方よりも父方のほうが格上の着物を着る」という昔の風習を重んじて、父方の祖母より控えめな装いをする方もいます。

祖父の着物の選び方や意識するポイントは、父親(パパ)と同じです。現在のお宮参りにおいて伝統にとらわれすぎる必要はありませんが、参加者全員が統一感のある装いになるように、事前に両家の祖父母と相談しておきましょう。

スタジオアリスならご家族そろって着物が楽しめる!

スタジオアリスならご家族そろって着物が楽しめる!

スタジオアリスでは、お子さまの衣装はもちろん、ママパパ用の着物も豊富にご用意しています。お子さまのお宮参り記念にはママパパも着物で一緒に写真を残し、ご家族の歴史を刻んでみてはいかがでしょうか。ここでは、スタジオアリスの撮影内容と、その魅力を詳しく紹介します。

「パパママ着物フォトプラン」で粋な家族写真を

「パパママ着物フォトプラン」は、お子さまの祝着(のしめ)に合わせてご家族も着物姿で撮影が楽しめる人気のプランです。豊富なバリエーションの中から、ママパパが最も魅力的に見えるお気に入りの1着をお選びいただけます。

小物レンタルや着付けサービスもついており、撮影当日は普段着のままスタジオアリスにお越しいただくだけですので、気軽に撮影可能です。本格的な和装の家族写真を手軽に残したいママパパは、ぜひご利用ください。

(参考: 『お宮参り(ニューボーンフォト)』 )

赤ちゃんの衣装は何着着ても無料!

赤ちゃんの衣装は何着着ても無料!

スタジオアリスでは、お子さまの衣装を何着でも無料でご利用いただけるため、あれもこれもと迷ってしまうママパパも安心です。伝統的な祝着(のしめ)はもちろん、ドレスやスーツ、着ぐるみ、ディズニーキャラクター撮影の衣装など、多彩なバリエーションをご用意しております。

納得がいくまで存分にお着替えして、満足度の高い記念写真撮影をお楽しみください。

まとめ

まとめ

母親(ママ)は「訪問着」「付け下げ」「色無地」の中からお宮参りの着物を選ぶのが一般的です。赤ちゃんの衣装が引き立つ控えめなデザインであることを基本とし、お祝いごとにふさわしい明るく上品な色味の着物を選びましょう。

主役の赤ちゃんには、縁起の良い柄が描かれた華やかな祝着(のしめ)を着せます。父親(パパ)・祖父母は母親(ママ)と同様に、控えめで落ち着いた印象に仕上げるのがマナーです。

スタジオアリスでは、特別な記念日にぴったりのすてきな衣装をたくさんご用意しています。お気に入りの衣装を選んで、最高の思い出を残しませんか。撮影のご予約はWEBからが簡単です。

\WEB撮影予約サービス/ スタジオアリスの
お宮参り

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる