お宮参りの服装は何を着ればいい?赤ちゃん・両親・祖父母の衣装選びのポイントを解説|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りの服装は何を着ればいい?
赤ちゃん・両親・祖父母の衣装選びのポイントを
解説

お宮参りの服装は何を着ればいい?赤ちゃん・両親・祖父母の衣装選びのポイントを解説

お宮参りは神社に参拝して、赤ちゃんが無事に生まれたことへの感謝を伝えるとともに、今後の健やかな成長を祈る大切な行事です。基本的に厳しいルールはありませんが、ある程度のマナーは押さえておくべきでしょう。
そこでここでは、お宮参りにおける服装のマナーについて、主役となる赤ちゃん自身はもちろん、両親・祖父母の事例も挙げながら詳しく紹介します。「どんな服を用意すればいいの?」など、服装のことでお悩みの場合は、ぜひ参考にしてみてください。

【お宮参り】服装の注意点

【お宮参り】服装の注意点

お宮参りに「絶対これを着なければならない」というルールはありません。しかし、一般的には、着物やスーツといったフォーマルな服装で参拝するのがマナーとされています。服装を選ぶ際のポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

カジュアルすぎる服装は避ける

お宮参りでは、神様に対して感謝を伝えたり祈りを捧げたりするため、失礼にあたらない服装を選ぶ必要があります。一例として、ビジネスカジュアルと呼ばれている服装がありますが、この場合お宮参りをして問題ないでしょう。ただし、以下のようなカジュアルすぎる服装はお宮参りに適しているとは言えませんので、避けたほうが良いです。

  • ・ジーンズ
  • ・Tシャツ
  • ・スウェット
  • ・スニーカー
  • ・サンダル

お宮参りは神様に対し、赤ちゃんの健やかな成長を願う意味を持ちます。また家族や親戚が赤ちゃんの成長を見守る大事な行事でもありますので、きちんとした服装で行きましょう。

赤ちゃんの服装をベースにする

お宮参りの主役は赤ちゃんですので、家族の服装も赤ちゃんをベースに考えることが大切です。両親・祖父母は赤ちゃんの服装と同格のものを選びましょう。例えば、祝儀で赤ちゃんが着る着物を祝い着(いわいぎ)と呼びますが、その場合は両親や祖父母も和装で合わせるという具合になります。
なお、赤ちゃんがベビードレスを着る場合、両親や祖父母も洋装で揃えるケースも多いようです。ただし、必ず統一しなければならないわけではないため、洋装と和装を組み合わせるケースもあります。

季節や天候に合わせる

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節が苦手なので、季節や天候にも配慮しながら服装を選ぶ必要があります。また、お母さんや祖父母についても体調を崩さないよう、無理のない範囲で服装を選ぶようにしましょう。

露出のしすぎはNG

ミニスカートやハーフパンツといった露出が多い服装は、お宮参りという神聖な行事には適しません。女性なら膝丈スカートやストッキングを、男性ならスラックスなど丈の長いパンツを着用しましょう。

お宮参りをするときの赤ちゃんの服装

お宮参りをするときの赤ちゃんの服装

赤ちゃんの正式な服装は、白羽二重(しろはぶたえ)という着物の上から祝い着を羽織るスタイルです。ただし最近はベビードレスを着せてから祝い着を羽織るというスタイルも多いようです。
祝い着にはさまざまなデザイン・色があるため、両親にとっては迷いやすいポイントです。そこで、おすすめのデザイン・色を男女別に分けて解説します。

男の子の場合

男の子の祝い着は、出世や大成を表す「熨斗目模様(のしめもよう)」が定番です。特に龍や虎の図柄など、勇壮かつ個性的なデザインが人気を集めています。
定番色としては、黒・濃紺・紫・深緑などの濃い色合いが挙げられます。ただし、最近は白やベージュといった柔らかな色合いも人気です。

女の子の場合

女の子の祝い着は、美しさや気品を表す「友禅模様(ゆうぜんもよう)」が定番です。花や蝶の図柄が入った、可愛らしいデザインが人気を集めています。
定番色としては、赤・黄色・ピンクなど華やかな色合いが挙げられます。その他、最近は白や薄い水色といった清らかな色合いも人気です。

ブランドの祝い着も人気

上記で紹介した定番のデザイン・色に加えて、最近はブランドの祝い着も人気を集めています。有名な着物メーカーやファッションデザイナーが手掛けた祝い着は、おしゃれで見栄えも良いものが豊富に揃っています。
価格が高いものもありますが、祝い着はレンタルでも借りられるので、お財布と相談しながら購入するかレンタルするかを検討してみてはいかがでしょうか。

お宮参りをするときの女性の服装

お宮参りをするときの女性の服装

お母さんや祖母の服装について、厳格なルールはありません。赤ちゃんが引き立つよう、落ち着いたデザイン・色の服装を選びましょう。

赤ちゃんの装いに合わせるのが基本

赤ちゃんが和装の場合、お母さんや祖母も和装で揃えるのがおすすめです。お宮参りの場合は、訪問着や色無地といった派手すぎない着物が良いといわれています。

写真館では、和装レンタル・着付けサービスを利用できるケースが多いため、うまく活用したいところです。赤ちゃんが洋装の場合は、セレモニースーツやワンピースが最適です。黒・濃紺・グレーなど、色合いは控えめにしましょう。

なお、長時間の外出で着物を着るのは少し不安…。写真だけでも着物を着て思い出に残したいという方は、スタジオアリスの「パパママ着物フォトプラン」がおすすめです。着物の準備や着付けが一切不要で、お気軽に和装の家族写真を撮ることができます。お子さまの大事な節目を綺麗な写真に残してみてはいかがでしょうか。
「パパママ着物フォトプラン」の詳しい情報はこちらから

利便性や安全性も考慮する

お母さんについては、授乳や体調のことも踏まえて、なるべく負担が少ない服装を選ぶのもよいでしょう。授乳がしやすい・動きやすいといった利便性から、最近は洋装を選ぶお母さんが増えています。
そして、赤ちゃんを安全に抱っこできるよう、履物にも注意したいところです。屋内でお宮参りを行う場合、頻繁に履物の脱ぎ履きがあるので、ぺたんこ靴やローヒールといった安定感があり、履きやすいものでも問題ございません。

お宮参りをするときの男性の服装

お宮参りをするときの男性の服装

お父さんや祖父も同じく、服装に関する厳格なルールはありません。服装のマナーについても、基本は女性と変わらないので、あまり堅苦しく考えずに選んでみてください。

男性はスーツが主流

赤ちゃんが和装・洋装どちらかを問わず、お父さんや祖父はスーツを着ることが一般的です。お母さんや祖母が着物を着ていても、無理に合わせる必要はありません。ブラックスーツやフォーマルスーツなど、お祝い行事向けの洋装でOKです。スーツの色は女性と同じく、黒・濃紺・グレーといった落ち着いた色合いが定番となっています。

なお、赤ちゃんやお母さんに合わせたいという人は、もちろん和装を選んでも構いません。一つ紋か三つ紋の羽織に着物、もしくは袴を合わせてコーディネートしましょう。

シャツとネクタイについて

シャツは白が基本ですが、薄い青やグレーなど派手でなければ他色でも構いません。ストライプ柄やチェック柄はカジュアルに見えるので、無地のシャツを選びましょう。
また、ネクタイについては、結婚式のように白やシルバーが定番です。最近は青やピンクのパステルカラーも人気があるので、機会があれば着用してみてもいいでしょう。ネクタイは少し柄が入っていても構いませんが、目立ちすぎるデザインは避けたほうが無難です。

赤ちゃんにおすすめの祝い着を紹介

赤ちゃんにおすすめの祝い着を紹介

最後に、スタジオアリスが提供しているレンタル衣装をいくつか紹介します。どんな祝い着を選ぶべきか迷っているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、スタジオアリスでは「お宮参り(ニューボーン)キャンペーン」を実施しており、お宮参り用着物(祝い着)を無料でレンタルすることができます。赤ちゃんの大事な1ページをスタジオアリスで思い出に残しましょう。
「お宮参り(ニューボーン)キャンペーン」の詳しい情報はこちらから

天衣夢鳳

男の子の定番、黒を基調とした品格のある祝い着です。大きく中央に入っている金色の龍が勇壮さや力強さを感じさせます。たくましく育ってほしいと願うなら、ピッタリの祝い着です。

TOUT LE MODE

和装でありながら、洋風のデザインを取り入れたユニークな祝い着です。クロスやシャンデリアの模様はもちろん、左右でガラリと変わるデザインも目を引きます。

古都小町

女の子の定番、ピンクを基調とした華やかな祝い着です。生地全体に散りばめられた花とピンクのグラデーションが美しさと優しさを感じさせます。

Strawberry RABBIT

いちごとうさぎをモチーフにした、可愛らしいデザインの祝い着です。赤と白が基調になっているので、華やかなイメージはもちろん、お祝い感も伝わります。

お宮参りは赤ちゃんだけのイベントではない

お宮参りは赤ちゃんだけのイベントではない

お宮参りは赤ちゃんにとって、一生に一度しかないイベントです。できるだけ良い服装を選んでお宮参りができるようにしてあげたいですね。今回の記事で紹介した祝い着を参考にぜひお子さんに合った祝い着を選んでみてください。

また、お宮参りは赤ちゃんだけではなく、両親や祖父母もきちんと身なりを整える必要があります。赤ちゃんの服装ばかりにとらわれて、自分たちの分を用意できなかったということにならないよう、家族同士でしっかり相談しながら準備を進めましょう。

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りをする神社

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる