夏のお宮参りは快適な服装で!暑さ対策のポイントと便利グッズを紹介|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

夏のお宮参りは快適な服装で!
暑さ対策のポイントと便利グッズを紹介

夏のお宮参りは快適な服装で!暑さ対策のポイントと便利グッズを紹介

夏にお宮参りを迎える赤ちゃんとご家族は、どのような服装でお祝いをすべきか、持ち物や暑さ対策はどうするのか、暑さを避けるために延期してもよいのかなど悩むことが多いものです。

今回は夏のお宮参りにおすすめの服装を赤ちゃんとご家族ごとに紹介します。役立つ夏の暑さ対策グッズや、気を付けておきたいことについても解説しますので、夏にお宮参りの予定があるママパパはぜひ参考にしてください。

目次
夏のお宮参り|赤ちゃんの服装ポイント
夏のお宮参り|ママの服装ポイント
夏のお宮参り|パパの服装ポイント
夏のお宮参り|ごきょうだいと祖父母の服装ポイント
夏のお宮参り|気を付けたい4つのこと
夏のお宮参り|おすすめの暑さ対策グッズ
夏のお宮参りの記念撮影はスタジオアリスで快適に
まとめ

夏のお宮参り|赤ちゃんの服装ポイント

夏のお宮参り|赤ちゃんの服装ポイント

お宮参りが初めてのお出かけの機会となる赤ちゃんも多いでしょう。夏にお宮参りを迎える赤ちゃんの服装のポイントは、通気性がよく吸湿・速乾性のある素材を選ぶことです。できる限り涼しさを感じられる服装でお祝いしてあげましょう。

風通しのよいベビー服やベビードレス

赤ちゃんは体温調節の機能がまだまだ未発達です。寒暖差にうまく適応できないため、服装で調節してあげる必要があります。

夏場のお宮参りは、風通しがよくサラッとした素材の真っ白なベビードレスやロンパースなどを着せてあげましょう。ご祈祷や写真撮影の際は、ベビードレスの上に着物の祝着(のしめ)を着せるスタイルが多い傾向ですが、ベビードレスのみの着用でも構いません。

また、帽子やケープなどで日差しを遮り、直射日光と紫外線を防ぐ対策も忘れないようにしましょう。

内着や肌着の素材も大切

内着、肌着ともに吸湿性のあるやわらかいガーゼ、天竺、フライス素材の生地なら夏のベビー服に最適です。

暑くても肌着は着せてあげましょう。肌着は替えのものを持っておくと安心です。背中に差し込んで使う汗取りパッドを併用してもよいでしょう。ベビードレスやロンパースに透けて見える色柄は避け、白や優しい色味の肌着を選びます。

また、暑い日であってもお参りの際は靴下やベビーシューズを履かせてあげましょう。参拝やご祈祷の際に素足はマナー違反と捉えられることがあります。

暑さを調節しやすい白のベビードレスと祝着(のしめ)が定番

赤ちゃんの服装は、肌着+内着(ベビードレス)+祝着(のしめ)がお宮参りの定番スタイルです。ベビードレスは白を選ぶことで暑さを調節しやすくなります。

また、熱がこもってしまいやすい祝着(のしめ)は、ご祈祷や写真撮影の際だけ掛けるようにするとよいでしょう。特に夏場は祝着(のしめ)をずっと掛けていると、赤ちゃんだけでなく抱っこしているママパパにも熱がこもってしまうので注意が必要です。

ただし、祝着(のしめ)は必須というわけではありません。それぞれのご家庭の方針やお祝いの気持ちで赤ちゃんの服装を決めましょう。

夏のお宮参り|ママの服装ポイント

夏のお宮参り|ママの服装ポイント

お宮参りのママの服装は、スーツやフォーマルなワンピースが人気です。赤ちゃんのお世話がしやすいことに加えて、特に夏は気温によって調節がしやすい洋装のほうが都合はよいでしょう。もちろん伝統的な着物を着てお祝いするのもすてきです。いずれにしても服装は生地の素材がひとつのポイントとなります。

「絽」は軽くて快適な夏の着物

着物を着用してお祝いするママは、夏の着物の素材に注目しましょう。定番の素材は「絽(ろ)」「麻」「紗」ですが、中でもカジュアルから格式高いフォーマルまで使える万能な素材である絽の着物がおすすめです。

絽の着物は「からみ織り」という技法で生地の目を大きく開けて織るため通気性がよく、ほどよい透け感が涼しげな夏に最適な着物です。絽の素材は色柄も豊富で、着物だけでなく長襦袢や帯にも使用されています。赤ちゃんを抱っこしたり神社へ参拝したりするお宮参りに、涼しさを感じられる最適な素材の着物でしょう。

露出を避けて風通しのよいワンピースやセットアップを

お宮参りにおいては、暑さ対策としての過度な露出はマナー違反になってしまいます。洋装を選ぶのであれば慶事用スーツをはじめ、フォーマルを意識したきちんと感のあるワンピースやセットアップを着用しましょう。色は明るめのものが好ましいですが、ダークカラーでもマナー違反ではありません。

風通しのよい夏素材のフォーマルな服装と、服に合わせた歩きやすいヒールの低いパンプスとストッキングを着用しましょう。

授乳などのお世話がしやすい服装を

母乳をあげているママは、授乳のしやすさも服装選びの大切なポイントです。お宮参りの間、授乳がしにくいとママもストレスになりますし、赤ちゃんの機嫌にも関わるでしょう。洋服は授乳用のフォーマルなシャツやブラウスを選ぶのもひとつの対策です。着物の場合は自分で着付けのお直しができることも大切です。

また、授乳の際に思いがけず服を汚してしまうこともあります。タオルやウェットティッシュを忘れずに持ち物に入れておきましょう。着物レンタルを利用するならば、万一に備えて少額の保険を付帯させておくのもおすすめです。

夏のお宮参り|パパの服装ポイント

夏のお宮参り|パパの服装ポイント

パパはお宮参りに伝統的な羽織袴でお祝いすることもありますが、現在はスーツを着用することが多い傾向です。夏のお宮参りでは特に涼しさと快適さを重視します。ここからは、スーツを中心にパパの服装選びのポイントを紹介します。

夏素材スーツを着用

パパはお宮参りにスーツを着用するのが一般的です。スーツは夏用仕立ての涼しくて軽い通気性のよいものを選びましょう。

基本的にスーツはグレーや紺のダークカラーを選び、中に白いシャツを身に着けます。ネクタイは弔事用の黒以外の、柄物や色物のものを着けましょう。靴下はスーツに合わせた色を、靴もスーツに合わせた色の革靴などを履きます。

ノーネクタイでママと合わせたカジュアルスタイル

特に暑い時期はクールビズスタイルでもよいでしょう。パパも赤ちゃんのお世話のために動きやすい服装を心がけることが大切です。ママがカジュアルめのフォーマルにするならば、パパもノーネクタイでも構いません。

移動やお世話の際はジャケットを脱いでおき、ご祈祷や撮影の時にきちんとジャケットを着て服装を整えるようにしてもよいでしょう。

夏のお宮参り|ごきょうだいと祖父母の服装ポイント

夏のお宮参り|ごきょうだいと祖父母の服装ポイント

赤ちゃんのごきょうだいの服装選びのポイントは、主役の赤ちゃんより派手にならないよう注意することです。もし制服があれば、そちらを着用して構いません。

男の子ならばお子さま用のスーツもありますが、夏場はポロシャツにハーフパンツと靴下・靴を着用しきちんとした印象の装いにするとよいでしょう。

女の子のごきょうだいはフォーマルを意識したワンピースやセットアップを合わせます。サンダルや素足は、特にお参りの場などではマナー違反となるため避けましょう。

祖父母の装いは基本的にママパパと雰囲気を合わせます。事前によく話し合って服装まで決めておくとよいでしょう。赤ちゃんとママパパがカジュアルめの洋装なのに、祖父母は伝統的な和装で参加するなど、ちぐはぐな印象になってしまうことは避けたいものです。

夏のお宮参り|気を付けたい4つのこと

夏のお宮参り|気を付けたい4つのこと

夏の暑い時期は、他の季節よりも気を付けておきたいポイントがあります。暑い時期になると大人も体調管理がむずかしくなりますが、赤ちゃんは自分で不快を訴えられないため、いつもより一層注意を向けてお世話しましょう。

服装はご家族の格を合わせる

お宮参りの主役は赤ちゃんです。ご家族の服装は赤ちゃんよりも派手になることはNGで、格を合わせることが大切です。服装の格は、和装(着物・羽織袴)が一番上となり、洋装が格下になるとされています。

赤ちゃんが着物などの祝着(のしめ)を着けるならば、ご家族もそれに準じた和装や洋装にするのがマナーです。また、赤ちゃんがベビードレスなど洋装のみでお祝いをするならば、ご家族は格上である和装を着用するのは避けましょう。

直射日光を避けて赤ちゃんは脱水に注意

赤ちゃんの肌は未発達で日差しや紫外線に弱いものです。移動の時はできる限り日差しを避けて、直接日光が赤ちゃんに当たらないよう注意しましょう。

夏場の赤ちゃんはよく汗をかき、体の小ささからあっという間に脱水を起こしてしまいます。元気で機嫌がよくてもこまめに水分補給をすることを心掛け、汗はこまめに拭いてあげましょう。

産後間もないママの体調を考慮しよう

お宮参りの時期は、まだまだママの体調は完全に回復していません。さらに、昼夜問わず新生児のお世話をしなければならない時期です。産後の体力が回復していないままであることも多いため、お出かけの際は十分に体調に配慮しましょう。

体調が優れない場合や当日の移動に不安がある場合などは、思い切って延期を検討することも大切です。

時期をずらしてもOK

お宮参りの時期は赤ちゃんが生後30日目から33日目となったころが選ばれます。男の子は31日目、女の子は33日目に行うのが一般的ですが、この限りではありません。

猛暑が続く時期など、夏の厳しい暑さが懸念されれば時期をずらしてお祝いすることも可能です。赤ちゃんの様子やご家族の体調を考えながらお宮参りの日程を考えましょう。

余裕を持ったスケジュールを組む

お宮参りのお祝いは、神社やお寺で参拝・ご祈祷、食事会、写真撮影をするなどご家庭によってさまざまです。一日で複数の場所に赴くスケジュールを立てるならば、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

また、必ずしも一日で全てのお祝いを終える必要はありません。日を空けて食事会を開いたり別日に写真撮影をしたりするのもよいでしょう。

夏のお宮参り|おすすめの暑さ対策グッズ

夏のお宮参り|おすすめの暑さ対策グッズ

こちらでは夏のお宮参りに持参すると便利なグッズを紹介します。お宮参りだけでなく、暑い日の普段のお出かけにも活躍するものなので、そろえておくと便利です。赤ちゃんとご家族に合わせて持っていく物や量は調節しましょう。

赤ちゃんを守る防暑グッズ

赤ちゃんのために準備しておくとよい防暑グッズは次の通りです。

  • ・ベビーカーに取り付ける日よけ

  • ・冷感マット

  • ・帽子

  • ・ハンディファン

  • ・常温で飲める液体ミルク

  • ・替えの服・スタイ

屋外の移動が多い場合は、赤ちゃんを日差しから守る日よけや帽子を持っていきましょう。例えば、ハンディファンを用意してあげることで、いつでも赤ちゃんに優しい風を送ってあげられます。

また、ベビーカーに付けられる赤ちゃん用の冷感マットもおすすめです。他にも、未開封の常温液体ミルクは調乳の必要が無いため、お出かけの強い味方になってくれます。赤ちゃんが汗をかいたり母乳で汚れたりしたときのために、着替えやスタイも準備しておくと安心でしょう。

ご家族のための防暑グッズ

ご家族の暑さ対策も赤ちゃんと同様に日差しを避けられるアイテムが便利です。次のような防暑グッズを準備しておくとよいでしょう。

  • ・日傘や扇子、ハンディファン

  • ・抱っこひもに使える冷感シート

  • ・保冷バッグ

特にごきょうだいを連れてのお参りは、事前に準備しておく事が大切です。お宮参り当日を快適に過ごすためにも、しっかり対策してお出かけしましょう。

抱っこひもを使用する方は、赤ちゃんとママの密着する部分に保冷シートや冷感シートを入れておくのがおすすめです。可能ならば保冷バッグを用意し、赤ちゃんの常温ミルクやご家族の飲み物を入れ、小さいごきょうだいにはゼリーなどを冷やして持っておくとよいでしょう。

夏のお宮参りの記念撮影はスタジオアリスで快適に

夏のお宮参りの記念撮影はスタジオアリスで快適に

「お宮参りの記念はプロの手で写真に収めたい」とお考えのご家族は、ぜひスタジオアリスにおまかせください。お子さまとご家族を撮影するプロが、最高のお宮参り記念を撮影いたします。この時期だけの赤ちゃん祝着(のしめ)無料レンタルも大好評です。

快適なスタジオ撮影なら赤ちゃんも安心

スタジオ撮影なら季節を問わず一年中快適に撮影ができます。赤ちゃんに合わせた室内環境で赤ちゃんもご機嫌で撮影ができるでしょう。

感染予防対策も万全なスタジオ内には、赤ちゃんとママにうれしいベビーベッドや授乳室を完備しているのでお世話も安心です。赤ちゃんとお子さまに優しいスタジオで、夏のお宮参り記念を笑顔で撮影しましょう。

笑顔のプロが初めての撮影をサポート

赤ちゃんにとって初めてとなるスタジオ撮影は、スタジオアリスにおまかせください。お子さま専門のプロカメラマンが、赤ちゃんの一瞬の表情を逃しません。

記念写真撮影は緊張してしまうものですが、ご家族全員が思わずやわらかい表情になるような撮影時間をご提供します。赤ちゃんとご家族がそろって撮る初めての一枚を、スタジオアリスで笑顔あふれる思い出の写真として残してみませんか。

お宮参りの祝着(のしめ)のレンタルが無料に!

お宮参りの撮影ご予約をしていただいたお客さま限定で、赤ちゃんの祝着(のしめ)を無料レンタルいたします。男の子用も女の子用も豪華な祝着(のしめ)を各種取りそろえておりますので、とっておきの一着を選んでお宮参りにお出かけしましょう。

レンタル期限は撮影翌日の正午までとなっておりますので、ゆとりのあるスケジュールでお参りができます。

まとめ

まとめ

夏のお宮参りの服装は、赤ちゃんもご家族も風通しのよい素材の生地を選ぶのがポイントです。体調に気を付けながら快適にお宮参りができるよう、服装だけでなく持ち物にもこだわって準備しておきましょう。

スタジオアリスでは赤ちゃんの初めての記念写真撮影を素晴らしいものにするお手伝いをいたします。夏も快適なスタジオアリスにご家族そろってお越しください。ご予約はWEBからが簡単です。

(参考:『WEB撮影予約サービス』)

お宮参りコラム一覧

お宮参りのキホン

お宮参りの服装・ヘアアレンジ

お宮参りのお祝い

お宮参りでのご祈祷

お宮参りでの食事

お宮参りでの写真撮影



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる