七五三の初穂料はいくら必要?相場や書き方、渡し方のポイントを解説|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の初穂料はいくら必要?
相場や書き方、渡し方のポイントを解説

七五三の初穂料はいくら必要?相場や書き方、渡し方のポイントを解説

七五三の初穂料とは、お参りのときに神社でご祈祷をしてもらうお礼として納めるお金のことです。この初穂料ですが、神社によって定められている場合はそれに沿った金額を納めればよいのですが、定められていない場合、いくら渡したらよいのかわからず不安に思うこともあるでしょう。

七五三というお子さまの大切なイベントの際に慌てないためにも、事前に初穂料についての目安やマナーを確認しておきましょう。

そこでこの記事では、七五三の初穂料の目安、渡し方や包み方について詳しく解説します。また、七五三に関してよくある疑問についても解消しますので、ぜひご一読ください。

目次
七五三の初穂料って?
七五三の初穂料の目安
七五三の初穂料の渡し方
七五三の初穂料の包み方
七五三の初穂料のマナー
七五三の疑問を解決!
七五三のお祝いをスタジオアリスで撮影しよう!
まとめ

七五三の初穂料って?

 七五三の初穂料って?

最初に、七五三の祈祷のお礼として神社に納めるお金が「初穂料」と呼ばれる理由について見ていきましょう。また、初穂料は神社に参拝するだけという場合も納めなければならないものなのでしょうか。

初穂料とは?

もともと、神様へお供えするものは、その年の最初に収穫した稲穂などの農作物でした。それらの農作物を「初穂」と呼び、初穂料は、農作物を捧げる代わりに、祈祷料として神社に納めるお金のことです。神様にお参りし、祈祷してもらい、感謝の気持ちを表すためのものとされています。

神社の参拝だけの場合は初穂料を納める必要なし

七五三では、神社に参拝だけをしにいく場合と、ご祈祷を受ける場合があります。ご祈祷は、必ず受けなければならないものではありません。

参拝だけをして、お子さまのこれまでの成長を感謝し今後の幸せを祈願することもできます。

参拝のみの場合には、初穂料は必要ありません。お賽銭を納めましょう。初穂料はご祈祷を依頼する場合に納めます。

七五三の初穂料の目安

七五三の初穂料の目安

神社に初穂料を納めるにあたって、いくら渡したらよいのか迷ってしまうことがあるかもしれません。初穂料の金額は神社によって定められている場合もありますが、そうでない場合の初穂料の目安はいくらなのか、気になっているママパパも多いでしょう。

ここでは、七五三の初穂料の目安や、ごきょうだいがそろって祈祷してもらう場合の扱い、支払いは誰がすべきかについて解説します。

神社によっては料金表がある

初穂料については、神社によっては料金表があり、はっきりと示されている場合があります。料金表は、神社内の看板やWEBサイトに掲示されています。

料金表がない場合は、5千円〜1万円が初穂料の目安となります。地域によっては目安も変わることがあるので、事前に神社に問い合わせてみるのもよいでしょう。

ごきょうだいがそろってするときは人数分を用意

ごきょうだいがそろって七五三のご祈祷を受ける場合は、初穂料は人数分を用意しましょう。初穂料が1万円で、ごきょうだいが2人の場合なら、2万円です。

ただし、神社によっては、ごきょうだいが同時にご祈祷を受けると初穂料が割引になるケースもありますので、事前に確認しておきましょう。

払う人は事前に決めておこう

七五三の初穂料を誰が払うのかについては、特別の決まりはありません。ママパパが払うケースが一般的ですが、地域によっては祖父母が払うなど、しきたりがあることも考えられます。

当日、ご祈祷の流れをスムーズに行うためにも、事前にご家族で相談して支払う人を決めておくべきでしょう。

七五三の初穂料の渡し方

七五三の初穂料の渡し方

七五三の初穂料は、いつどこで渡せばよいのでしょうか。こちらについても、七五三でご祈祷を受けるのが初めてというママパパは気になる点でしょう。ここからは、初穂料を神社に渡すタイミングと、渡す場所について解説します。

申し込むときに渡す

七五三の初穂料を渡すタイミングは、神社に到着しご祈祷を申し込むときです。ご祈祷の申し込み用紙が用意されていることが多いので、まずは、お子さまの名前などの必要事項を記入しましょう。

記入した申込書を神社に提出するときに、のし袋に入れた初穂料を一緒に渡すのが一般的です。

渡す場所はさまざま

七五三の初穂料を神社に渡す場所は、地域や神社の規模によってさまざまです。あらかじめ、神社に問い合わせておきましょう。その際に、初穂料の金額についてもあわせて聞いておくことをおすすめします。ある程度大きな規模の神社であれば、社務所などに祈祷の受付場所が設けられています。

七五三の時期になると順番待ちになることもありますので、お子さまが疲れてしまわないように配慮が必要です。ご祈祷の事前予約を受け付けているところもあるので、こちらも事前に確認しておくと、スムーズに進行するでしょう。

七五三の初穂料の包み方

七五三の初穂料の包み方

七五三の初穂料は、現金をそのまま渡すのではなく、のし袋に入れて納めるのが一般的です。そのため、包み方のマナーを知っておく必要があります。

ここでは、初穂料を入れるのし袋の選び方、表書きと中袋の書き方について説明します。

のし袋の選び方

七五三の初穂料は、水引が「紅白蝶結び」ののし袋に入れて渡しましょう。蝶結びは「何度でも結び直せる」結び方なので、何度あってもよいお祝いごとに使われます。

また、紅白の水引を印刷してある白封筒や、無地の白封筒でもかまいません。神社によっては、白封筒を指定している場合もありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。白封筒は、郵便番号を書く欄がないものを選びます。

のし袋表の書き方

のし袋の表書きは、ボールペンなどではなく、筆ペンや毛筆で書きましょう。水引の上に、「初穂料」または「御初穂料」と書きます。水引の下には、ご祈祷を受けるお子さまの名前をフルネームで書きます。ここにご両親の名前を書かないように注意しましょう。

ごきょうだいで一緒にご祈祷を受ける場合には、1つののし袋に連名で書きます。

のし袋中袋の書き方

のし袋の中袋の表には、中に包んだ初穂料の金額を書きます。伝統的には、「金 伍仟円」「金 壱萬円」などと、「大字(だいじ)」と呼ばれる漢数字で書きますが、「金 五千円」「金 一万円」と書いてもかまいません。

のし袋の裏面には、お子さまのフルネームと、郵便番号、住所を書きましょう。

七五三の初穂料のマナー

七五三の初穂料のマナー

七五三の初穂料には、のし袋の使い方以外にもマナーがあります。あらかじめ、知識を身につけておけば、当日になって慌てることもないでしょう。

ここからは、のし袋へのお金の包み方、ふくさ、初穂料を事前に準備しておくことなど、初穂料のマナーについて説明します。

新札を使用する

七五三の初穂料をのし袋に入れるときには、できれば新札を準備しましょう。間に合わない場合はしかたありませんが、きれいなお札を包むのがマナーです。

また、のし袋には、のし袋の表とお札の表面がそろうようにして入れましょう。肖像のある面が表です。また、お札を入れる向きは、肖像部分が上にくるように入れます。中身を取り出すときに、まず肖像が見えるように入れていれば、正しい向きになっています。

ふくさに包む

のし袋は「ふくさ」に包んで持っていき、神社の受付で初穂料を渡す直前に、ふくさから出して渡すのがマナーです。

ふくさは、もともとは、金品などの貴重品をほこりなどから守るために包んでいた、風呂敷や布のことでした。次第に、相手を敬う気持ちを示すために使用する、儀礼のためのものとなりました。実際に、のし袋がしわにならないようにする役割も持っています。

初穂料は事前に準備しておく

七五三の初穂料は、ご祈祷を受ける当日ではなく、事前に準備しておきましょう。当日にあわててのし袋を用意するのは、何か不備があるといけないので避けましょう。

着付けや親族との待ち合わせ、ご祈祷の申し込みなど、当日にはやるべきことがたくさんあります。のし袋の購入、お札の準備、表書きや中袋の記入などはあらかじめ済ませておいたほうが、当日はスムーズに進められます。

七五三の疑問を解決!

七五三の疑問を解決!

初めてのお子さまという場合は、七五三のお参りやご祈祷を受ける際に何かと不安に思うことが多いでしょう。そもそもどこに参拝にいくべきなのか、玉串料もよく耳にするけど初穂料との違いはあるのかなど、ママパパの疑問はさまざまです。

ここからは、七五三に関してよくある疑問について解説します。気になることを事前に解消して、気持ちよくお子さまの節目を迎えましょう。

そもそも七五三の参拝はどこに行く?

七五三では、お子さまの成長を感謝し今後の幸せを祈願するために、神社に参拝にいきます。数多くある神社の中で、どこを選べばよいのかという疑問は多くのママパパがお持ちです。

一般的には、地元の土地を守っている神様である「氏神様」をまつっている、居住地の近くの神社へお参りに行くのがしきたりです。

ただし、最近ではしきたりも薄れてきていることから、有名な神社を選ぶご家族も増えてきています。親族ともよく相談して、どの神社へ参拝に行くのかを決めると良いでしょう。

初穂料と玉串料の違いは?

初穂料も玉串料も、神社にご祈祷へのお礼として納めるお金のことです。初穂料は、その年の最初に収穫した農作物である「初穂」を捧げる代わりに、祈祷料として神社に納めるお金を指します。

一方、玉串とは、サカキ・カシ・杉などの枝に、紙垂(しで)と呼ばれる紙をつけたものであり、神様に捧げるものです。玉串料とは、玉串の代わりに神社に納めるお金のことです。

初穂料を納めた場合には、ご祈祷の後にお守りなどを受け取りますが、玉串料の場合には受け取るものはありません。また、玉串料は通夜や葬儀の際にも使われる点が、初穂料とは大きく異なります。

初穂料のほかにお参りに持っていくものは?

七五三のお参りに行くときに、初穂料のほかに持っていくとよいもののリストが以下になります。

  • ・お子さまの履き慣れた靴
    七五三の衣装に合わせて靴や草履を選ぶと、普段履き慣れていないために、お子さまが疲れてしまうかもしれません。履き慣れた靴にして、少しでも負担を減らしてあげましょう。
  • ・ばんそうこう
    神社の参拝は、意外に長い距離を歩くものです。靴ずれができてしまったら、ばんそうこうで応急処置をしてあげましょう。記念写真撮影をするときに、痛みがあると笑顔を浮かべることが難しくなってしまいます。
  • ・ヘアピン・タオル ヘアピン
    ヘアメイクの崩れ防止に、タオルは帯の間に挟んで着崩れ防止に役立ちます。
  • ・暑さ・寒さ対策グッズ
    暑い時期には、扇子やうちわ、保冷剤など、寒い時期には、おくるみやレッグウォーマー、靴下やマフラー、帽子などを準備するとよいでしょう。
  • ・お菓子などの食べ物類とおもちゃ
    ご祈祷中などお腹が空いて、お子さまの機嫌が悪くなったときに役立ちます。
  • ・カメラ
    お子さまの大切な節目を記録するカメラは必需品です。肝心なときにバッテリー切れにならないために、予備のバッテリーも準備すると安心です。

七五三の撮影はいつする?

七五三の記念写真撮影のタイミングは、主に「前撮り」「当日撮影」「後撮り」の3つがあります。

「前撮り」は、七五三のお参り以前に写真撮影をする方法です。時期をずらせるので、スタジオの予約も比較的スムーズにできるでしょう。

「当日撮影」は、七五三のお参り当日の、参拝前に写真撮影をします。移動などが多く負担はかかりますが、衣装を着るのが1日だけで済みます。

「後撮り」は、七五三のお参り以後に写真撮影をする方法です。前撮りと同様に、空いている時期に撮影できる点がメリットです。

七五三のお祝いをスタジオアリスで撮影しよう!

七五三のお祝いをスタジオアリスで撮影しよう!

七五三のお祝いは、お子さまにとって特別な記念の行事です。同時に、ご家族や親戚がお祝いのために集まる貴重な機会でもあります。

立派に成長したお子様を中心にして、お祝いの一環として、スタジオでの記念写真撮影をしてみてはいかがでしょうか。プロのカメラマンによる今だけのベストショットを残しましょう。

七五三にピッタリの多彩な衣装

せっかくのスタジオでの写真撮影ですから、お子さまには七五三ならではの衣装を着せてあげたいものです。スタジオアリスには、七五三にピッタリの多彩な衣装が豊富にそろっています。

伝統的な和装から、ゴージャスな洋装まで、選べる衣装は約500着!豊富なバリエーションと安心のサイズ展開でご用意しております。女の子なら可憐な着物スタイル、男の子なら凛々しい袴スタイルなどで、記念のショットを撮影いただけます。

お子さまのテンションアップ!キャラクター撮影

お子さまの大好きなキャラクターに囲まれての写真撮影なら、自然にお子さまの笑顔も引き出せるでしょう。また、お子さまのテンションもアップすること間違いなしです。
スタジオアリスだけのポケモン和装では、ポケモンの世界を柄や色で表現しています。また、ディズニーキャラクターとの撮影や、憧れのプリンセスやヒーローの衣装を着た撮影も可能です。

多くの方から、キャラクターの世界に入り込んだかのような衣装やセットで撮影いただけると好評いただいております。

ママパパもそろって着物撮影が可能

大切な記念日には、お子さまだけではなく、ママパパも着物を着て、ご家族全員の和装姿を撮影してみませんか。スタジオアリスでは、ママパパ用の着物のレンタルも可能です。

美しい着物をまとったママと、ピシッと和服を身につけたパパに囲まれたお子さまは、いつも以上の笑顔を見せてくれることでしょう。

(参考:『家族みんなで楽しもう!パパママ着物フォト』)

まとめ

まとめ

七五三の初穂料は、七五三の祈祷のお礼として神社に納めるお金のことです。初穂料の金額は神社によって定められている場合もありますが、定められていない場合は、5千円〜1万円が目安となります。準備を整えて七五三のお参りにいき、ご家族そろってお子様の健やかな成長をお祝いし、今後の幸せを祈願しましょう。

スタジオアリスでは、七五三のお祝いの記念として、写真撮影をいたします。立派に成長してきたお子さまとともに、大切な思い出を残しましょう。WEB撮影予約は、当月を含めて7ヵ月後まで可能です。

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる