七五三は洋装・和装どちらで行く?お子さまとご家族の服装を紹介|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三は洋装・和装どちらで行く?お子さまとご家族の服装を紹介

七五三は洋装・和装どちらで行く?お子さまとご家族の服装を紹介

七五三は伝統的かつ神聖な儀式であるため、服装を選ぶ際に「厳格な決まりがあるのではないか」「洋装はふさわしくないのでは」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。現代では、七五三のお祝いの仕方が多様化しており、洋装と和装のどちらを選んでも問題ないとされています。

とはいえ、基本的なマナーを意識した服装を選ぶことが大切です。そこでこの記事では、七五三のお祝いでの、お子さまとご家族の服装の例や選び方の注意点を紹介します。

目次
七五三ってどんな行事?
【七五三】子どもは洋装?和装?
【七五三】母親は洋装か和装どちらがよい?
【七五三】父親は洋装が定番!
祖父母に当日の服装を伝えておこう
【七五三】洋装で行くならここに注意!
【洋装・和装】七五三の子どもの髪型はどうする?
【洋装・和装】七五三の母親の髪型はどうする?
スタジオアリスの七五三なら洋装・和装どちらも楽しめる!
まとめ

七五三ってどんな行事?

七五三ってどんな行事?

七五三は3歳・5歳・7歳のお子さまの成長を祝う行事です。昔は幼いお子さまの生存率が低かったため、節目となる時期に無事成長したことをお祝いしていました。平安時代に宮中で行われていた3つの儀式を起源とし、江戸時代以降に現在の七五三の原型が庶民の間で一般化したそうです。

髪置(かみおき)の義 3歳頃の男の子・女の子が髪を伸ばし始める儀式
袴着(はかまぎ)の儀 5歳頃の男の子が初めて袴を初めて着る儀式
帯解(おびとき)の儀 7歳頃の女の子が付け紐を外し、初めて帯を締める儀式

この3つの儀式をもとにして、現代の七五三では男の子は3歳と5歳、女の子は5歳と7歳でお祝いをします。七五三の正式な日程は11月15日ですが、この日に限らず、10月中旬から11月中旬の都合のよいタイミングでお祝いするご家族が多いです。

【七五三】子どもは洋装?和装?

【七五三】子どもは洋装?和装?

お子さまの服装に絶対的な決まりはなく、洋装でも和装でもよいとされています。お参りには洋装で行き、フォトスタジオでの記念撮影では着物を着て、両方のスタイルを楽しむお子さまもいます。ここでは、洋装と和装のそれぞれのメリットと服装例を紹介します。

洋装の場合

最近は洋装で七五三のお参りをするお子さまが増えています。男の子の場合は、お子さま用のスーツや、ジャケットとパンツを合わせたフォーマルなスタイルが定番です。スーツを1着持っておけば、七五三以外にも卒園式や入学式などさまざまなシーンで使えるでしょう。

女の子の場合は、華やかなワンピースやドレスでおめかしするのが人気です。こちらも、1着あれば、お稽古ごとの発表会や結婚式などフォーマルな装いをする機会に着回せます。洋装は着付けが不要で動きやすい点や、万が一汚してしまってもお手入れの楽な点がメリットといえます。

和装の場合

七五三の和装は、お子さまの年齢や性別によって選ぶ着物が変わります。男の子の場合は羽織袴が定番ですが、まだあどけなさが残る3歳頃は「被布(ひふ)」と呼ばれる袖なしの上着を着るお子さまも増えてきました。

女の子の場合は3歳頃に「被布」を着て、7歳頃には「四つ身」と呼ばれる4歳~12歳用の着物を着用します。3歳頃は柔らかい生地で緩く固定できる兵児帯(へこおび)を付けますが、7歳頃は大人の女性と同じ帯を締めるのがポイントです。

着物には独特の風情があります。伝統的で特別感のある記念写真が撮りたい方は和装がおすすめです。

【七五三】母親は洋装か和装どちらがよい?

【七五三】母親は洋装か和装どちらがよい?

お子さまが着物の場合、ママも着物を着ると華やかさと家族の統一感がアップします。しかし、必ずしも和装でなければいけないわけではなく、セミフォーマルな洋装でも構いません。お子さまがスーツやワンピースの場合はママが和装にすると主役よりも目立ってしまうため、洋装で合わせるのがマナーです。ここでは、ママの服装をさらに詳しく紹介します。

洋装の場合

洋装ではブラックフォーマルは避け、セットアップのスーツか、上品なワンピースにジャケットを合わせましょう。七五三は神聖な儀式のため、ノースリーブやミニスカートなど、肌を過度に露出する服装はふさわしくありません。

色はオフホワイトや明るいグレー、ベージュなど上品なものがおすすめです。七五三の後に卒園式や入学式が控えている場合は、着回しを考えて選ぶのもよいでしょう。

靴やバッグもセミフォーマルなものを合わせます。サンダルやオープントゥパンプス、ブーツ、ピンヒールは避け、ヒールが低めのシンプルでフォーマルな靴を選びましょう。

アクセサリーはパールなど華美になりすぎないものを身に着けます。衣装がダークな場合は、コサージュで胸元に華やかさを添えるとワンポイントになるでしょう。

和装の場合

着物には「格」があります。お子さまを引き立てる意味でも豪華すぎず、落ち着いた略礼装を選びましょう。

具体的には、訪問着・色無地(一つ紋か無紋)・付け下げなどが適しており、格の高すぎる黒留袖や色留袖、カジュアルな印象を与える小紋や紬などは不向きとされています。お子さまが女の子の場合は優しく淡い色合いで控えめな古典柄がおすすめです。男の子の場合で渋い羽織袴を着用されるときは、少し華やかな色柄にしてもよいでしょう。

【七五三】父親は洋装が定番!

【七五三】父親は洋装が定番!

お子さまに合わせてパパが和装する場合もありますが、現代の七五三では洋装でスーツを着用するのが主流です。お子さまを引き立てるデザイン、ママと格を合わせたコーディネートを心がけましょう。ここからは、パパの服装を詳しく紹介します。

洋装の場合

ママが和装の場合は、略礼装のブラックスーツか濃いネイビーやチャコールグレーのダークスーツを選びましょう。ママがセミフォーマルなスーツやワンピースの場合は、ビジネススーツが一般的です。

ママが着物でパパがビジネススーツのケースもよく見られます。色は紺やグレーなどのシックなダークなものを選ぶとよいでしょう。形はダブルでもシングルでもよく、ボタンの数も問いません。

スーツはジャケット、スラックス、ベストの3ピースが正式ですが、ベストのない2ピースを着用してもよいでしょう。ビジネススーツにベストをプラスして、フォーマル感を高めるのもおすすめです。

ワイシャツは白無地が基本ですが、華やかさを添えたい場合はパステルピンクやブルーなどの薄めのカラーシャツを選んでも問題ありません。ベストを着用する場合も、スーツより少し明るい色のベストを合わせると特別感がアップします。

ネクタイは黒や暗い色は避け、目立ちすぎない明るめの色を選びましょう。お子さまの衣装の色を意識すると、統一感が出ます。柄はピンドットや細いストライプ、小紋柄など、主張の激しくないデザインにします。

和装の場合

男性の和装は羽織と長着が基本ですが、第一礼装である紋付羽織袴は豪華になりすぎます。お子さまの衣装とのバランスを考え、無紋の羽織と着物、または袴を合わせるとよいでしょう。

素材はカジュアルなウールを避け、御召(おめし)か紬を選びます。シックで落ち着いた色味を意識し、お子さまを引き立てることを心がけましょう。ママの着物の雰囲気に合わせて選ぶのもおすすめです。

祖父母に当日の服装を伝えておこう

七五三のお参りは、参加者全員で服装の雰囲気を合わせ、格を意識することが大切です。「お子さまが洋装であるにもかかわらず、祖母が和装できてしまった」という事態を避けるために、祖父母を招く場合は事前にお子さまとママパパの服装を伝えておきましょう。

選び方はママパパと同様の考え方です。祖母が洋装する場合はスーツやワンピース、和装の場合は訪問着・色無地・付け下げを選びましょう。祖父はスーツを着用するのが一般的です。

【七五三】洋装で行くならここに注意!

【七五三】洋装で行くならここに注意!

着付けする必要がなく、お手入れも簡単な洋装は、手軽に着られて魅力的です。しかし、洋装を選ぶ場合、注意するポイントがいくつかあります。洋装でお参りに行く予定の方は、以下の4つの項目を確認してからコーディネートを考えましょう。

服装の格を意識して選ぶ

七五三のお参りでご家族は、お子さまよりも格を下げた服装を選ぶのが基本です。格式高いブラックフォーマルは避け、セミフォーマルなスーツやワンピースを選びます。

また、ママパパの服装の格を合わせることも大切です。ママがスーツを着用しているのにもかかわらず、パパはカジュアルなジャケットを選ぶと、格が揃いません。個人の好みだけでなく、全体的な雰囲気と格を意識してコーディネートを考えましょう。

派手すぎる・カジュアルすぎる服装は避ける

ご家族の服装はお祝い事らしく華やかに仕上げるのがおすすめですが、お子さまよりも色・柄が目立ちすぎる服装は好ましくありません。装飾が派手な服や、肌の露出が多い服も避けましょう。

また、Tシャツやジーンズ、ハーフパンツなど普段着に近い服装もマナー違反です。ご家族そろって記念撮影をすることも考えて、お子さまを引き立てながら「きちんと感」のある服装を選びましょう。

アクセサリーは華美すぎるものを避ける

七五三のお参りでは、アクセサリー選びにも注意が必要です。きらびやかで大ぶりのものや目立ちすぎるものは避けましょう。パール系のアクセサリーを使うと、上品に仕上がります。パール系のアクセサリーはひとつ持っていれば、冠婚葬祭やその他フォーマルな場面で使い回せて、非常に便利です。

服装が全体的にダークになってしまうときは、コサージュを付けることでさりげなく華やかさが出せるでしょう。フォーマル感、エレガントさを演出したいときにもコサージュは役立ちます。

歩きやすい靴を選ぶ

境内の砂利道を歩いたり、お子さまを抱っこしたりする場合もあるため、足に負担のかかりにくい靴を選ぶことが大切です。ヒールが高すぎる靴は歩きづらいうえ、カジュアルな印象を与えます。ローヒールまたはヒールなしの、フォーマルなパンプスがおすすめです。

お子さまには草履や革靴とは別に、履き慣れた運動靴を準備しましょう。お参りの行き帰りに履き替えさせてあげると、疲れにくくなります。

【洋装・和装】七五三の子どもの髪型はどうする?

七五三でママパパの頭を悩ませるのが、お子さまの髪型です。特に3歳の女の子の場合は、毛の量が少なめで長さも足りないことが多いため、アレンジにはちょっとしたコツがいります。 

例えば、後ろ髪がまだ伸びていない場合は、前髪を斜めに流したり内巻きにしたりして普段とは違う雰囲気を出します。肩上程度まで伸びている場合は、毛先を内巻きにするだけで、ふんわりと女の子らしい印象になるでしょう。また、大き目の髪飾りがあれば、凝ったアレンジをせずに華やかさが演出できます。

セルフでアレンジするのが難しい場合は、美容院やフォトスタジオのプロに依頼しましょう。洋装・和装問わず、さまざまな髪型に仕上げてくれます。

【洋装・和装】七五三の母親の髪型はどうする?

ママは、お子さまよりも目立つアレンジは避け、上品で清潔感のある髪型に仕上げましょう。洋装の場合は、アップスタイル・ダウンスタイルともにさまざまなアレンジが楽しめます。シニヨンヘアやハーフアップ、編み込みなど、シンプルかつ華やかな髪型がおすすめです。

和装の場合は、だらしない雰囲気が出ないように、顔回りや首回りの髪をすっきりとまとめます。長めの方はシニヨンヘアや夜会巻き、短めの方はサイドの編み込みやポンパドールが人気です。

スタジオアリスの七五三なら洋装・和装どちらも楽しめる!

スタジオアリスの七五三なら洋装・和装どちらも楽しめる!

スタジオアリスでは、業界最大を誇る衣装バリエーションと多彩なサービスを用意し、皆さまの思い出作りをサポートします。七五三の晴れ姿は、プロによる撮影できれいに残しましょう。ここからは、スタジオアリスの七五三撮影の魅力を紹介します。

500着以上!多彩な衣装ラインアップをご用意

人気ブランドや新作を含む500着以上のラインアップの中から、お子さまが一番かわいく見える衣装を見つけていただけます。伝統的で優美な和装から、おしゃれでゴージャスな洋装まで、お好みのスタイルで心ゆくまで撮影をお楽しみください。

七五三は一生の記念になる貴重なイベントです。この機会に、洋装と和装の両方を撮影して、お子さまの成長を記録してはいかがでしょうか。

\衣装を探す/
スタジオアリス七五三の衣装
https://www.studio-alice.co.jp/clothes/?event=8

「パパママ着物フォトプラン」でおしゃれな家族写真を!

スタジオアリスでは、お子さまの着物姿に合わせて、ご家族皆で和装が楽しめる「パパママ着物フォトプラン」をご用意しています。撮影に着物レンタルと着付けがセットになったお得なプランです。洋装でのお参りをご予定の場合は、記念撮影で「パパママ着物フォトプラン」を利用することで、洋装と和装の両方をお楽しみいただけます。

レンタルできる着物はパパが羽織と長着のセットで、ママは訪問着です。ここでは、おすすめをいくつかピックアップして紹介します。 ※衣装は店舗により異なります。

明るいピンク地の着物に流れ落ちるような優美なデザインが映える、可愛らしく若々しい訪問着です。四季折々の花が全体を彩り、金の刺繍と豪華な帯が全体を格調高くしています。

鮮やかなブルーが目を引くこちらは、お子さまが渋い羽織袴を着られるママにおすすめです。赤い牡丹が美しいアクセントとなり、家族写真に明るい華やぎを添えます。

落ち着いたグリーンの色目で幅広い年齢の方にお似合いの一着です。花びら一枚一枚まで繊細に描かれた牡丹がモダンなテイストをプラスし、豪華な金の帯が上品な華やかさを演出しています。

上品な紫で高貴なイメージが漂う訪問着です。夫婦円満を表す「おしどり」が並ぶ落ち着いた柄ゆきは、家族写真にぴったりでしょう。お子さまの華やかな着物を引き立てます。

どの年代のパパにも似合う羽織と長着です。落ち着いた紺で統一された定番的なスタイルで、主役のお子さまを引き立てます。家族写真に品格をプラスする一着です。

グレーも紺と同じく定番色ですが、こちらの方がより落ち着きと風格が感じられます。年齢が高めの方にも似合う着物です。粋なオシャレが楽しめます。

個性的な着物がお好みなら、このような茶系はいかがでしょうか。落ち着きがありながら、紺やグレーよりも優しい雰囲気に仕上がります。

お子さまとのリンクコーデが楽しめる袴です。パパとお子さまのツーショット撮影にご利用ください。

ママパパの着物を紹介しましたが、祖父母のご利用も可能です。七五三のお祝いに3世代が和装でそろえ、一生の思い出になる雅やかな写真を残してみませんか。
※衣装は店舗により異なります。

まとめ

まとめ

七五三のお子さまの服装は、洋装と和装のどちらを選んでもよいとされています。洋装の場合は、スーツやワンピースなどフォーマルなスタイルに仕上げましょう。

和装の場合は、年齢・性別によって選ぶ着物が変わります。ご家族も洋装と和装のどちらを着用しても問題ありませんが、お子さまを引き立てる服装を選び、ご夫婦の格を合わせることが大切です。

ご家族全体でバランスの取れた服装を選び、すてきな記念写真を撮影しましょう。スタジオアリスなら、豊富な衣装と安心の撮影技術で、七五三の思い出をより美しく残していただけます。

\WEB予約はこちら/スタジオアリスの七五三

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる