七五三のママ・パパの衣装について|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のママ・パパの衣装について

七五三のママ・パパの衣装について
家族写真を撮ることも多い七五三ですので、お子さまの衣装と同様にママとパパも晴れの日にふさわしい装いでお祝いに華を添えたいものですね。ご両親の衣装選びについて、和装と洋装のそれぞれの注意点をご紹介します。

ママ・パパの衣装を選ぶ時の注意点

ママとパパの服装を考えるときには、「主役のお子さまを引き立てる上品な衣装であること」と「夫婦で衣装の格・雰囲気を合わせること」の2点が大切です。

お子さまが普段着でお参りをされるならママとパパもカジュアルな服装で構いませんが、お子さまが着物やワンピース、スーツなどを着用されるなら、ご両親はお子さまより1つ格を落としたセミフォーマルな衣装で合わせましょう。

ママとパパそれぞれの衣装について詳しくご紹介します。

【ママの服装】
① 洋装と和装のどちらがいい?
お子さまが着物の場合、ママも着物を着ると華やかさと家族の統一感がアップします。しかし、必ずしも和装じゃないといけないわけではなく、セミフォーマルな洋装でも構いません。特に3歳や5歳の七五三ではお子さまを抱っこしたり、追いかけたりすることが多いので動きやすい洋装にするママも多くおられます。また、お子さまがスーツやワンピースの場合はママが和装にすると主役よりも目立ってしまうので、洋装で合わせると良いでしょう。

② 和装にするときの注意点は?
着物には「格」があり、お子さまを引き立てる意味でも豪華すぎず、落ち着いた略礼装を選びましょう。具体的には、訪問着・色無地(一つ紋か無紋)・江戸小紋・付け下げなどが適しており、第一礼装の留袖や色留袖、カジュアル着の小紋や紬などは不向きです。お子さまが女の子の場合は優しく淡い色合いで控えめな古典柄がおすすめです。男の子の場合で渋い羽織袴を着用されるときは、少し華やかな色柄にしても良いでしょう。

③ 洋装にするときの注意点は?
洋装ではブラックフォーマルは避け、セットアップのスーツか上品なワンピースにジャケットを合わせましょう。注意点は肌の露出を控えること。ノースリーブなどは避け、スカートは膝下丈がベストです。もちろん、パンツスーツでも構いません。色はオフホワイトや明るいグレー、ベージュなど上品なものに。七五三の後に卒園式や入学式が控えている場合は着回しを考えて選ぶのもおすすめです。

④ 洋装のときの靴やアクセサリーは?
靴やバッグもセミフォーマルなものを選びます。サンダルやオープントゥパンプス、ブーツ、ピンヒールは避け、ヒールが低めのシンプルなパンプスがおすすめ。アクセサリーはパールなど華美になりすぎないものを選び、衣装がダークな場合はコサージュで胸元に華やかさを添えるといいですね。寒い時期でもタイツやレギンスは履かず、肌色のストッキングを重ね履きして対応しましょう。

【パパの服装】
① 洋装と和装のどちらがいい?
お子さまが着物の場合はパパも和装にする方がいらっしゃいますが、多くの方はスーツ姿です。写真係だからと動きやすいデニムやノーネクタイはNG。参拝する神様に敬意を払い、お子さまやママとバランスのとれた服装にしましょう。

② 和装にするときの注意点は?
男性の和装では羽織と長着が基本ですが、第一礼装である紋付羽織袴では豪華になりすぎますので無紋の羽織と着物、または袴を合わせるといいでしょう。素材はカジュアルなウールは避け、御召(おめし)か紬を選びます。色はお子さまを引き立てる落ち着いたシックなもので、ママの着物とのコーディネートを考えて選ぶのもいいですね。

③ 洋装にする場合の注意点は?
洋装ではスーツを選びますが、ママが和装のときは略礼装のブラックスーツか濃いネイビーやチャコールグレーのダークスーツ、ママがセミフォーマルなスーツやワンピースの場合はビジネススーツがベストですが、ママが着物でパパがビジネススーツの方もよく見られます。色は紺やグレーなどのシックなダークカラーで、形はダブルでもシングルでもよく、ボタンの数も問いません。スーツはジャケット、スラックス、ベストの3ピースが正式ですがベストのない2ピースでも構いません。ビジネススーツにベストをプラスしてフォーマル感を高めるのも良い案です。

④ スーツに合わせるワイシャツやネクタイは?
ワイシャツは白無地が基本ですがスーツが暗い色なため、パステルピンクやブルーなどのカラーシャツで華やかさを添えるのもおすすめです。ベストを合わせる場合も、スーツよりも少し明るい色のベストを合わせると華やさがアップします。ネクタイは黒や暗い色は避け、明るめの色に。お子さまの衣装とリンクした色にするのもいいですね。柄はピンドットや細いストライプ、小紋柄など主張の激しくないデザインにしましょう。

ママや祖母の着物はレンタルで?着付けはどうする?

お子さまに合わせて和装を考えておられるママも、手持ちの着物がない場合は迷ってしまいますよね。そんな時に最近よく利用されているのが、ママの着物レンタルです。

お子さまの着物をレンタルされる時に一緒に申し込まれる方も多いですが、付属品を含めたレンタル一式をお子さまの分とママの分を保管して、着付けに持っていって、まとめて返却する作業は少々大変。

そこで、和装は写真を撮る時だけでいいとお考えのママには、スタジオアリスで提供している「パパママ着物フォトプラン」のご利用をおすすめします。

パパママ着物フォトプラン

パパママ着物フォトプラン

こちらは、撮影時にパパとママの着物をスタジオアリスでレンタルでき、着付けサービスがセットになったプランです。

お子さまが七五三撮影をされる日の1週間前までに店舗にて着物を予約すれば、後は当日にママのヘアメイクを終えて、お子さまと一緒に店舗へ行くだけ。着付けに必要な付属品も小物もすべて借りられるので手ぶらでお店に行けます。専門スタッフによる着付けが済んだ後は、みんな和装で揃えた素敵な家族写真の撮影。撮影後はその場で衣装の返却ができ、クリーニングなどのお手入れも不要となっています。

価格は平日パパ3,000円(税込3,300円)・ママ5,000円(税込5,500円)、土日祝パパ6,000円(税込6,600円)・ママ8,000円(税込8,800円)です(※一部店舗は価格が異なります)。スタジオアリスの撮影は家族単位なのでお子さま1人でも家族みんなで写しても撮影料は同じで、このプラン価格以外は追加料金がかからないのも嬉しいポイントですね。

レンタルできる着物はパパが羽織と長着のセット、ママは訪問着で、色柄ともにさまざまなタイプがあります。おすすめをいくつかピックアップしてご紹介します。

[ママ/訪問着]

ママ/訪問着

明るいピンク地の着物に流れ落ちるような優美なデザインが映える、可愛らしく若々しい訪問着です。四季折々の花が全体を彩り、金の刺繍が豪華な帯が全体を格調高くしています。

ママ/訪問着

鮮やかなブルーが目を引くこちらは、お子さまが渋い羽織袴を着られるママにおすすめ。赤い牡丹が美しいアクセントとなり、家族写真に明るい華やぎを添えます。

ママ/訪問着

落ち着いたグリーンの色目で幅広い年齢の方にお似合いの一着です。花びら一枚一枚まで繊細に描かれた牡丹がモダンなテイストをプラス。豪華な金の帯が上品な華やかさを演出しています。

ママ/訪問着

上品な紫で高貴なイメージが漂う訪問着です。夫婦円満を表す「おしどり」が並ぶ落ち着いた柄ゆきは家族写真にぴったり。お子さまの華やかな着物を引き立てる一枚です。

[パパ/羽織・長着]

パパ/羽織・長着]

どの年代のパパにも似合う羽織と長着です。落ち着いた紺で統一された定番スタイル。主役のお子さまを引き立て、家族写真に品格をプラスする一着です。

パパ/羽織・長着]

グレーも紺と同じく定番色ですが、こちらの方がより落ち着きと風格があります。年齢が高めの方にもお似合いの着物で粋なオシャレが楽しめます。

パパ/羽織・長着]

個性的な着物がお好みなら、このような茶系はいかがでしょうか。落ち着きがありながら、紺やグレーよりも優しい雰囲気に仕上がります。

パパ/羽織・長着]

お子さまとのリンクコーデが楽しめる、袴も用意されています。パパとお子さまのツーショット撮影もおすすめです。

パパとママの着物をピックアップして紹介しましたが、おじいさんやおばあさんも利用できます。
七五三のお祝いに3世代が和装で揃え、一生の思い出になる雅やかな写真を残してくださいね。
※店舗によってご用意している衣装は異なります。

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる