七五三の当日が雨だった場合の対処法!お参りはできる?延期するべき?|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の当日が雨だった場合の対処法!お参りはできる?延期するべき?

七五三の当日が雨だった場合の対処法!お参りはできる?延期するべき?

お子さまの成長を祝う七五三では、神社でのご祈祷や記念撮影を行うのが一般的です。大切なお子さまのハレの日は、天候に恵まれたなかでお祝いしたいと願う方がほとんどでしょう。

ですが、予定日の天気予報が雨になっていたり、当日を迎えたら雨だったりということも十分に考えられます。そこでこの記事では、七五三の当日に雨が降っても慌てないための準備や、延期する場合の注意点などをご紹介します。もしもの雨にも、臨機応変に対応できるようチェックしておきましょう。

目次
七五三のお参り当日が雨だった場合の対処法は2つ!
雨のため七五三を延期する手順と注意点
雨の日でも七五三のお参りをする方法
【七五三】雨の日に外で記念撮影をする際のポイント
七五三の写真は当日撮影&スタジオ撮影がおすすめ
七五三の記念撮影はスタジオアリスにおまかせ!
まとめ

七五三のお参り当日が雨だった場合の対処法は2つ!

七五三のお参り当日が雨だった場合の対処法は2つ!

多くの準備を進めてきた七五三の当日に雨が降ってしまった場合、対処法は「延期」か「決行」の2択ではないでしょうか。どちらを選ぶのが賢い選択となるのか、それぞれのケースを解説します。

お参りを延期する

天気のよさそうな日に日程を変更できるのであれば、延期するのがおすすめです。早めに決断することで、ヘアセットや着付けなどの変更もスムーズにできます。

特に七五三シーズンは前日や当日の予約キャンセル、変更は対応が難しい場合もありますので、早めに当日の天気予報を確認しましょう。

雨対策をしてお参りする

当日、急に天候が崩れた場合は、予約したお店のキャンセルや変更が難しいだけでなく、費用負担も余計にかかることになります。

台風や暴風雨までの悪天候ではない場合は、雨対策を取りながら決行したほうがよいでしょう。着物の着付けを工夫したり、悪天候でも安心の小道具を持参したり、雨の日のお参りに向けた準備を事前にしておくと安心です。

雨のため七五三を延期する手順と注意点

雨のため七五三を延期する手順と注意点

天気予報から確実に悪天候が予想される場合は、思い切って早めに延期を決断しましょう。七五三を延期するには、お参りする神社や着物レンタル店、美容院への日程変更の連絡だけでなく、両家の祖父母のスケジュールの確認が必要です。準備してきた七五三を延期する手順と注意点を解説します。

1.雨などの天候を理由に延期できるかを確認しよう

どのようなサービスであっても、事業者が損害を受けた場合には消費者法の範囲でキャンセル料金を請求することができます。ただし、条件はサービス事業者ごとに異なります。キャンセル料金は、損害リスクから設定されるため、事前キャンセルであれば費用負担がかからないことがほとんどです。

悪天候が予測される場合は、予約したレンタル衣装や会食する飲食店、美容室や写真スタジオなどのキャンセルポリシーを早めに確認しましょう。理由に関係なく適用される規定もあれば、病気や天災の場合は適応外であることもあります。

2.予約の日程変更をしよう

予約したサービスのキャンセルポリシーを確認したら、改めて日程調整しましょう。七五三では神社での祈祷や記念撮影をしたあとに、会食をするご家庭もあります。

会食を予定している場合には、会食の会場への日程変更の連絡も忘れてはいけません。また、ママパパだけでなく両家の祖父母、親戚を招待している際は、雨の予報が出た時点で、できるだけ早く日程変更の相談をしましょう。

ご両親以外にも、お参りやお祝いの席にお招きしている方がいれば、七五三の当日に雨予報が出た時点で日程変更の旨を早めに相談することも忘れないようにしましょう。

雨の日でも七五三のお参りをする方法

雨の日でも七五三のお参りをする方法

雨が降ると足元も悪く、晴れ着が濡れてしまう可能性もありますが、日程変更ができない場合は、七五三のお参りを決行することもあるでしょう。雨の日でもできるだけ快適にお参りができるよう、また大切な着物を汚さないためにも着付けの工夫や持ち物のチェックをすることが大切です。

雨に濡れないような場所を選ぼう

お参りだけする場合は、天気のよい日にご家族だけで参拝をすればよいですが、ご祈祷を受ける場合は事前の予約が必要なことが多いでしょう。

神社によっては境内まで屋根の下を歩ける雨を避けられるルートを用意しているなど、雨でもお子さまが濡れないような対策をしていることもあります。事前に電話確認や下見をしておくと安心です。

神社の境内には石畳や砂利が敷いてあり比較的に水はけはよくなってはいますが、水たまりやぬかるみができることもあります。当日はお子さまから目を離さず、声かけをしながら安全なルートへ誘導してあげましょう。

着物の着付けを工夫しよう

雨の日でも着物を汚さないための着付けの仕方もあります。着付けの際は以下の方法を参考に、着付けをしてくれる方に相談して雨対策をしてください。

・裾が濡れないように、着物を短めに着せてもらう(草履の代わりに長靴を履かせる場合にも、短めに着付けをしてあると楽です)
・着崩れしないように着付けてもらう(雨除けのコートやポンチョを羽織ると着崩れしやすくなるため)
・髪型、髪飾りも痛くない程度に崩れにくくしてもらう

雨の日におすすめの持ち物リスト

雨の日の七五三では、晴れの日には持って行かないような雨対策のアイテムも持参することをおすすめします。以下の持ち物リストを参考に、お子さまの年齢、成長にあわせて準備を進めましょう。

・傘:明るい色がおすすめ。影を作ってしまう黒やダークブルーの傘は避ける
・レインコート(ポンチョ):着物が濡れないよう、全身をおおえる丈の長いもの
・草履カバー:子ども用は少ないので長靴で代用も可
・大きめのタオル:雨で濡れてしまった場合に役立つ
・小さいタオル:雨対策、手拭きなどさまざまな用途で活用できるので2枚~3枚準備すると便利
・ビニール袋:濡れたタオルを入れる。履物を替えるときにもあるとよい
・大きめのカバン:持ち物の出し入れがしやすい。スペースに余裕があるものを選ぶ

レンタル着物を汚したら弁償しないといけない?

七五三の晴れ着は、購入する方とレンタルする方がいます。レンタルした場合、着物を汚してしまった際にクリーニングに出したり弁償したりしなければいけないのか不安に思う方も多いでしょう。

一般的にレンタル料金は、雨に限らず転んで汚したり、会食で食べこぼして着物が汚れたりすることを考慮して設定されています。そのため、着物を汚してしまった際に弁償しなくてはいけないということはありません。

もし汚してしまった場合には、返却の際に汚してしまった箇所とその理由を必ず伝えましょう。

しかし故意に着物を破ったり汚したりした場合、また「汚れ具合によっては弁償」という条件がある場合は、弁償やクリーニング代の支払いをお店側から要求されることもあります。汚さないことを前提に着物を扱うことはもちろんですが、予約の際に確認することも大切です。

【七五三】雨の日に外で記念撮影をする際のポイント

【七五三】雨の日に外で記念撮影をする際のポイント

七五三の記念撮影のタイミングで雨が降っても、撮影は可能です。撮影場所は限られてしまいますが、雨に濡れないスポットを選んで思い出の1枚を残しましょう。七五三の記念撮影は和装でする方も多いですが、着物と和傘は相性抜群です。ぜひ雨の日を利用し、傘をさしての撮影を楽しみましょう。

一時的な雨の場合は、止んだタイミングを見計らって記念撮影するのがおすすめです。晴天の日よりも光の加減が柔らかく、しっとりと優しい雰囲気の美しい仕上がりが期待できます。

その際は、お子さまが砂利に足を取られないか、近くにぬかるみがないかなどをチェックし、安全で着物が汚れない場所での撮影を意識しましょう。

七五三の写真は当日撮影&スタジオ撮影がおすすめ

七五三の写真は当日撮影&スタジオ撮影がおすすめ

雨のなかでの七五三のお参りや記念撮影は、小さなお子さまだけでなく、ママパパが同行するご家族にとっても楽なものではありません。特にママやご兄弟は一緒に和装をすることも多いため、その分荷物が増えるなど大変なこともあります。

そこでおすすめなのが、スタジオ撮影です。お参りは神社で、記念撮影は雨の日も心配なく撮影できるスタジオですれば、負担も少なく楽しい思い出を残せるでしょう。

お参り用とスタジオ用で2種類の衣装を楽しめる

スタジオ撮影のメリットは、天候に日程が左右される心配がないだけでなく、色や柄の違うさまざまな衣装のなかから好みのものを見つけて撮影ができる点です。和装だけではなく、ドレスもたくさん取り揃えられているスタジオも多く、おしゃれが好きなお子さまはもちろん、ママパパも衣装選びにワクワクするでしょう。

また、スタジオ撮影ではドレス、お参りの当日は着物と、衣装を替られるスタジオも多く、大切なお子さまの成長記録を2つの衣装で残せる点は大きなメリットといえます。

当日はお参りに集中できる

七五三の当日が雨だった場合、日程変更に伴うキャンセル料の発生や、小さなお子さまが雨のなかで記念撮影をするということでママパパは大変な思いをすることが多いでしょう。多少の雨ならまだしも、悪天候で記念撮影ができないような大雨にならないとも限りません。

スタジオ撮影なら、天候に左右されず素敵な写真を残すことが可能です。また、事前にスタジオ撮影を済ませておくことで七五三当日はご祈祷だけに集中できるでしょう。

七五三の記念撮影はスタジオアリスにおまかせ!

七五三の記念撮影はスタジオアリスにおまかせ!

七五三は11月15日に行うのが一般的ですが、最近は混雑を避けるために時期をずらすご家庭も増えています。家族全員でのお出かけは、忘れられない大切な思い出になります。ぜひ、お子さまの成長の節目を記念に残しましょう。

スタジオアリスではスタジオ撮影はもちろん、おでかけ用のレンタル着物も豊富に用意し、前撮りとお参りの2回、着物を楽しんでいただくことが可能です。また、忙しいママパパには記念撮影と神社へのお参りが1日でできる「七五三1Dayプラン」も用意しています。ここからは、スタジオアリスの3つの魅力をご紹介します。

おでかけ用着物レンタルは通年予約可能

七五三のシーズンは11月ですが、スタジオアリスでは通年、おでかけ用着物レンタルの予約を受け付けています。混みあう時期を避けての撮影やお子さまのお誕生日にあわせた撮影も可能です。

特に、人気の着物は七五三シーズンである9月後半から11月いっぱいは予約が混みあいます。お子さまのお気に入りの1着で撮影を楽しんでいただくためにも、七五三の撮影、レンタルは早めのご予約がおすすめです。

当日は着付け・ヘアアレンジもOK

着付けやヘアアレンジは、スタジオアリスのスタッフにおまかせください。ヘアスタイルボードから、気に入ったヘアスタイルをお選びいただき仕上げます。

もしご自宅にお気に入りの着物がある場合は、持ち込みも可能です。持ち込みの着物の着付けもできますので、お気軽にご相談ください

また、髪飾りや草履などの小物も豊富に用意しています。着付けやヘアアレンジ、小物のレンタルは撮影料金に含まれており、お気に入りのスタイルで撮影が可能です。ご予約いただくだけで衣装や小物などをママパパが準備することがないため、撮影当日は手ぶらでご来店いただけます。

お気に入りの1着が見つかる!豊富な衣装数

スタジオアリスでは七五三のレンタル着物を約190着、豊富に用意しています。最新モデルや人気ブランドをはじめ、さまざまな色や柄のものがあり、衣装の下見も大歓迎です。

人気のキャラクターとのコラボ衣装は、お子さまに大人気。和の洋装のなかに隠れた可愛いキャラクターに、お子さまのテンションも上がるでしょう。

尚、キャラクター衣装によってはレンタル開始時期、撮影可能時期が異なる場合もありますので、詳しくは店舗までお問い合わせください。

まとめ

まとめ

お子さまの成長を祝う七五三の当日に雨が降ってしまった場合の対処法は、日程変更するか、さまざまな対策で決行するかの2つです。雨の日のお参りや記念撮影は多くの準備や対策が必要です。そのため、天候に左右されないスタジオ撮影をおすすめします。

スタジオアリスではさまざまな衣装のなかから、着物やドレス、タキシードなどお子さまの年齢に合ったお気に入りの一着を見つけることが可能です。キャラクターコラボの衣装や、お出かけ用着物のレンタルもございますので、兄弟、ご家族と七五三の撮影をお楽しみください。

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる