七五三 3歳女の子にぴったりな着物|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三 3歳女の子にぴったりな着物

女の子は3歳と7歳に七五三をお祝いしますが、和装の場合、3歳と7歳の衣装には少し違いがあります。ここでは3歳の女の子着物についてご紹介します。

3歳の女の子が七五三で着る着物とは?

3歳向けの着物は、身丈の3倍の布を裁つことから「三つ身」と呼ばれ、並幅の反物の半分を使って仕立てます。

3歳の正式な装いとして、晴れ着の上に「被布(ひふ)」という袖の無い上衣を羽織る衣装があります。通常の硬い帯を締めずに兵児帯(へこおび)など幅が広く柔らかい帯を巻き、その上に被布を着ます。着付けがとても簡単で、帯の締め付けがないぶん着心地が楽で着崩れもしにくく、着物を着なれないこどもたちにはぴったりの衣装です。この被布姿に巾着や鼻緒の可愛い草履を合わせれば一層愛らしさが引き立ち、まだあどけない3歳のこどもにとてもよく似合います。

地域によっては3歳でも被布を羽織らず帯を締めるところもあります。その際には本式の帯を締めるのはまだ大変なので、最初からお太鼓が結ばれている作り帯を用いることが多いようです。

着物の素材では正絹(しょうけん)とポリエステルがありますが、着心地がいいのは正絹の着物です。シルク100%ですのでしっとりと肌触りがよく高級感があります。しかし、価格も高く、ポリエステル生地の方がお手頃。また、ポリエステルの着物は汚れても自宅の洗濯機で洗える大きなメリットがあるので、なかなかじっとしていられない3歳のこどもの場合はポリエステル生地の人気が高いようです。

着物の色や柄に特に決まりはありません。被布の場合は着物とのコーディネートも楽しめ、洋装ではあまりない柄と柄を組み合わせる華やかさもあります。和装ならではのおしゃれを楽しみながら、お子さまの可愛さを引き立てる一着をお選びください。

【女の子の着物によく使われる代表的な柄】

女の子の着物にとてもよく用いられる日本の国花。五穀豊穣の意味を持つとも言われ、季節を問わず身に付けることができます。
松竹梅 慶事や吉祥の文様として一般的に広く使われている文様。女の子の着物の場合、松と梅の組み合わせで使われることが多いです。
牡丹 大輪の花を咲かせ、気品ある姿は女性の美しさの象徴とされ、女の子の着物によく用いられます。
末広がりの形から縁起が良いとされています。扇の中に花などが描かれ、華やかなモチーフになります。
鞠(まり) こどもの愛らしさを強調する文様。「万事丸く収まりますように」との願いが込められています。多彩な色使いで華やかに描かれます。
丸文 終わりがなく、無限を表す縁起のいい文様。丸の中に植物を描いたり、花を丸く描いた花丸文があったりとさまざまなデザインがあります。

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる