時期外れの七五三のメリットや注意点は?記念撮影の時期も検討しよう|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三のキホン

時期外れの七五三のメリットや注意点は?
記念撮影の時期も検討しよう

時期外れの七五三のメリットや注意点は?記念撮影の時期も検討しよう

七五三といえば秋ですが、春や夏、冬など時期外れに参拝などを行ってもよいのでしょうか。時期外れの七五三にはさまざまなメリットがありますが、本来の時期とは異なるスケジュールのため、注意したいポイントもあります。

今回ご紹介するのは、七五三の正式な時期や時期外れに行うメリットや注意点などです。
時期外れに七五三を行う際におすすめしたい時期や、スタジオアリスでの七五三撮影の魅力についても解説しますので、ぜひご一読ください。

目次
七五三の正式な時期はいつ?
時期外れの七五三はOK?
七五三の時期をずらす理由は?
時期外れの七五三のメリット
時期をずらした七五三の注意点
時期外れの七五三をするのにおすすめなのは
時期外れの七五三もスタジオアリスにおまかせください!
まとめ

七五三の正式な時期はいつ?

七五三の正式な時期はいつ?

七五三は秋に行われることが一般的ですが、ままずは、七五三の具体的な日程やお祝いの内容について見ていきましょう。七五三の時期をずらしてお祝いしようと考えているママパパも地本情報について知ることは大切です。

一般的な七五三の時期

七五三の具体的な時期は11月15日です。これは旧暦なので、今の暦にすると12月半ば頃になります。

11月15日に七五三を実施するようになったのはなぜか、その由来といわれているのは大きく2つです。1つは江戸時代の行事で、1681年11月15日に行われた徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康祈願の催し物が始まりとされています。

もう1つの由来は鬼宿日です。旧暦の11月15日は、吉凶を占う二十七宿のなかでいちばんお日柄のよい「鬼宿日」だといわれています。鬼宿日とは、鬼がいない日、鬼が休憩する日です。

また、旧暦の11月15日は満月にもあたり、みのりの季節である秋の、満月で、鬼宿日という縁起のよい日が重なった貴重な日でもあります。収穫の感謝を神様に伝えると同時に、大切なお子さまの成長についても祈願するようになったのも、七五三の由来の1つです。

特に混雑する時期

旧暦の11月15日を引き継ぎ、現在も11月15日に七五三の参拝を実施するご家族、神社は非常に多いでしょう。11月15日が平日の場合、この前後の週末は最も混雑する時期だといえます。

また、七五三のご祈祷受付を10~11月に設定している神社も多いため、10月、11月の週末はどの日も比較的混みやすいでしょう。また、土曜や日曜、祝日に大安と重なる場合はかなり混雑します。10月中旬〜11月中旬に参拝する場合は、できれば、土曜、日曜、祝日を避けた平日にするとよいでしょう。

地域によっては寒さや台風などの天候の影響を避けるため、9月後半に七五三を行うご家庭も多いところもあります。七五三の混雑時期をまとめると、以下の通りです。

時期 混雑具合
11月15日と前後の土日 最も混雑する
10月中旬~11月中旬の土日や祝日、大安 かなり混雑する
10月初旬・11月下旬の土日 混雑する可能性がある
9月後半・12月上旬の土日 地域によっては混雑の可能性あり

時期外れの七五三はOK?

時期外れの七五三はOK?

混雑する時期を避けて七五三をしたい、ごきょうだいの行事に合わせて七五三も済ませたいなど、ご家庭によっては時期外れの七五三実施を希望することもあるでしょう。

そもそも時期をずらして七五三をすることはよいのか疑問に思われるかもしれませんが、時期外れの七五三に関しては問題ありません。ご家庭の都合に合わせて、お祝いできる時期に行くとよいでしょう。

時期外れの七五三を実施するのに多い時期は、10月や9月、12月です。

10月に七五三をするご家庭も少なくない

正式な七五三は11月15日ですので、11月中に参拝に行くというご家庭が多い傾向です。しかし、神社によっては11月にご祈祷が密集し混雑するのを避けるために、10月にも七五三のご祈祷を行っているケースもあります。

11月に比べて10月は寒さも厳しくなく気候もよいので、10月の参拝を選択するご家庭も少なくありません。

9月や12月などの実施も許容範囲

11月、次いで10月が七五三の参拝ピークですが、少し時期をずらした9月や12月も、七五三をする時期の許容範囲だといえます。9月はまだ暑さが残る時期ですが、北のほうの寒い地域ならやや涼しさもあり、快適な気候のなか参拝することが可能です。

逆に寒さが厳しくなる12月も、神社の混雑を避けられること、しっかりと防寒をすることで着物の暖かさを生かせることから、おすすめの時期だといえます。

大きく時期のずれた七五三もよい?

メインである11月、そして前後の9、10、12月は七五三の時期として許容範囲だと考える方も多いでしょう。これ以外の時期は本来の七五三から大きく時期が外れるため、お祝いをしてもよいのか気になるかもしれませんが、ごきょうだいの節目などに合わせて時期外れに実施しても問題はありません。

昨今は昔ながらの風習よりもお子さまの体調やご家庭の事情を優先することが多い傾向です。春や夏、冬場に七五三のお祝いをするという時期外しはもちろん、年齢をずらすご家庭もあります。

男の子は3歳と5歳、もしくは5歳のみ、女の子は3歳と7歳で行うのが一般的でしたが、男の子が7歳で七五三のお祝いをする、満年齢を活用し4歳や6歳でお祝いをするというのも「アリ」です。

ご家庭でよく話し合い、ベストな時期を選ぶとよいでしょう。

七五三の時期をずらす理由は?

七五三の時期をずらす理由は?

七五三の時期をずらして参拝にいっても問題はありませんが、そもそもなぜ七五三の時期をずらす方がいるのでしょうか。理由はさまざまですが、具体的には次のようなものが挙げられます。

  • ・神社が混雑する時期を避けてゆったりと参拝したい
  • ・身内の不幸があり行けなくなった
  • ・下の子の出産時期と重なった
  • ・子どもや家族の体調が優れない
  • ・仕事などで予定が合わない
  • ・海外に住んでいて七五三の時期に日本にいない
  • ・お宮参りなど、ごきょうだいのイベントと合わせて参拝に行きたい
  • ・ごきょうだいの七五三と年齢を合わせたい

時期外れの七五三のメリット

時期外れの七五三のメリット

本来の時期を避けての七五三には、魅力がたくさんあります。ここでは、時期外れの七五三のメリットを見ていきましょう。

混雑を避けられる

従来の七五三の時期である11月15日とその前後は、ご祈祷や記念写真撮影で神社や写真スタジオが混雑します。特に写真スタジオは予約がいっぱいで、前の方の撮影が終わっていない、後が詰まっていて思うように撮影時間を確保できないといったこともあるので注意が必要です。

時期をずらすとこうした混雑を避けられ、時間にも気持ちにもゆとりを持ってお祝いできます。

ごきょうだいと一緒にお祝いができる

赤ちゃんのお宮参りなど、神社へご祈祷に行く予定がほかにある場合は、一緒にお祝いをすると、ごきょうだいそろっての正装を楽しめます。季節をずらした七五三だけでなく、数え年や満年齢を生かしてごきょうだいの七五三のタイミングを合わせるのもおすすめです。

費用を抑えられることもある

七五三の記念写真撮影は、お参り当日に一緒に行う場合と前撮りや後撮りする場合の大きく2つのパターンがあります。前撮りや後撮りをすると、前撮りや後撮りの日と七五三当日の2回、ヘアメイクや着付け、着物のレンタルなどの料金が必要です。
しかし、前撮りや後撮りのキャンペーンを行なっているスタジオも多く、写真撮影や着付けなどの費用を抑えられることもあるでしょう。

時期をずらした七五三の注意点

時期をずらした七五三の注意点

時期外れの七五三にはさまざまなメリットがありますが、本来の時期から大きくずらす際には、次の3点に注意しましょう。

神社がご祈祷を受け付けていない場合がある

神社によっては七五三シーズンである11月や前後の10月、12月初旬のみ七五三のご祈祷を受けつけている場合もあります。時期を外すとご祈祷をしてもらえない可能性があるため、事前に確認しておく必要があります。

時期外れの七五三を希望する場合は、まず行きたい神社でご祈祷をしてもらえるか問い合わせて確認しましょう。もし行っていない場合にはご祈祷ができる時期にする、別の神社でのご祈祷を検討するなどの工夫が必要です。

千歳飴などがもらえない可能性がある

七五三といえば、千歳飴やお守りの入った細長い袋がもらえるというイメージです。時期外れの七五三のご祈祷を受けつけてはいるものの、七五三ならではの頂き物ができないこともあります。

千歳飴がなければいけない、ということはありませんが七五三気分をじゅうぶんに味わえなくなってしまう場合もあるので、こちらも神社に併せて確認するとよいでしょう。

その年齢ならではのよさがなくなってしまうことも

年齢を外してお祝いをするときには、大きく年齢がずれてしまうと年齢ならではのよさがなくなってしまう場合があることも覚えておきましょう。

たとえば、数え年で3歳だからといって、2歳になってすぐに七五三を済ませると、赤ちゃん感が残りすぎてしまうことも考えられます。反対に、8歳に近い7歳でお祝いをした場合は、子どもらしさがあまり残っていない、ということも可能性としてはあるでしょう。

ご家庭の都合で年齢をずらすのは決してNGではありませんが、年齢相応のかわいらしさを記念に残せるような工夫も必要です。

時期外れの七五三をするのにおすすめなのは

時期外れの七五三をするのにおすすめなのは

さまざまな事情で時期外れの七五三を行う場合、夏場は着物を着ての参拝で熱中症になる可能性があること、またプールなどのお出かけで日焼けをすることもあるため、できれば避けたほうが無難です。ここでは。時期外れで七五三を行う際のおすすめの時期について解説します。

季節感を意識するなら9月下旬~10月初旬

「七五三=秋」というイメージに合わせ、季節感をある程度意識したいのであれば、おすすめは9月下旬から10月の初旬です。混雑を避けやすく、また暑さも和らいできている時期なので、比較的快適に参拝できるでしょう。

写真スタジオで記念写真撮影をする場合も、七五三のハイシーズンほどの混雑はないのでゆとりをもって撮影に臨めます。

記念写真撮影を同時に行うなら12月

ご祈祷と記念写真撮影を同時に済ませるなら、12月をおすすめします。七五三が終わってすぐの時期ということもあり、ご祈祷を受け付けてくれる神社も多いでしょう。

また、夏場の日焼けも目立たなくなる時期ですので、記念写真撮影にも最適です。データ納品が早い写真スタジオを選択すれば、最新の写真を年賀状にすることもできるので一石二鳥だといえます。

撮影メインで考えるなら春先がベスト!

記念写真撮影をメインとし、ご祈祷はいつ行うか未定、という場合には春先がベストだといえます。春は最新の着物も豊富で、好きな色、デザインのものを選びやすいのが特徴です。

また、写真スタジオの多くが前撮り用のお得なプランや割引を用意しているので、七五三の記念写真をリーズナブルに残すこともできるでしょう。

時期外れの七五三もスタジオアリスにおまかせください!

時期外れの七五三もスタジオアリスにおまかせください!

スタジオアリスでは1年を通して七五三撮影を実施しているので、時期外れの記念写真撮影も可能です。豊富な衣装や撮影セットで、お子さまの七五三をよりよいカタチで残せます。

最後に、スタジオアリスの七五三撮影の魅力をご紹介します。

豊富な衣装で最高の七五三を演出

伝統的なデザインの和装はもちろん、人気のポケモンやディズニーのキャラクターをモチーフにした和装もご用意しています。大好きなキャラクターの背景で撮影する特別な七五三は、お子さまが喜ぶことはもちろん、ママパパのテンションも上がることでしょう。

(参考:『七五三』

このほか、お姫様や王子様になりきれる洋装など、豊富な衣装で七五三の思い出をさまざまな形で残していただけます。

お誕生日やごきょうだいの行事に合わせた撮影が可能

七五三撮影は通年実施しておりますので、ごきょうだいの節目の行事や、主役のお子さまのお誕生日などの節目に合わせて撮影していただけます。ごきょうだいそろってかわいらしい衣装に身を包み、多くのショットを残してはいかがでしょうか。

もちろん年齢をずらしての、ごきょうだいでの七五三撮影も可能です。

(参考:『衣装を探す』

「パパママ着物フォトプラン」で、ご家族そろっての和装を楽しんで

お子さまの晴れ姿を、ママパパも着物でお祝いしたい!そんな要望にお応えできるプランが、「パパママ着物フォトプラン」です。このプランではママパパへの着物レンタル、着付けが可能で、手ぶらでご来店いただき、お子さまと一緒に和装撮影をしていただけます。

お手入れなどが面倒などの理由から普段なかなか着る機会のない着物を、気軽に楽しんではいかがでしょうか。

スタッフが着物の着付けをいたします。撮影当日は、ヘアメイクを済ませてからの普段着のままご来店をお願いいたします。また、こちらのプランのご利用には撮影要諦日の1週間前までの予約が必要です。持ち込み着物での撮影が希望の方は撮影をご希望される店舗へお気軽にご相談ください。

(参考:『パパママ着物フォトプラン』

まとめ

まとめ

旧暦11月15日に実施されていた伝統的な行事である七五三は現在も11月15日前後に行われることが多い傾向です。最近では、時期や年齢を大きくずらしての七五三も増えてきており、ご家庭の事情に合わせて自由に七五三の時期を設定するという考え方が浸透しつつあります。

お子さまの節目を心や時間にゆとりを持ってお祝いできるよう、ご家庭で話し合いながら時期を決められるとよいでしょう。

スタジオアリスでは通年、七五三撮影を承っております。ごきょうだいやご家族での和装撮影も実施しておりますので、ぜひご活用ください。

予約やお問い合わせはWEBから簡単に可能です。皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

\WEB撮影予約サービス/ スタジオアリスの
七五三

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる