七五三 7歳女の子にぴったりな着物|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三 7歳女の子にぴったりな着物

大人への一歩を踏み出す儀式としての意味を持つ7歳の七五三祝い。着物もそれまでの幼児用から大人と同じ作りのものに変わります。ここでは7歳女の子の着物を詳しくご紹介します。

7歳の女の子が七五三で着る着物とは?

7歳向けの着物は身丈の4倍の布で身頃を作ることから「四つ身」と呼ばれます。7歳の七五三は大人と同じ帯を初めて締める「帯解(おびとき)の儀」に由来しますので、3歳の衣装である被布は着ずに、振袖に帯を締めるのが正式とされています。帯のまわりに帯揚げ、帯締め、志古貴(しごき)をつけ、衿元には筥迫(はこせこ)と呼ばれる昔の化粧ポーチに当たる小さな箱を、胸元には扇子を差して飾れば完成です。

大人と同じ着姿になることでとてもお姉さんらしく立派に見えますが、一方で帯が苦しくないか、着崩れないかと7歳ならではの心配もありますね。着慣れないうえに、よく動くお子さまはどうしても着崩れしやすくなりますが、お参り中に直すのも大変。そこで、できるだけ着崩れしないように事前に注意することをいくつかご紹介します。

【着崩れ防止策】

  • ・着付けの際に長襦袢と着物を締める2本の胸紐はみぞおちを避けて結び、またそれぞれの結び目をずらして、苦しくならないようにする
  • ・着物の腰紐はしっかりと締めて緩まないようにする
  • ・帯の下に付ける伊達締めは締めすぎず、しかし緩まない程度を確認して締める
  • ・華奢な体型の子は特に帯を締める位置に肌襦袢の上からタオルを挟めば緩み防止になる
  • ・よく動く子は最初から裾を少し短めに着付ける
  • ・階段の上り下りや座って立つ時などは裾を持ち上げて動き、踏まないように気をつける
  • ・トイレに行く時は洗濯ばさみなどで裾を持ち上げてとめる
  • ・手結びの帯が難しい場合は、最初からお太鼓ができている作り帯を使うのもよい

しゃがんだり走ったりなどの大きな動作をするとどうしても着物が緩み、着崩れやすくなります。しかし、ご両親が注意ばかりしているとお子さまが不機嫌になってしまい、写真撮影の時に笑顔が見られなくなることも。お子さまのテンションが上がるのは当然のことなので、着崩れはある程度するものだと覚悟して、神社に到着後すぐに記念写真を撮るなどの工夫も大切ですね。

着物の色や柄については3歳と同様に決まりはありません。しかし、3歳の時よりも青系などの少し大人っぽい着物を選ぶご家庭が多いようです。女の子は色やデザインにこだわりが出る年頃なので、お子さまと一緒にお気に入りの衣装をお選びください。

【女の子の着物によく使われる代表的な柄】

古くから高貴な花として知られる菊は、厄除けや長寿の意味をもつ縁起のいい花で、花嫁衣裳にもよく用いられます。
幼虫からさなぎ、成虫へと生まれ変わることから不老不死の象徴と言われています。また、蝶のように美しく育つようにとの願いも込められています。
束ね熨斗
(のし)
慶事に添える飾りの熨斗を細長く帯状にしたものを束ねた柄。多くの人からお祝いされる縁起のいい柄でその長さから長寿の意味も表しています。
紗綾形文 卍という漢字を斜めに崩して連続して描いた地模様。長寿や繁栄の意味を持ち、昔から礼装用の着物に広く用いられていました。

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる