七五三といえば千歳飴!意味や由来、入手方法や食べ方をご紹介|マタニティ、赤ちゃん、こどもの記念写真撮影ならこども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三といえば千歳飴!
意味や由来、入手方法や食べ方をご紹介

七五三といえば千歳飴!意味や由来、入手方法や食べ方をご紹介

七五三のお祝いに欠かせないお菓子といえば千歳飴。お子さまの成長に感謝して長寿を願う七五三では、神社やお寺にお詣りし、千歳飴を食べてお祝いします。なぜ、七五三で千歳飴が食べられるようになったのでしょうか。

千歳飴の意味や歴史を知ることで、七五三がより一層、すてきな思い出になるでしょう。そこで、この記事では千歳飴の由来や絵柄の意味、入手方法から食べ方までをご紹介します。

目次
七五三の千歳飴の意味って?
七五三の千歳飴の由来は?
千歳飴は内祝いにもOK!千歳飴の代わりとなるものは?
千歳飴袋の絵柄の意味って?
七五三の千歳飴はどこで手に入れる?
七五三の千歳飴の正しい食べ方は?
千歳飴と一緒に七五三の撮影をしよう!
まとめ

七五三の千歳飴の意味って?

「千歳(ちとせ)」という言葉には「千年」「長い年月」の意味があります。また、千歳飴の細長い形状や、引っ張るとどこまでも伸ばせる性質から「細く長く」「長寿」が連想され、千歳飴には「細く長く粘り強く、いつまでも健康で長生きしてほしい」という意味が込められています。

従来は、縁起のよい紅白の飴をセットで包装するのが一般的でしたが、飴作りの技術が進歩した現在は、伝統的な千歳飴のほか、かわいい絵柄やカラフルな千歳飴も多く販売されています。長さは1メートル以内、直径は1.5センチメートル以内と決まっており、とても長いのが特徴です。

七五三の千歳飴の由来は?

七五三の千歳飴の由来は?

千歳飴の起源は江戸時代にまでさかのぼるといわれています。当時は砂糖が貴重であったため、甘くて美味しい千歳飴は七五三の祝い菓子として大変喜ばれました。千歳飴の発祥については諸説あり、ここでは由来として伝わる3つの説を紹介します。

浅草・七兵衛の「千年飴」

1つ目は、元禄・宝永期(1688~1711)に江戸・浅草の飴売り七兵衛(しちびょうえ)が、棒状で紅白の飴を「千年飴」と名付けて売り始めた説です。「千年」という名前や、おめでたい紅白の見た目から「長生きできる」「縁起がよい」と評判になりました。神社の門前で、松竹梅や鶴亀が描かれた長い紙袋に入れて販売していたそうです。

大坂・平野甚左衛門の「千歳飴(せんざいあめ)」

元和元年(1615)、大坂で商売をしていた平野甚右衛門(ひらのじんえもん)が、江戸へ出て浅草寺の境内で飴を売り出したのが始まりという説もあります。そのころ千歳飴は「せんざいあめ」と呼ばれていました。後に同じ漢字のまま読み方を変えて「ちとせあめ」になったといわれています。

「長い千歳飴を食べると長生きできる」の売り文句で話題を集めたようです。自分で買うだけでなく、贈り物としても重宝されました。

神田明神の「祝い飴」

3つ目は、東京都千代田区にある神田明神の境内で売られていた「祝い飴」を起源とする説です。江戸時代に歌川広重が描いた浮世絵には、千歳飴を持って神田明神にお参りする丁稚の姿があります。

また、明治時代の写真には境内で千歳飴を販売している様子が映し出されていました。神田明神は昔の風習を受け継ぎ、現在も七五三詣りに来た子どもたちに千歳飴を授与しています。

千歳飴は内祝いにもOK!千歳飴の代わりとなるものは?

千歳飴は内祝いにもOK!千歳飴の代わりとなるものは?

親戚や知人から七五三のお祝いをいただいた場合、基本的には内祝いを贈るのがマナーです。千歳飴は七五三らしさを感じられる内祝いとして重宝します。お子さまの写真と一緒にお礼状やメッセージを添えると、より一層感謝の気持ちが伝わるでしょう。千歳飴のほかには、お菓子やお米を贈るのもおすすめです。

縁起物に欠かせない「千歳飴」を内祝いに

七五三の象徴的なお菓子である千歳飴は、縁起がよく華やかで、内祝いにぴったりです。価格も高くなりすぎず、相手に気を使わせずに贈れる点もうれしいポイントです。また、日持ちしやすい点も贈り物として最適です。

おしゃれでかわいいデザインのものや、内祝い用に美しく包装された千歳飴もあります。最近ではフレーバーの種類も充実しており、楽しみながら食べていただけるでしょう。

見た目も美しい「上生菓子」を内祝いに

内祝いを直接渡せる場合は、上生菓子を贈るのもひとつの選択肢です。上生菓子は美しく風情のある見た目から、お祝い事やおもてなしのお菓子として用いられてきました。

色鮮やかで芸術的なだけでなく、ひとつひとつのお菓子に名前が付けられ、さまざまな意味が込められているのが特徴です。菊花や小鯛などのお祝い事を象徴するものと、季節のものを詰め合わせて贈ると、華やかな場面にぴったりの内祝いになります。

日本人に愛される「お米」を内祝いに

お米は縁起物として古くからお祝いの品に選ばれてきました。漢字の「米」には末広がりで縁起のよい「八」が入っていることから、相手の幸せを願った贈り物として最適の食べ物とされています。お米を毎日食べる家庭は多いため、七五三の内祝いとしても喜ばれやすいでしょう。

また、お米は好き嫌いが分かれにくく、相手の好みが分からない際も安心です。最近はおしゃれに包装されたものや、写真を入れられるものもあり、七五三の写真付きのお米を贈れば、唯一無二の特別感が演出できるでしょう。

千歳飴袋の絵柄の意味って?

千歳飴袋の絵柄の意味って?

千歳飴の紙袋には色鮮やかなイラストが描かれています。華やかな絵柄を見るだけで、お子さまもご家族も気分が高まりわくわくするでしょう。

実はこの絵柄にも意味が込められています。千歳飴袋に登場するのは、一般的に「松・竹・梅」「鶴・亀」といった縁起物です。ここでは、絵柄に込められた意味を詳しく紹介します。

松・竹・梅

冬の寒い季節でも枯れることなく緑や花が楽しめる松竹梅は、中国では古来より生命力の強い神秘的な植物として尊ばれてきました。宋の時代には松竹梅の3セットを「歳寒三友」と呼び、絵画の題材として好んで描かれたといわれています。

1年中緑を保つ松は、樹齢も何十年から何百年と長いことから、長寿の象徴とされます。まっすぐに伸び、地面に根を張って新芽を出す竹は、子孫繁栄の象徴です。梅は寒い冬でも豊かな香りを放って花を咲かせることから、生命力や気高さを表すものとされています。

鶴・亀

鶴・亀は長寿を象徴する吉祥の動物として尊ばれてきました。長寿でめでたいことを祝う言葉に「鶴は千年、亀は万年」があります。

鶴は鳴き声が遠くまでよく響くことから、「天にいる神様にまで声が届く、めでたい鳥」と考えられています。亀は中国で古来より、仙人のいる不老長寿の地・逢莱山の使いといわれています。また、甲羅の模様の六角形は、吉兆を表す図形としても有名です。

キャラクター・おしゃれな絵柄も

人気のキャラクターが描かれた、ポップな絵柄の千歳飴袋を目にすることもあるでしょう。華やかさや色鮮やかさはそのままに、小さなお子さまでも親しみやすいイラストが施されています。

また、シンプルで大人っぽい絵柄や高級感あふれるシックなデザインなど、思わず写真に収めたくなるほどおしゃれなデザインの千歳飴袋も話題です。味だけでなく、見た目も楽しめるという点も、華やかでカラフルな千歳飴ならではの特徴です。

七五三の千歳飴はどこで手に入れる?

七五三の千歳飴はどこで手に入れる?

千歳飴を持つ子どもの晴れ姿は、なんともかわいらしくて微笑ましいものです。千歳飴は七五三らしさを演出するのに欠かせないアイテムです。しかし「いつどこで手に入れるのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。ここでは、千歳飴の5つの入手方法を紹介します。

神社で祈祷の際に

神社にお詣りした際に、ご祈祷の授与品として千歳飴をいただくことが多いでしょう。千歳飴と一緒にお守りや記念品なども授与されることがあります。

ただし、全ての神社で千歳飴が用意されているわけではありません。心配な方は、事前に神社へ問い合わせましょう。また、千歳飴を授与している神社であっても、手に入るのはご祈祷が終わってからの場合があります。ご祈祷前に千歳飴と一緒に記念撮影をしたい方は問い合わせる際に確認しておくと安心です。

スーパーやデパートで

神社で手に入らない場合は、スーパーやデパートで探してみましょう。必ずしも近くのお店で見つかるとは限りませんが、七五三のシーズンになると販売を開始するケースも多くあります。また、お菓子の専門店や老舗の和菓子店でも販売している場合もあるでしょう

オンラインショップで

オンラインショップからの注文であれば、さまざまな商品の中から好みの千歳飴を購入できるのでおすすめです。インターネットで検索すると、昔ながらのベーシックなものからおしゃれでユニークなものまで、さまざまな千歳飴が見つかります。自宅に届くまでの日数を逆算して、当日に間に合うように注文しましょう。

手作りする

千歳飴は手作りすることも可能です。意外に簡単に作れるので、お子さまと一緒に作ると、思い出に残るすてきな経験となります。

材料(白、赤各2本)

  • ・水飴50グラム
  • ・スキムミルク40グラム
  • ・コンデンスミルク10グラム
  • ・いちごジャム5グラム
  • ・食紅(赤)少々
  • ・粉砂糖適量
  1. 耐熱ボウルに水飴を入れてラップをします。水飴が沸騰するまで600ワットで30秒~40秒温める。
  2. 水飴がサラサラの状態になったら、スキムミルクを入れてゴムベラで混ぜる。
  3. 半分に分けて別々のボウルに移し、ひとつはコンデンスミルク、もうひとつにはいちごジャムと食紅(赤)を入れて混ぜる。
  4. 手で触れる温度まで冷ましてからクッキングシートの上に出し、粉砂糖を打ち粉にして棒状にする。
  5. 冷蔵庫で冷やし固めれば完成。

(参考:E・レシピ『身近な材料とレンジで簡単に作れる♪七五三に手作りのかんたん千歳飴はいかが?』

写真撮影時にもらえることも

七五三の写真撮影でフォトスタジオに行った際に、千歳飴をもらえるケースもあります。千歳飴をプレゼントしているかどうかは、フォトスタジオによって異なります。千歳飴と一緒に撮影がしたい方は、事前にWebサイトや電話で確認する必要があります。

七五三の千歳飴の正しい食べ方は?

七五三の千歳飴の正しい食べ方は?

七五三の千歳飴の食べ方に、特に決まりはありません。「千歳飴を切ると縁起が悪いのではないか」と考える方もいるかもしれませんが、食べやすい大きさに切ったり砕いたりしても問題はありません。硬くて切れないときは、電子レンジで少しだけ温めると柔らかくなって切りやすくなります。

千歳飴を一度に全部食べ切れない場合は、アレンジして違うお菓子に変えてみましょう。例えば、千歳飴を溶かし、牛乳とゼラチンを混ぜて冷やし固めれば、簡単にミルクプリンができあがります。千歳飴を砂糖代わりに大学芋を作ったり、コーヒーや紅茶にいれて優しい甘さを楽しんだり、さまざまなアレンジが可能です。

千歳飴と一緒に七五三の撮影をしよう!

千歳飴は七五三のおめでたい雰囲気を演出してくれるアイテムです。千歳飴と一緒に記念撮影すれば、より七五三らしさがアップし、華やかでかわいらしい写真に仕上がります。

スタジオアリスはプロによる確かな撮影技術と充実のサービスで、晴れの日の思い出作りをお手伝いします。七五三はご家族の一生の記念になる大切なお祝い事です。七五三のお祝いに、お気に入りの着物を選び、思わず自慢したくなるほどすてきな写真を撮りましょう。

まとめ

まとめ

七五三の千歳飴は「細く長く粘り強く、いつまでも健康で長生きしてほしい」という意味が込められた縁起物です。歴史は古く、江戸時代から日本の伝統として受け継がれてきました。千歳飴は神社にお詣りした際に授与されることが多いですが、オンラインショップで人気の商品を取り寄せたり、自分で手作りしたりして準備するのも楽しいでしょう。

スタジオアリスでは、プロカメラマン・アシスタントがお子さまの笑顔の瞬間を見逃すことなく、最高の形で記録します。華やかな衣装や千歳飴と一緒に、風情あふれる写真を残しませんか。

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる