七五三の内祝いには何を選ぶ?贈り方のマナーやおすすめの品を紹介|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三のキホン

七五三の内祝いには何を選ぶ?贈り方のマナーやおすすめの品を紹介

七五三の内祝いには何を選ぶ?贈り方のマナーやおすすめの品を紹介

お子さまが七五三を迎えると、祖父母や親戚などからお祝いをいただくことがあります。「何をお返しすればいいのだろう」「内祝いの金額相場っていくらくらい?」と、迷いや疑問が出てくる方も多いでしょう。

そこでこの記事では、七五三の内祝いのマナーやおすすめの品を紹介し、相手によろこばれる贈り方のポイントについても解説します。七五三の内祝いの基本を理解し、心のこもったステキな贈り物をしましょう。

目次
七五三ってどんな行事?
七五三|内祝いとは?
七五三|内祝いのマナー
七五三|内祝いにかける「のし」の基本
七五三|内祝いにおすすめの品5選
七五三|内祝いには写真とメッセージを添えるのが◎
七五三の記念写真撮影はスタジオアリスで
まとめ

七五三ってどんな行事?

七五三ってどんな行事?

七五三は、3歳・5歳・7歳を迎えるお子さまを連れて神社やお寺に参拝する行事です。日本で古くから執り行われていた「髪置の儀」「袴着の儀」「帯解きの儀」と呼ばれる3つの儀式に由来し、成長の節目にお祝いする習慣が長きにわたって受け継がれてきました。

七五三の正式な日は11月15日とされていますが、お祝いする日は前後しても構いません。10月下旬~11月中旬あたりに、ご家族の都合に合わせてお祝いしましょう。

昔は数え年でお祝いするのが一般的でしたが、現在は数え年・満年齢のどちらでも問題ないとされています。住む場所によってお祝いする年齢や祝い方が異なる場合もあるため、お住いの地域の風習を確認しましょう。

七五三|内祝いとは?

七五三|内祝いとは?

贈り物を選ぶ前にまずは、内祝いとはどのようなものなのか基本的な考えを理解することが大切です。ここでは、内祝いの本来の意味や概念を解説し、「そもそも七五三に内祝いは必要なのか」という疑問にもお答えします。

内祝いは「幸せのおすそ分け」

本来内祝いには、「身内で起こった幸せを周りの人におすそ分けする」という意味が込められています。昔はお祝いをいただいたかどうかに関係なく、おめでたい出来事の報告をする目的で内祝いの品を贈っていました。

しかし現在は、本来の意味から変化し、いただいたお祝いにお返しするという意味で内祝いの品を贈るのが一般的になっています。

七五三の内祝いはいらない?

「経済力のないお子さまがお返しするのは難しい」という意味から、お返しの意味での内祝いはいらないと考える方もいるようです。七五三で食事会を開く場合は、そこに招待すればお返しをしたことになります。

とはいえ、内祝いの考え方は人によって異なるため、「お祝いをもらったら何かお返しするのが当たり前」と考える方もいるでしょう。迷う場合は、これから良い関係を築いていくためにも、感謝の気持ちを表す意味で内祝いの品を贈るのがおすすめです。

七五三|内祝いのマナー

七五三|内祝いのマナー

内祝いを用意する際に気になるのが贈り方のマナーです。お祝いをいただいた相手に失礼がないように、基本的な作法を押さえておきましょう。ここでは、内祝いを贈るタイミングや金額相場など、内祝いのマナー・基礎知識について見ていきましょう。

内祝いを贈る時期は?

お返しとしての内祝いを贈る時期の目安は、お祝いをいただいてから1週間~2週間以内です。お返しはなるべく早くわたすのがマナーですから、遅くても1カ月以内には贈りましょう。万が一、お返しするのが遅れる場合は、電話で先にお礼を伝えておくことが大切です。

内祝いの金額相場は?

お祝いでいただいた金額以上の高額なものを贈ると、失礼にあたると考えられています。「半返し」という言葉があるように、いただいたお祝いの半分の金額~3分の1程度の額でお返しするのが基本です。例えば、いただいたお祝いが1万円だった場合は、3,000円~5,000円相当のお返しをします。

贈ってはいけない品はある?

「縁が壊れる」を連想させるガラスや陶器などの割れ物、「縁が切れる」とされる刃物は避けたほうがよいとされています。また、ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから、別れや縁切りにつながり縁起が悪いと考える方もいるようです。さらに「弔事用の贈り物」というイメージがある日本茶や、金額が分かってしまう現金・商品券も、避けられる傾向にあります。

  • 【避けたほうがよい品】
  • ・ガラスや陶器などの割れ物
  • ・刃物
  • ・ハンカチ
  • ・日本茶
  • ・現金や商品券

ごきょうだいそれぞれにお祝いをいただいた場合は?

ごきょうだいで一緒に七五三をする際、それぞれのお子さまにお祝いをいただいた場合は、ごきょうだいの人数分のお返しを用意するのが基本です。ひとつの箱に入れて贈る場合も、中で個包装されている状態を作るのが望ましいでしょう。

七五三|内祝いにかける「のし」の基本

七五三|内祝いにかける「のし」の基本

贈り物にかけるのし紙には種類があり、用途によって使い分ける必要があります。内祝いに使うのし紙の基本とマナーを確認し、正しくお返しを贈りましょう。ここでは、水引の種類や表書きの書き方、「内のし」「外のし」の考え方につて見ていきましょう。

水引・表書き

七五三の内祝いには「紅白で蝶結びの水引」の、のし紙を選びましょう。何度でも結び直せる「蝶結びの水引」は、七五三以外にも出産や進学、出世といった何度あってもうれしいお祝いに使われます。水引の本数は3本・5本・7本など奇数が基本で、既成ののし紙には5本の水引が印刷されているのが一般的です。

水引の上側には「内祝」または「七五三内祝」「御礼」と書き、下側にはお子さまの名前を記入しましょう。名前の左側にお子さまの年齢を小さく記す場合もあります。

「内のし」「外のし」

のし紙のかけ方には、商品に直接のし紙をかけてその上から包装する「内のし」と、商品を包装した上からのし紙をかける「外のし」があります。自分たちのお祝いごとに対して贈る内祝いの品には、相手に表書きが見えず控えめで奥ゆかしい印象を与える「内のし」を選ぶのが一般的です。

表書きが見える「外のし」は、どんな目的で贈ったかを知らせたいとき、主に結婚・出産祝いなどに使われます。

七五三|内祝いにおすすめの品5選

七五三|内祝いにおすすめの品5選

内祝いの品は、贈る相手の年齢やライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。また、好みに左右されないアイテムや実用的なギフトを贈ると失敗しないでしょう。ここでは、七五三の内祝いにおすすめの品を5種類ピックアップしました。

お菓子

お菓子はバリエーションが豊富で、相手の好みや年齢に合わせて選びやすいのが魅力です。気軽に食べやすい焼き菓子や高級感のあるケーキ、見た目にも華やかなゼリー、品のある和菓子など、さまざまな選択肢があります。普段自分では買わないような特別感のあるものや、話題になっている流行りのスイーツを贈ってみると喜ばれるでしょう。

タオル

毎日の必需品であるタオルは、何枚あってもうれしい実用的なアイテムです。シンプルなデザインのタオルを選べば、相手の好みを気にせず贈れます。

素材にこだわった上質なタオルや、人気ブランドのものはどんな相手にも満足してもらいやすいでしょう。高級感あふれる木箱や洗練されたギフトボックスに入ったものを選ぶとおしゃれです。

千歳飴

千歳飴はお子さまに食べさせるだけでなく、内祝いとしても贈れる縁起物です。昔の七五三では、日頃お世話になっている親戚や近所の方の家を回り、内祝いとして千歳飴を配る習慣がありました。

最近は、フレーバーの種類が豊富でパッケージもおしゃれな千歳飴が販売されており、ネットで手軽に購入できます。七五三らしさを演出するアイテムとして、他の品と組み合わせて贈るのも一案です。

石けん

実用性の高い石けんは、毎日気軽に使ってもらえるアイテムです。一口に石けんといっても、香りが良いものや肌にやさしい素材にこだわったもの、気分が上がるおしゃれな見た目のものなど、さまざまなタイプがあります。相手を思いながら、こだわりの製品を選びましょう。石けんと同じく消耗品の、洗剤セットやバスグッズも人気です。

カタログギフト

「相手の好みが分からない」という場合におすすめなのがカタログギフトです。自分で選ぶ楽しさを感じてもらえて、本当に必要なものを届けられます。

価格帯が幅広く、種類が豊富な点も魅力です。食品や生活雑貨といったあらゆるジャンルの商品が掲載されているタイプもあれば、グルメに特化したものや体験型の商品を集めたものもあります。

七五三|内祝いには写真とメッセージを添えるのが◎

七五三|内祝いには写真とメッセージを添えるのが◎

祖父母・親戚といった関係性の深い相手への内祝いの品には、お子さまの写真も一緒に入れて贈ってみてはいかがでしょうか。一言メッセージを添えるだけでも、印象が変わるものです。温もりを感じるワンランク上の贈り方を、以下で詳しく紹介します。

成長の証!七五三の写真を贈ろう

七五三はお子さまの成長の節目を祝う一大イベントですから、せっかくならフォトスタジオで撮影した本格的な写真を内祝いに添えるのがおすすめです。プロのカメラマンはお子さまのかわいさを最大限に引き出し、スペシャル感あふれる写真を撮ってくれます。ギフト用の台紙を用意しているフォトスタジオもあるので、うまく活用してみましょう。

お子さまからの言葉を添えるとよろこばれる

内祝いの品にメッセージを添えることで、より一層感謝の思いが伝わります。特に、お子さまの言葉でつづられていると、もらった相手はほほえましくてうれしい気持ちになるものです。お子さまにとっても、感謝の気持ちを伝えることの大切さを学ぶ機会になります。

七五三の記念写真撮影はスタジオアリスで

七五三の記念写真撮影はスタジオアリスで

スタジオアリスには、記念日の思い出を最高にかわいく残すためのサービスが盛りだくさんです。お子さまのベストショットを引き出す「笑顔のプロ」が在籍しておりますので、スタジオ撮影が初めてのご家族も安心して撮影をお楽しみいただけます。ここでは、スタジオアリスの魅力を詳しく紹介します。

(参考:『スタジオアリスの七五三』

お好みの衣装でとびきりすてきな姿が残せる

約500着の衣装ラインアップを取り揃えるスタジオアリスでは、伝統的な着物をはじめ、ドレスやタキシード、赤ずきんちゃん、星の王子さま、海賊など、豊富な選択肢からお気に入りの衣装をお選びいただけます。

また、ディズニーやポケモンの世界観が楽しめるキャラクター和装も大人気です。お子さまの夢が詰まった限定デザインの着物を、ぜひこの機会にお楽しみください。衣装代は何着お着替えしても無料です。気になる衣装を心ゆくまでお試しいただけます。

(参考:『衣装を探す』

セットメニューがお得!プレゼントに最適な商品も

セットメニューがお得!プレゼントに最適な商品も

スタジオアリスでは、複数の商品をまとめてお得に購入できる「七五三セット」をご用意しております。衣装・着付け・ヘアセット・撮影・商品が全て含まれており、「シンプル」「スタンダード」「スペシャル」の3つのプランからお選びいただけるのがポイントです。

「シンプル」はご自宅に飾ったり、思い出を残したりするのに最適です。「スタンダード」「スペシャル」では、祖父母や親戚へのプレゼントにぴったりなアイテムも選べます。内祝いに写真を贈りたい方はぜひご活用ください

(参考:『大切な七五三の記念をカタチに残そう 七五三セット』

お子さまの節目をご家族みんなの記念日に

お子さまの節目をご家族みんなの記念日に

スタジオアリスは、お子さまだけを撮影するフォトスタジオではありません。ママとパパも着物を着てみんなで和装撮影が楽しめるプランや、祖父母を誘っての撮影におすすめの商品・プランなどは、お子さまの節目となる思い出にピッタリでしょう。

お子さまの成長の節目は、ご家族の歴史や絆をカタチに残すチャンスです。みんなで一緒に撮影を楽しみ、一生の思い出となる最高の体験をしませんか。

(参考:『パパママ着物フォト』

まとめ

まとめ

七五三にお祝いをいただいたら、お祝いの金額の半分~3分の1相当の品を選び、1週間~2週間以内にお返しをしましょう。美味しく食べられるものや、あると助かる日用雑貨から内祝いの品を選ぶのがおすすめです。

祖父母や親戚には、お子さまの七五三写真とメッセージを添えて贈ってみましょう。みんなで一緒に記念写真を撮る機会をプレゼントするのもよいアイデアです。

スタジオアリスでは、プレゼントに適した商品やステキな家族写真が残せる撮影メニューをご用意しております。高い撮影技術と充実のサービスを利用して、最高の思い出をお作りください。撮影のご予約はスマホやパソコンからが便利です。

\WEB撮影予約サービス/ スタジオアリスの
七五三

七五三コラム一覧

七五三のキホン

七五三で有名な神社

あれこれ気になる「七五三事情」

七五三の衣装・着物とヘアアレンジについて

七五三のスタジオ撮影と記念写真について



トップページ

はじめてのスタジオアリス

七五三情報誌 アニヴェルサ ANIVERSA 資料請求(無料)

スタジオアリス 撮影メニュー 資料請求(無料)

スタジオアリス753パーフェクトWEBサイト ANIVERSA 雑誌「mamagirl」コラボ!

閉じる